新卒解禁!

新卒採用で、内定出しが、8月からとかなり後ろ倒しになった今年。
実際は、どうか。
話によると、表向きはそうでも、実は内定をかなり前に出している会社は
多いみたい。

うちの場合は、主に専門卒のコを採用するのですが、
毎年、ゆったり採用だ。

思えば、自分なんて、就職決めたのは、4年の秋(冬?)だったものな。
まわりのみんなは、それ、面談だ、OB面会だ・・etc
かなり前から動いていたなあ。

「なに?そんなあわてて会社決めてるの?はあ?」
なんて思ってたものだ。
当時、バイトを5つくらい掛け持ちし、
20職種以上を経験してた。
仕事なんて、なんてでもなる!って、タカをくくってたのかな。

だって、卒業できるかも微妙なのに、あせっても仕方ないじゃん!
(ま、卒業はできると、しなきゃならんとは思ってましたが)

なるべく多くの会社の面談を受ける!
なるべく多くの人に会う!
なるべっく条件のいい会社にいく!
なるほど、早くから動くのも、一理ある。

でもね。

1000社受けても、体はひとつ。
1社にしか就職できない。

有効求人倍率が、1倍を切っているなら話は別。
(就職できない人が出てくる)
今は、大卒で1.7倍。
ようは、一人につき、約2社の割り当てで、
採用してくれる企業があるわけだ。

それでも、できるだけいい会社に行きたいから、
早くから動く~~!
って人も多いかもしれない。
(おおむね、何がいいのかもわかってない場合が多い)
やりたいことが決まっているヤツは、多くは受けないもの。

人間、ブランドには弱いもので、
中小よりは、大企業って、いまだに思っているヤツが多いのかも。

ひとつ言えるのは、大企業に行くほど、自由が無くなる率は多くなる。
軍隊で規律が厳しいのは、そうしなければ、統率できなくなるから。
翻って、必殺仕事人はどうか。
仕事をする前に、必ず、ミーティング(ろうそくの灯りに前で、よう!受けるのかどうか、
決めてくれや!って例のアレ)を行う。
たまには、俺は降りるぜ!ってな場面もある。
仕事人だもん、そんな自由もある。

自分は、実は、たいした考えもなく、
ただ先輩に誘われたからという理由だけで、
最初の会社に就職した。
約10年働いた。
そこの会社に行ったのは、ほんとに偶然。
でも、後悔はしていない。
今でも、楽しい思い出しかない。

で、紆余曲折あったけど、
今は、学生時代よりも楽しい会社?を建築?中。

就職できなくて、ひきこもり。自殺。
実は、かなりあるみたい。
悲しいことだ。

たかが、会社、たかが仕事。
最初はそれでもいいと思う。

社会に出てからが勝負だ。
やるヤツは、どんな会社に入っても輝いてるものだ。

遅まきながら、当社も、本格的に新卒採用始動。

アベノミクスなんか関係ない。
自分ミクスでいきゃいいんだよ。

そんな、若い応募者に、巡り合えたらラッキーだな。

いや、まてよ。

実は、そんな新卒に、毎年出会っている。
じゃ、来年の新卒も、そんな人がきっと来てくれるな。

?何を書いているんだ今日は。。。

ゆったり採用、上等!
でも、3月応募はちょっとせわしない。

せめて、来年2月中くらいまでには、
いい人と出会えればいい。

それだけさ。

































スポンサーサイト

ちんたらした会議は、いらな~~い

しばらくブログを更新してなかったら、
自分のブログをみたら、びっくり!
スポンサーサイトの広告が表示されてた。。

なるほど、こういう仕組みなのか~~って、
おい、いつからよ。
ま、いい。

久々に早く帰って野球を観たら、
わがベイスターズは巨人にぼろ負け。
今季最多の11得点も入れられて(巨人にね)。

ま、何点入れられても、一敗は一敗。
1点で勝っても1勝は1勝。

でも、ほんとに面白いのは、僅差の勝負だ。
だから、サヨナラ勝ち(負け)は、感動を呼ぶ。

僅差の勝負。。。

考えてみれば、世の中なんでも僅差の勝負の積み重ねだ。

あっちにするか、こっちにするか・・・
散々迷っても、最後(最初?)のちょっとしたことで、どっちかに決める。
そんなことが多くないか。

世の中、すべて、誰がみても100対0ってな感じで決められれば、
そんなに楽なことはない。

僅差の判断を繰り返していって、
なんとかいうまい具合に生きてるってのが、
ほんとのところじゃないか。

ただ、僅差の判断でも、何時間もかけちゃしょーもない。
基本的に判断は、「秒」だ。
僅差のことを「秒」で、判断する。

「きっとうまくいく!」ってのと、
「これは、リスキーすぎて失敗するな」ってのと。

直感、経験、状況とか考えて、
自分の場合は、ほぼ一瞬で決めてる。

1分たてば、迷って、1時間経つと、もう判断できない状況になる・・
ってのが、わかってるから。

どっかの誰かじゃないけれど、
瞑想して、空中浮遊して、いい考えを得るのもいいでしょう。
なんでも、かんでも、そんな感じじゃ、寿命が1億年あっても足りねーや。

最近、ある社員の行っている現場で、
夜からの会議が多くて、終電になって困ると。。。

はっきり言うと、自分が発言しない会議ってのには、
いっさい参加する価値がない。
これは、自分の経験上、不変の法則。

自分の意見を言う機会がない、言えない会議など意味なし。
もし、意見を言うときは、瞬間的に(でも、秒速でよく考えて)、
発言する。

そうした緊張感をもっていれば、なんでも真剣に早くやろうとする。
仕事上、参加しないといけない会議なら、
全部ひっくり返してやるくらいの気合いで参加するべきだ。

うちの会社では、もう何年も前に、会議を止めた。
たった二人の会議だったのに、相手が寝てしまった。。

うん、もうそれで、終わり。
今後、会議(営業)は、一切しないと。

もう、それ以来、何年も、会議って会議はしていない。
「会話」はする。
でも、長くて分単位。
それで、十分だ。

ほんとに、居合いのように、鋭い感性で会話すれば、
重要なことのほとんどは、数分で決められる。

お客さんへのヒアリング、プレゼンテーションなどは、会議でない。
それは、相手が理解してくれるまで説明が必要だから。

日本の会社のどれだけが、本気の会議をしているか。。。
99%は本気じゃないだろうね。
参加者全員が本気って意味からいうと。

会社の人数も増えてきて、
いろんな方針を立てないといけない時期にきている。
建前みたいな会議をするつもりはないけれど、
何人かと意見を交わす機会が今後増えてくるかな。

参加することに意味はなく、
発言することだけに意味がある会議でも、やるか。
そろそろ。















プロフィール

石原 勇一郎

Author:石原 勇一郎
仕事は楽しくパワフルに!お酒はもっと楽しく!歌はすごく楽しく!ビリージョエルとアイスコーヒーが大好きな全力IT社長のブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
15446位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
484位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
(株)アスページ IT技術者募集中!お気軽にお問い合わせ下さい。