FC2ブログ

Regrets

最近というか、ここ数年、奇妙な日本語が徘徊してますね。
特に政治家に。

「遺感の意」・・・英訳すると「Regrets」
これ、普通の英語では、後悔ってのが訳としてあてはまる。

おそらく、適当な外国語の訳はないんじゃないかな・・他の言語でも。
政治家だけでなく、天皇の言葉としても、使われる。
  
まあ、飲み屋の会話ではないから、日常と違った言葉を使う場合もあるかもですが、
こんな、多くの日本人が、一生使わないような言葉を、頻繁に使うってのは・・・だめだね。
外国に困ったことされると、すぐ「遺感の意」って表明して、片付けちゃう。
災害が起きた時もそう・・・
そんなコメントしかださんなら、言わん方がいい。
調味料でいうと、「味の素」みたいな言い方すんなって。
って、味の素の味って、表現しにくいけどさ(笑)


あと、最近よく耳にする言葉・・・「粛々と」・・・なんじゃこれ。

もう、最近、この「遺感の意」と「粛々と」を聞いたり、見たりすると、
一気にしらけちゃうんだよね。

マスコミもなさけない。
「遺感の意」って、わかりやすく言うと、どういう意味?って、言わない。

残念にに思ってるの?怒ってるの?悲しいの?後悔してるの?

アナウンサーも、当たり前のように、この言葉をそのまま垂れ流してる。
がっくりです。

この、なんとも奇妙な言葉を使うようになったら、いけません。

僕たちにあてはめたら、どういうことか。

例えば、仕事での専門用語を、その業界でない人に、
当たり前のように使ってないか。

専門の人が知ってても当たり前でも、
それは所詮、その世界の言葉。
他の人は、知らなくて当たり前。

最近、そうした基本的なことがわからない人が多い。

本当に仕事ができる人は、
難しい言葉を、瞬時に、わかりやすい言葉に言いかえられる人。

飲食業界なら、スプーン・フォークを「シルバー」っていう。
ホテル業界なら、空き室状態のことを「ベーカント」っていう。
ほかにも業界用語は多い。

ITの世界は、最近の業界だから、英語そのままの言葉が多い。
でも、それをわかりやすく、同時通訳しなきゃいけない。


これからは、「遺感の意」を何回使ったかで、政治家(総理)の価値を
はかるのも面白いかもしれない。
もちろんマイナスの意味でね。


ふだんも仕事中もいろんな場面で、
わかりやすく、相手に伝わる言葉を選ぶってことは、
とても大事なことではないでしょうか。



・・・ちなみに、「遺感の意」をググっても、大したアンサーはないです。
ようは、自分の中でのアバウトな後悔ってとこみたい。


試験で悪い点をとった子供が、親に怒られたときに・・・

「はい、大変遺憾に思います」・・・なって・・・答えたら、どう・す・る・の!!!








































































スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

プロフィール

石原 勇一郎

Author:石原 勇一郎
仕事は楽しくパワフルに!お酒はもっと楽しく!歌はすごく楽しく!ビリージョエルとアイスコーヒーが大好きな全力IT社長のブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
12006位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
377位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
(株)アスページ IT技術者募集中!お気軽にお問い合わせ下さい。