意外な反応

TBS「半沢直樹」が終了。
関西では45%を超えたんだってね、視聴率。

で、いろんな掲示板でみんなのコメントがのってる。
最後の結末で、出向にさせられた終わり方に関して、
多い感想は、

意外にも・・・!

「あーやっぱり。なんとなく納得~」

「残念だけど、現実はそうだよな」

「白黒はっきりし過ぎは上からしたら使いにくいからな」

「出る杭は打たれるんだよなあ」

などなど。。。

正義のヒーローで終わるよりも、
現実の世界って、そうそうまいことばかりいかないよ。

ってのが多かった。



いや?まてよ。
ほんとに、そんな納得しちゃっていの??

100mを9秒で走れとか、
ラーメン20杯を1時間で食えとか、
ホームラン60本打て・・・とか。

普通の人が絶対できないようなことを彼がしてたワケじゃないんだよな。

もちろん、ドラマ的に、まわりの助けや偶然やタイミングなどが、
絶妙にからまって、あそこまでのことをしたんだけど。

ドラマでの半沢は、倍返しの活躍以外では、細かな失敗はきっとしてるハズ(人間だもの)。
いや、ひょっとして、裏では変態かもしれない(笑)。

でも・・そんなことは、知ったことではありません!

共感したけど、現実はできないよなあ~、、、
って思うのが、大多数の人たちの考えなら、
きっと、所属の上司や社長は、こんなに楽なことはないでしょう。


と、は、言っても、銀行だろうがどこだろうが、
その人の評価は、他人が決める。
その評価する人の心証を害するようなら、評価は下がる。
これは、世界共通だ
毎朝、鏡をみて、「おまえは最高だ、おまえはできる!」って、
100万回言ったって、誰も評価しない。(自己暗示でいい方にいけばいいけど、
ヘンなナルシストになっても困る)

なら、どうするか。

評価がよくなるようなことをしていくのがひとつ。
もうひとつは、評価をさげるようなことを「させない」ことだ。
(評価を上げざるを得ないようにする)
この二つは似てるけど、違う。

直属の上司、先輩、同期、自社の人、客先など、
自分を評価する人はたくさんいる。

仕事をしていけば、多少の失敗はつきものだ。
だけど、それを差し引いても、絶対にあいつは評価に値するな、って、
なるべく思ってもらえるように仕事をするべきだろう。

「おれは、他の人のことなんか知らないよ、へんに関わったら、こちらに飛び火するしさ、
マイペース、マイペース~~」
なんてのは、ま、いってみれば、どうしようもないヤツ。

周りのピンチに手を貸したりができないのなら、
周りも自分に手を貸してくれない。
そういう人は、評価できないし、付き合えない。

逆に評価するほうにとって大事なことは、
どんな人物でも、公正な評価をするってことだけ。
それ以上も以下もない。

大半の人が、毎回ドラマをみて、スカッとしたのはわかる。
だから視聴率も高かった。

でも、現実にはあんな風にいかないな、って思ったら、
つまらないよ。

シチュエーションや内容は多少違っても、
少なくとも、あのシーンは、おれと同じだな。
って、思える場面がひとつふたつあってさ・・。

出向が怖くて本気の仕事なんかしてられるか!って
くらいの気概はあったほうが好きだな。

ということで、半沢ネタも今回で終了。

次回は、少しビジネスライクなことでも、書こうと思う。







































スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

バイク屋さん閉店

うちの1Fはバイク屋さんが入ってる。
近所付き合いはほとんどないのだけど、
さすがに自分が2F,バイク屋さんが1Fなので、挨拶くらいはする。

で、数日前、めすらしく、
ちょっと、お時間ありますか?
と言われた。

なんでも、今月で閉店するらしい。

自分が入居したあとに入ってきたバイク屋さん。
約3年くらい。

場所は、小さな街道沿い。
ただ、人口とか考えると、立地はよくなかったのかな。。

「やめて、どうするんですか?」
と聞いたら。
「どこかで働き口探して、働きます。さいわい、誘ってくれるとこが
いくつかあるので・・」
と答えたけど、やはりさみしそうな表情だった。

う~ん、無念。といった空気が漂ってた。

「今さらですが、ホームページ、いやネットなどやったりしてたんですか?」

「いや、そういうの、お金かかるから、やらなかったです」

「そう・・ですか」

「どうも、お世話になりました」

「いや、こちらこそ、がんばってください!」

で、会話は終わった。

我ながら、思った。

今更、ネットやってたんですかもくそもないな、と。
つい、自分の商売なんで、余計なことを聞いてしまった。

お互いに連絡先を知っているワケでもなく、
どこへいくかもわからない。

たぶん、もう会うことはないだろう。

3年か・・

そういえば、この3年、お客さんが来ているのを見たのは、
2,3回だった気がする。

ともかく、3年は頑張ろう!って思いでやってきたんだろうなあ。
で、頑張ったけど、うまくいかなかった。
だから、閉店して違う道をいく。

温厚で、やさしそうで、人柄だけだったら、すごくいい人だったな、ご主人。
最初のうちは奥さん?が手伝って。
そのうち一人、従業員らしき人もいた。

きっと、商売っ気がなかっただけだろう。

近所の店でも人でも会社でも、
変わっていくのを見たり知ったりすると、
あらためて、世間は動いているな、と感じる。

思えば、自分もいろんな激動の時期はあったもんだ。

自分にすごい変化があるときは、まわりは止まってみえる。
自分に変化が少ないときは、まわりが動いてみえるのかもしれないな。

陣容も整いつつあるし、
幸い、目立った問題もない。

そろそろ、激しく動いてみなきゃいけない時期か。

バイク屋さんもうちも、
東電やJALのように、腐っても鯛みたいな会社じゃないからな。

自分たちでやらなきゃね。
のんびり構えちゃ、いらんないよね。

バイク屋のご主人、新天地で頑張って!



















テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

「判断」・・・どっちなの!!??

今日、あのとき、一本電話かメールをいれとけばなあ・・ってのが、
久々にひとつあった。
まだ予兆だったから、数日で解決する(つもり)。

自分は数人でやっている仕事でないので、
基本的に、失敗はダイレクトに自分にはねかえる。

時間を無駄に(楽しく?)は過ごすことは多いが、
仕事で、無駄に長く時間をかけることを一番嫌う。


だから、ちょっとした失敗も、すぐに感じる感性だけは磨いている。
というか、磨かざるを得ない。
リカバリー不能になるからね。


たとえば・・・

新規の取引先から電話。
電話を受けて、5秒後には、その企業のHPを開いてる。
電話での会話の10秒後には、企業概要、事業内容には目を通す。
社長ブログがあれば、その10秒後にはみてる(笑)

自分は・・・

GOOGLE(ヤフーでもいいけど)をビジネスで利用するってことは、
そういうことだと思う。

相手「はじめまして。わたくし○○産業の○○でして~~、今回は、
○○の件で、お電話しまして~~、○△★○×・・・」

(って、おまえ、話なげーなあ、もう30秒たってるよ・全部調べ終わってるって!)

自分「あ、新宿の採用媒体の会社さんですね。そちらのビルの横のラーメン屋さん、
おいしいですよね。」

相手「あ、御存じでしたか。以前お取引を??」

自分「最近は出版もやられてるようですね。
あいにく、今のところ、採用媒体は決まってまして。出版の予定もないですし、今回はいいです。」

相手「あ、よくご存じで。では、○○のほうで・・・etc」


って、違うから。

今、電話がかかってきた間に調べたの。

あなたが電話をかけた間に、社長名やら、場所(地域)やら、業種、売上、
・・でなんでかけてきたのか・・をし・ら・べ・た・の!!!

相手にしてみても、先方にいちいち事業内容などを説明する時間もいらない。
だって、かけた瞬間に、相手が話す内容(だろうということを)わかってるんだから。
もちろん、自分にとって有用だと思えば、ちゃんと話をきく。

ただ、それだけのことだ。


エンドユーザの要件まとめ待ち。
決まった時間でしか作業できない時。

そういうのは、無駄な時間とは言わない。

5秒で終わらせられる仕事は5秒で終わらせる。
1時間なら1時間。
1日なら1日。

ただ、それだけのこと。
それも、なるべく最短で。


と、まあ、今日もとりとめもなくなってきたけど。

時間をかけちゃいけないものを、ただひとつあげろと言われたら。

特に自分のような仕事の場合は、それこそひとつしかない。
それはなにか。

「判断」だ。

そうとう頭がボヤっとしているとき以外は、
大体の判断は、コンマ(秒)でしてる。

人生も、仕事も長く考えりゃいいてのは、ほんのわずか。
おおよその部分は、コンマの世界で事足りる。
「瞬時」といってもいい。


昔話の「三年寝太郎」・・・

よくお覚えてはいないが、
三年間、ボーっと寝ていただけの寝太郎。
さ!村の一大事!ってときに、むくっと起きて、仕事をしてしまう。
で、また寝ちゃう??んだっけ???

自分は、小さい頃にその本を読んだ気がする。

どう思ったか??

カッコイイと思ったよ。


歩合制で、一軒一軒歩いてまわるセールスもいるでしょう。
コーヒー一杯を毎日売る仕事もあるでしょう。
きたお客さんにお酒を作って、話相手をして、歌の拍手をして・・って仕事もあるでしょう。

まあ、いろんな仕事がある。

でも、「判断」はどんな仕事でも最重要。

一歩譲るとすれば、判断が万一、違っててもいい(ってか、いつも正解とは限らない!?)。
大事なのはスピード。

スピードが早ければ、修正する時間もあるかもしれない。

でも、スピードが遅くて3年寝太郎・・・だったら?


・・・って、矛盾してるだろうって?

いやいや、矛盾はしてませんよ。

3年寝太郎は、3年に一度起きて大仕事をすればいいだけ。

それが、30分だったらその時間。
3秒だったら、3秒でやんなきゃ。

最後に・・・自分と相手の「時計」は違う。
時間の進み方もだ。感じ方といってもいい。

だから、なるべく早く判断(相手よりも早く!)して、
物事を優位に進める。

迷って結論が出ない→タイムオーバー→価値は「ゼロ」だ。

「悩む」という言葉を否定するつもりはない。
でも、裏を返せば、「どっちでもいい」ってことになりかねない。

大江健三郎ではないが・・・

「見る前に跳べ」ってことも、時には、必要だ。

ま、なんとなくうまくいくだろう~。
誰かが「判断」してくれるだろう~。

で仕事がうまくいくことは、「絶対に」ない。



「どっちなの!!」って。

言うのはまだいいが、言われたくはないわね~。






















































テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

タイムカプセル

久しぶりに実家に帰り、夜、寝る前に、ベッド近くの古い携帯を手にとる。

たしか、これは、一番最初のFOMA。

電源を入れてみると、見事に復活。

いつの頃立ったかな。。メールでもみてみるか。2006年?!

ちょうど、今の会社を立ち上げた頃のだ。
会社の経理ソフトを買うだの、仕事の依頼メールだの、もろもろと懐かしいメールがあった。

懐かしいついでに、当時の友人に、6、7年ぶりにメールしてみた。

元気そうで、なにより。
携帯電源も、5年もたてば、立派なタイムカプセルだ。
10年前のなら、きっと、自分もふくめて、周りの状況もだいぶ変わってるだろう。

当時のメールをみれば、その時のリアルなやりとりや状況が思い出される。
毎日、やりとりするメールだけど、今の関係が一番重要なのは間違いない。
ただ、あの頃は、どんな日々を過ごしてたのか?どんないいやつら?が周りにいたのか?
なんて、ふと思うことも、もしかしたら大事かもしれないな。

で、また明日から気分をかえて頑張る。

過去を振り返ってばかりじゃだめだけど、過去の延長で、今があることだけは間違いない。
未来は今の延長。

身近なタイムカプセルが、たまにそんなことを思い出させてくれたりする。
古い携帯。

廃棄物にするのは簡単だけど、邪魔でないなら、古い日記だと思ってとっておくのもいいかもよ。


国民的ヒーローは必要か?

今、プロ野球での注目といえば、
ヤクルト、バレンティンの本塁打記録。

現在、王貞治の55本タイ記録に並びました。
残り試合数から考えて、日本新記録は間違いないでしょう。

王と同じ本数は、カブレラ、ローズの55本。
次いでバースの54本。

王とローズは、同じ140試合目での到達。
カブレラは128試合目。
バースは126試合目。

残り試合を10試合近く残しての、
カブレラの55本、バースの54本は不思議。

(参考)カブレラの残り試合の打席(ネットから引用)

1 四球四球三ゴ四球
2 四球四球四球四球
3 四球四球四球四球
4 四球四球右飛死球(骨折)
(残り3試合は骨折で出場せず)


まあ、みな敬遠気味で歩かされたんだね。

王さん自身も、後に、シーズン55本は日本の宝としてとっておく・・
ということを言ったらしい。
(カブレラの時は、王はダイエーの監督だった)

抜かれない記録、抜かれる記録とあるけれど、
もし、王のその言葉がほんとで、記録のために敬遠を指示していたなら、
それは、日本の宝でなくて、日本の恥だろう。
試合で勝つためでなくて、自分の記録のために指示したなら、最低な野郎だ。

自分はもともとアンチ巨人だし、
今でもそれは変わってない。

ただ、記録ってのは、抜かれていくから記録なんじゃないの?

そりゃ、ボールばかりを放っておけば、
打たれる確率は少ないでしょう。

でもそんなことまでして守る記録になんの意味がある?

もしかして、自分が国民的ヒーローだから、抜かれちゃいけないんだなんて、
思っちゃったんだろうか?
勘違いも甚だしい。

国民的ヒーローなんて、ないんだよ。
何パーセントかの人が指示しているってだけのこと。
すべての国民が支持しているなら、巨人戦の視聴率は、いつも100%だ。

残り試合数からして、
バレンティンが野球を忘れちゃうくらいのことが起きなきゃ、
記録更新は間違いないだろうね。

まあ、原は敬遠まがいのことをするだろうけど。
(ヤクルト戦で、原巨人が新記録を打たれちゃ、怒られるだろうからね)

よく、野球賭博なんてあるけれど、
およそ、組織でプレーする競技では、八百長はやりやすい。
だから、自分は基本的に個人競技のほうが好き。

東京オリンピックも決まって、
さあ、スポーツ振興だって、なっているんだから、
試合に勝つ目的以外での敬遠はご法度だな。

バレンティンの記録更新は間違いないでしょう。

国民的ヒーロー?国民栄誉賞?
いちいちマスコミであおったりしなくていいんだよ。
金メダリストは、その一瞬が感動なんだよ。
ビールのCMで何回もみるもんじゃない。瞬間の記憶だ。

ヒーローは個人個人それぞれ違っていいでしょ。
自分にとっての一番、まわりはどうでもいい。
なんかミスチルの歌「ヒーロー」みたいだけどね。



バレンティンには頑張ってほしい。

国民的ヒーローになんてならなくていいから、
あっさり日本人の記録をぶっちぎってくれ!

で、あと数年で日本球界を去っていくときに、
「ま、記録作ったけど、記録は抜かれるものデス。
来年あたり、さらっと誰か抜いテネ!
ジャパン、サンキュウ、ありがと!」
なんてセリフ残して去っていったら、カッコいいでしょうに。

そして、その記録を日本人選手がまた追えばいいだけだ。

2020年の東京オリンピックを語るのは、
それからだ!
























テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

山手線でメンソール

今日、山手線で、偶然に会った人がいる。
その人は、ピンのお笑い芸人で、3年前にはその人のバイト先の店に、
よく飲みに行ったものだった。

とても居心地のよい店で、
その芸人さんとも仲良く過ごさせてもらった。

店が無くなる頃に、自分、こんど結婚するんですよ!って、
カウンターにいた彼女を紹介されたっけ。

そして、店が無くなってからは、一度も会うこともないままだった。

それが、3年ぶりに、偶然みかけた。

彼は、お嫁さんと一緒にいて、子供をベビーカーに乗せて、
高田馬場から乗ってきた。

一瞬、彼と目が合ったんだけど・・・
たぶん、彼も気がついたと思う。

そうだな、お互いに目が合ったのは、0.3秒くらい。

彼も、奥さんと話をしてる最中だったし、
こちらも、なんとなく、声をかけるタイミングを失った。

携帯に電話がかかったので、自分は次の駅で降りた。

電車を降りる際に、
「矢沢の永ちゃんのさ、ものまねしてるやつがいてさ・・・」
なんて、奥さんに話している彼の声が聞こえたな。
(なんだ、話しかたといい雰囲気といい、変わってないな、ってうれしく感じたよ)

そう、その人も、永ちゃんの歌が好きだったな。
よく、「チャイナ・タウン」を歌ってたっけ。
石原さん歌ってよ!なんて言われたけど、結局その歌は、彼が歌ってたっけ。


思えば、今回みたいなことは、今回が初めてじゃないな。
ふだんなら、よ!元気!?って、声をかけるのに、
なぜか、そのときだけ、声をかけられずじまい。
「お、元気そうだね!」って心で思っても、声をかけるタイミングがあわず。。みたいな。

その場のシチュエーションによっては、
今回みたいなことがあるのかな。

でも、ま、いいさ。
お互い、元気に生きてますよ!ってわかったんだし。

赤LARKの好きなママの店で、
バイトしていたのが、「メンソール」さん。

いや、正確には、「メンソール・ライト」さんだ。

シニカルな芸風でピンだし、
今の仲良し芸人全盛の時代とはまったく違うけどさ。。

「半沢直樹」があんだけブレイクするってことは、
そろそろ、あなたの出番かも。

いや、ブレイクしてほしい。

「子供のお遊戯みたいなお笑いなんかやめてしまえ!」
「お笑いの10倍返し!だ」ぐらい言ってやれ(笑)


ライトくん、期待してますよ!























テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

docomoとIphone

とうとう、DocomoがIphoneを発売するらしい。

もし、ガラケーがこのまま無くなってしまうようなら、
日本の携帯電話機メーカーは大打撃ですね。

自分は、E-モバイルのスマホ携帯はありますが、主にネット用。
個人の携帯はガラケー。
会社の携帯もガラケー。

会社のは、主に電話とショートメール。
よって、スマホにする意味なし。

個人の携帯は???なぜガラケーなのか。

まず、たかが電話で、両手を使うって時点でNG。
きっと、ゴルゴ13は、スマホは使わない。
だって、とっさに誰かに襲われたりしたら、両手がふさがってたらアウト!
ズドンとやられて終わりだもん。
ま、ゴルゴの例は極端だけど、ちょっとはそういう気持ちで持たないのもある。

ただ、そうはいっても、最近は、たまにスマホ売り場で手に取ることがある。
「手に取る」・・・そう、片手での操作性能があるかないか、
いろんな機種を持つだけ。

中には、ぎりぎり操作できそうな機種もあった。
ま、個人的には、デカイ機種はだめだわ。

で、話をもとに戻す。

Iphoneだ。

いろんなスマホがあるけれど、
自分は、この機種のスムーズな画面の動きは、秀逸だと思う。

サムスンだとか、いろいろな機種があるけれど、
画面のスムーズさを、どうしてマネできないのだろう。
いや、近いところまできてるかも?
いやいや、感覚的に違う。

自分は、ドコモユーザーなので、
こんど売り場にIphoneあったら、さわってみるかな。
片手でスムーズに操作できなきゃ、買わないけど。

ま、誰がなんといおうと、
たかが携帯。
電車のなかで、大の大人が、両手でずっと操作しているものほど、
格好悪いものはない。
いったい、そんなに一生懸命、両手使って何してる?
いや、なにがしたい?

もし、自分が携帯電話会社の人間なら、
キャッチコピーはただひとつ。

「たかが携帯。片手で使えなきゃ意味ないじゃん!」

って、片手での操作性重視オンリーの機種ぞろえにするな。

経営戦略もヘチマもないよ。
これで、加入者純増数、第一位は間違いなし。

いったい、何億人の人の自由(片方の手のね)を奪っているっていうの?
(もちろん、器用なひとは片手でしょ。でも、両手になれたらおしまいよ)

箸を両手で使ったら、それ、ドラムか太鼓だぜ。
お笑いになるほどアホだ。

携帯でメールうちながら、缶コーヒー。
携帯で調べながら、タバコをふかす。
携帯で話しながら運転(あ、これはだめか)。

そんなCMバンバン打って、となりに両手で一生懸命ゲームとか
メールしてるヤツだすでしょ。
きっと、みんな目がさめるよ。

CMコンペで、受賞間違いなし(笑)。




昔、関ヶ原の戦いで戦功をあげて、家康に誉められで、意気揚々と、
父に、その戦の結果を報告した黒田長政。

父の黒田如水は、その息子にこう言った。

「そうか、(戦のあと)家康どのと握手をしたのか。
で、そちの片方の手は、そのとき何をしていたのだ?」

なんのことを言っているのか、わけがわからない長政は、
あっけにとられる。

「さて、片方の手とは??」

如水

「その手で、なぜ、家康を刺すことをしなかったのだ」

天下を狙っていた父・如水の考えは、息子の長政には理解できなかった
っていう逸話。

ま、長政が両手で握手したなら話は別だけどね。

なんでも、メーカーの都合で、スタイルを変えちゃうのは、
基本的によくないことではあると、自分は思う。

たかが、スマホで?
そう、その「たかが」で、生き方も変わっちゃうことはきっとあるよ。

しょせんは「道具」。
「道具」は使うもんで、使われるようになったらおしまいです。











































テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

石原 勇一郎

Author:石原 勇一郎
仕事は楽しくパワフルに!お酒はもっと楽しく!歌はすごく楽しく!ビリージョエルとアイスコーヒーが大好きな全力IT社長のブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
11139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
366位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
(株)アスページ IT技術者募集中!お気軽にお問い合わせ下さい。