FC2ブログ

次回予告

今日は、大きなニュースがふたつありました。
北朝鮮のミサイル発射と、大量殺人事件の主犯各の容疑者の自殺(?)。

今日のニュースは、ほぼこの2つで番組が終わるでしょう。

2つは、全然関係ないことのようですが、

関係者たちが「まさか!と思った」

という一語でくくれなくもない。

前者は、もう準備段階から、はっきりしていて、発射予告までしていた。
で、韓国政府筋の情報ということで、ミサイルは解体された・・・
なので発射は延期・・・
という、結果として誤った情報を官房長が発表・・・結果は、即日ズドン!

後者のほうは、「死にたい」という言葉を看守に何回も言っていて、
(ある意味、予告と同じだ)
同室にほかに2名いて、見回りを重点的にしていたのに、アーメン!

ミサイルを別の場所から打った?
布団のなかで、Tシャツを使って絞めたから、気付かなかった?

いづれにしても、はっきりと予告していたことは間違いないこの2つの事件。

日本の防衛費は、約4.5兆円。
(10年前からずっと下がってきてるから、予想されるであろう、こんどの政府は、
きっと防衛費をあげるだろうね)
H2Aなどを使って打ち上げる、偵察衛星はおよそ100億円。

今や、車の車種を見分けるくらいの性能はある、偵察衛星を、
北の上空あたりに、1基くらい固定しておくくらいのことをなぜしないのか?
(国際的にとか、相手国うんぬんはわからないけどさ)

自殺の恐れのある容疑者の場合、ある程度の圧力以上がかかると、
引きちぎれてしまうような服を着せることくらい、
なぜ考え付かないのか?
「裸で寝かせるわかにはいかないとか、死ぬときは、舌を噛み切ってでも死ぬから・・」
とか、いってる場合じゃないよ。
予見されているなら、とりあえず、そうした危ない可能性をひとつづつ潰していかなきゃ
だめでしょ。
(ほんとに死ぬっていってる容疑者なら猿ぐつわしてでも、自殺を防止して、裁判までもっていくことも
必要かもしれない・もちろん人権の問題はあるが、死なれるよりはよい)
監視カメラだって、特殊な状況下なら必要だ。

ともあれ、ミサイルの一件は、今の政府にとっては、最後の決定的なダメージになるでしょう。
「今回は、うまく対応できた」なんて、いってるけど、
100人聞いても100人が否定するようなコメントは・・・終わってる。
兵庫県警「落ち度はなかった」ってさ。
死刑確定は免れないだろう容疑者の精神的な状況を考慮できず、
結果として自殺を許してしまった時点で、責任は重大だ。

今回の2件で、もし何かを得るとするなら。。。
予見される「悪い」ことは、必ずそれが「起きる」と思って対処しなきゃ
いけないってことだ。
人は、いいことについては、期待を含めて、きっと「そうなってほしい!」
って思うけど、現実は逆だ。
期待だけでうまくいかないのは、ほんとはだれでも知ってる。

悲観的になれっていうんじゃなくて、
悪いことが、起こる可能性のほうに軸足をもっていってないと、
今回の長官、看守みたいに、アン・ポン・ターン!!
みたいになっちゃうってこと。



昔はよく見たTVドラマ。

番組の最後に流れる「次回予告!」ってのが、楽しみだった。

で、次回予告と違う内容だったことは・・・ない。















スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

プロフィール

石原 勇一郎

Author:石原 勇一郎
仕事は楽しくパワフルに!お酒はもっと楽しく!歌はすごく楽しく!ビリージョエルとアイスコーヒーが大好きな全力IT社長のブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
13931位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
418位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
(株)アスページ IT技術者募集中!お気軽にお問い合わせ下さい。