FC2ブログ

コピーとオリジナル

中国は、よく、「コピー商品」大国って話を聞く。
というか、実際に、中国の闇(コピー)商品売り場にも何回か行った。

まあ、自分はコピー商品を買うことはなかったけど。

商品をマネして製造して、ライセンスも無しに販売したら、
たしかに問題だ。

でも、こと「商品」というくくりを外したら・・・

おそらく、人生の大部分は、まずコピーから始まるといっても過言ではないかも。
オギャーと生まれて、まずコピーするのは、周りの親とかの会話です。
もちろん、赤ちゃんだから、無意識にまねる。
で、だんだん話せるようになる。

日本語が話せるようになると、
今度は、学校に入って勉強をする。
これも、教科書をまねる。
参考書・・・まさに、これを参考に(まねて)覚えろよ!って本だし。

部活動に入れば、先輩のスイングやTVでのプロのスイングをまねる。
(テニス、野球・・どのスポーツも最初はまねることからだ)

社会人になって、会社に入れば、上司、先輩の行動などをまねる。
名刺の渡しかたから、電話の取り方まで・・・etc

企画書、日報、その他もろもろ、
基本のフォーマットがあれば、それを使用して、
中身はもちろん、まねる(どんなことを、どのように書くのかってね)。

Windowsはアップルをまねた・・といわれてる。
いや、元々は、IBMのなんとか・・この話は、有名だからググればでてくる。

歌手を志望する人、
漫画家を目指す人、
画家を目指す人、
そのものそっくりかどうかは別にして、
手法などもろもろを、まねて覚えていく・・んじゃないか。

料理番組や料理本をみて、晩御飯をつくるのも、まねるものの典型。
英会話学校行って、「サンキュー」って先生が発音してんのに、
「メルシイ」とあいうアホはいない。
そ、「サンキュー」って言ったら「サンキュー」の発音をまねる。

で、何が言いたいかというと、
「まねる」ってことは、ほぼすべてのことの始めの一歩かもしれない。
言い換えれば、すごく大事なこと。

みながみな、同じようにまねることはできないにしても、
ある程度までは、同じようなことができるようになる・・んでしょう。

広い意味でいえば、社会を生きてくのに、
おおよそ、守ったほうがいいといわれる、一般常識というのもそうかもしれません。

じゃ、まねる(コピー)でなく、オリジナルってのは、どうすんだ?ってなる。

こればかりは、もう発想しかない。
発想するだけでは、ダメかもしれないけど。
なんでもかんでも、発想→すぐ実用化、商品化、実践とかはできないでしょう。

あとは・・・

行動かもしれない。
ただ限りなくオリジナルな生き方ってのは、
もしかして、アウトロー??ってことになる?(笑)

うん、難しいところだ。

ただそれも・・カッコ悪くはないとは思う。

















スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

プロフィール

石原 勇一郎

Author:石原 勇一郎
仕事は楽しくパワフルに!お酒はもっと楽しく!歌はすごく楽しく!ビリージョエルとアイスコーヒーが大好きな全力IT社長のブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
13931位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
418位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
(株)アスページ IT技術者募集中!お気軽にお問い合わせ下さい。