FC2ブログ

書かなきゃいけないな

NHK以外のTVでは、ほとんど報道されてないけれど、
ワタミの社員の自殺に労災認定がおりました。

新入社員で、入社2月目のことだったようです。
月の残業は140時間。
通常勤務と合わせれば、おそらく月間300時間くらいか。

ネットでみればわかるけど、ノートに書いた、悲痛な叫びは、
なんともいたたまれない気分にさせられます。

ついでにいうと、そこの社長、渡邊さんの、ずいぶんなツイートぶり、
会社のHPにある、報道に関してのコメント。
なんとも、ぶざまとしかいえない内容です。
嫌悪感を覚えずにはいられない。

仕事は、どんな業界でも、突発的に忙しいときはあるさ、でも。。。

夢に日付けをなんて、かっこいいこと言う前に、
その、どうしようもない感覚を直したほうがいい。
感性、文章力含め・・・たぶん、彼には無理だと思うけど。
(彼の信者の方も、目を覚ましたほうがいい)

亡くなった方のパーソナルな部分は誰にもわからないけれど、
遺書をみれば、過大な残業が原因であるのは、ほぼ間違いないと
思われます。
だから認定された。

普通は謝罪でしょ。まず。

この社長のことは、高杉良の小説「青年社長」を読んで、
会社を立ち上げて、大きくするまでは立派だなって思ってました。
ただ、そういうやり方もあるんだな、って程度でした。

クルマで死亡事故を起こしてしまった社員が、刑務所から出てきたら、
また再雇用してあげた・・・なんて美談も書いてあった。

おそらく、昔は、もっと情にあつい、いい男だったんだろう。
祭り上げられてか、金の亡者でか、どっかでネジが数本飛んでしまったようだ。

自分は、もうワタミにはいけないわ。悪いけど。
(ワタミだけじゃないのは、百も承知の上。ってか、大手チェーン居酒屋には、
もう行きたくない)

まあ、居酒屋の話はこのくらいで。


自分がこのニュースを聞いて、一番悲しかったのは、
亡くなった方が、新人(社会人1年目)だったってことです。

やはり、どの業種でも、自分に合うと思う仕事なら、かなりの時間働けると思う。
自分に合ってないな・・って思ったら、残業なんてできないでしょ。
でも、新人一年目。頑張りすぎたのか・・頑張らさせられたのか。

ともかくかわいそうだ。

ふと、自分の新人時代を思い出す。

初日から、どうにもこうにも、生理的に合わない上司がいて、
ほんとに、最初は、となりにいるだけで気分が悪くなるくらいだった。

だから、入って一週間くらいたったら、
終業のチャイムがなると数分後には、「お先に失礼します」と言って帰った。
だって、電話鳴ってないし、新人で仕事ないし、いてもしゃーないし。
ベルなったら、帰っていんでしょ?違うの?って思った。

「うん?もう帰るのか?早いな」なんていうから、言ってやったよ。
「何か仕事があるならやりますが、無いなら帰ります」って。

たしか、イヤミの一言二言あったと思うけど、そんなの関係ない。
帰った。


・・・その後は、担当持って、外周りして、残業もけっこうやったな。
でも、やる日とやらない日、サボる日をちゃんとメリハリつけてた。
一杯いくって日は、ソッコウ上がった(ま、営業だったてのもあるけど)。

あ、もちろん、その上司とはそのあと仲良くなったけどね。うんすごく!

新人のくせに生意気だったって思う。



自殺者の数は、無職の人(大人)が1万6千人。
被雇用者(会社員)が8千人。

日本の失業率がだいたい5%。

いかに無職の人の自殺が多いかわかる。

だからといって、会社員の自殺が少ないからいいなんて言えない。

IT業界も、労働集約型の産業だ。
外食産業とその点は似たりよったりかもしれない。

ただ、人間の労働時間には限度があるよ。
たとえ、その仕事が好きでも。

で、やっぱり、流す(ゆるくする)ところは流さなきゃ。
適当にサボるのも大事(もちろん、やるときはやった上で)。

そこらへん、うまくやらないと、心か体のどちらかを壊すよ。きっと。


たとえば、夫婦でやってるような個人の店だったらさ、
生ビールが出てくんの遅かったり、
注文間違えてたり、忙しけりゃ、そんなこともあるさ。

客が、どんぶりをカウンターにあげてあげたりするラーメン屋もそう。

忙しい時は、店も客も、お互いギブ&テイクでいいじゃない。

これからの日本経済は縮小していくのは間違いない。
人口減って、老人大国になれば当然のこと。

で、あれば、自分の範疇でない仕事は、お客さんや知り合いに紹介する。
それで、何かこちらの仕事があれば、まわしてもらう。
そんな、関係を築いていけないと、きっと生き残るのは難しい。

コストさげて、競争して、社員使いすてにして、
会社の利益を求めて、それがなんになる?

マニュアル通りの回答しかできない店員を育ててどうなる?
体調わるそうなことも、一緒にいて気付けない人間ばかりでどうする?

フツーの脳みそある店員(飲食業)なら、
「今日は、3人しか店いなくて、少し注文とるの遅くなりますが、
ナスの一本付けでもサービスしますから、かんべんしてくださいね!」
なんて、気の利いたセリフの一つくらい言えないと。




今日は、なんか熱くなってしまった。

過去に飲食の仕事もした(バイトだけどね)。
大手チェーンレストランで。

忙しい時に、プロパーの店員に、「おめー皿洗いばかりしてんじゃねーよ、
ホールで食器下げろと」と、キックされそうになったことも、
(実際にはキックされなかった、真似だけ)。
皿洗いも回ってなかったんだけど、忙しい時は、人間そんなもんさ。

一緒にいた後輩、「あいつぶんなぐっちゃいましょうか!」なんてね。
でも、様子を知った店長、帰り際に、アイスケースから、
無造作にアイスを2本取り出し、
「今日は悪かったな、これ食ってけよ!」って、ポンと自分たちに渡してくれた。
そんな気遣いで、丸く収まることもある。



うん、最近は何かがおかしいな。

ほんとのハートを持った人が減ってきた・・・気がする。

こんな時代だからこそ、熱く本音で(上っ面だけ、りっぱにみえるヤツじゃなく)語れる仲間が
いるなら、絶対にその仲間は大事にしていくべきだ。


あ、このブログは本音です。


















































































スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

プロフィール

石原 勇一郎

Author:石原 勇一郎
仕事は楽しくパワフルに!お酒はもっと楽しく!歌はすごく楽しく!ビリージョエルとアイスコーヒーが大好きな全力IT社長のブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
12006位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
377位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
(株)アスページ IT技術者募集中!お気軽にお問い合わせ下さい。