TSUNAMIと気球

サザンオールスターズの名曲「TSUNAMI]は、
300万枚も売れた大ヒット曲。

個人的には、それほど好きではない歌ですが、
いまだに、桑田さんは、自主規制?してるらしい。

そういえば、FMでも、まずその曲が流れることはない。

ご本人は、震災のことを考慮してのことなのでしょうが、
震災直後はともかく、もういいかげん、解禁してもいいのでは?


たとえば、親族が「もち」をのどに詰まらせて死んだとする。
でも、その直後に、佐藤の切りもちのCMが流れても、
ちょっとは気になるかもだけど、仕方ない。

海でおぼれて死んでしまった知人がいたとして、
世の中の海にまつわる歌を聴かないで一生を過ごすのは、
まず、不可能。
無人島にでも行かない限り。

いろんなシチュエーションがあるさ、1億人もいるんだから。

いちいち、周りの状況を気にしてばかりはいられない。
当然、自分にとってイヤなことが起こることは百も承知。

無神経とは違う。
確信犯だ。

でも、ある意味、確信犯は重要だ。

何も考えないで、ぼけーっと生きてて、
なにか他人に気に障ることを言っちゃったかも・・って、
ビビって生きるよりは、100倍いい。

桑田さんに関しては、影響力が多いってのが、理由かもだけど、
自分からしたら、そんなもんは、一人だって300万人だって同じだ。
個人の考えだから否定はしないけどね。


今回、エジプトで気球の事故が起きた。
事故は事故。
毎回、事故で死んじゃうわけじゃない。

もしかしたら、これから新曲を出す歌手が、
作詞の中の「気球」って言葉を差し替えるかもね。

で、当分、その単語は使わないでしょう。

何かあったら、いちいち気にするのは、どうだろうね。

ドーンと、構えて、それがどうした?くらいの気構えなきゃ、
ずっと、だめなままじゃん。
「その話題は・・・(しないほうが)」ってバカか。

どんなことが起きたって、
ガツンといくしかないだろ!

起きたことは仕方ない。
次になにをするかでしょう。




















スポンサーサイト

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

家電参入

今日は、ニュース23で、アイリスオーヤマという会社が、
家電に参入するという話題を放送してた。

大手家電を早期退職した人たちを採用して、
生活家電に参入するみたい。

掃除機、LED照明など。
精密部品の集合体のパソコンやTV,レコーダーなどではなく、
いわゆる「生活」家電だ。

掃除機などの分野では、ツインバードなど今までも、
量販店、ディスカウントショップで販売する安価なブランドは、
たしかにあった。
照明器具にしても、そうした意味で、中小メーカーは存在した。

ただ、今回のアイリスオーヤマの場合は、
取り扱い製品の多彩さや、企業規模(大きい)からしても、
インパクトは大きいかもしれない。

日本人は日本ブランド志向?
いやいや、たとえば、冷蔵庫の「AQUA」は、ハイアール社のブランドだけど、
日本では、かなりのシェアを持つまでになってる。
(元々が三洋の冷蔵庫部門という点はこの際関係ない)

安かろう悪かろうでなく、
安かろうよかろうという価値観でモノを買う流れだとしたら、
今回のアイリスオーヤマの家電進出は、成功するかもしれない。

もう10年来の知人で、中国出身のITの社長も、
LEDの事業に参入して、自社ブランドを作ってしまった!
なんでも、中国のメーカーのOEMらしいけれど、
価格は日本の製品の半額以下。
ITの事業と別に、メイン事業として行っている。
そういえば、そこの会社も、元日本を代表する照明メーカーの
社員を採用してた。

先日までNHKで放映してた、「メイド・イン・ジャパン」を
まさに地でいく展開。

知り合いの会社といい、アイリスオーヤマといい、
そのバイタリティには恐れいるしかない。

広告戦略として、よくいわれる、クロスメディア戦略(さまざまな媒体を
使って、いろんな角度から宣伝をする)はもう古い?!

これからは、異業種参入があたりまえになっていくのか?

個人的には、最近、家庭教師のトライが始めた、
「大人の家庭教師」というものに興味がある。

そのネーミングは、ありきたりの感があるけれど、
奥は深い。

これは、異業種ではないけれど、
ようは、大人に、趣味や勉強やスポーツなどを
マンツーマンで教えるという事業らしい。
高齢化社会になるし、そのうち、子供の家庭教師よりも
多くなるんでは??

それこそ、先日かけこみ退職した先生たちに、
うってつけの事業じゃないか。
たとえばね。


異業種からの家電進出。
大人の家庭教師。

まったく、異なるふたつだけれど、
「雇用」という面からみれば、
早期退職した人や、専門分野でノウハウをもった
人に、活躍してもらうという点は、共通してるものがある。

なるべく、多くの人が、高齢になっても働ける社会。
そして、働いた分、金をみなが使う社会。

難しいことだけど、日本浮上のキーワードがそこにあると思う。





































テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

カラオケで思う

自分はカラオケBOXはほとんどいかない。
行くとしたら、どこかの店。

でも、最近は、歌えるお店もだんだん減ってきてますね。
基本的に、カラオケない店には行かないので、
店が絞れていいかって気もしなくない。

カラオケでいえば、機器メーカーでいうと、
DAM,JOYSOUND、UGAあたりがメジャーでしょうか。

中でも、DAMが多いのかな。

ただね~、選曲がなんていうか・・・
どこもだめなんだよなあ。
もちろん、人の好みはさまざまでですが。。

DAMでいえば、現在13万5千曲くらい。

いったい、どんな風に、カラオケとしての曲を選別してんだろう?
ひょっとして、シングルだったら、発売枚数?
だとしたら、とんでもない勘違いをしてる。

たとえば、子供の頃に、だれもが観ていた青春ドラマの主題歌。
当時は、みな子供だから、レコードなんて買えない。
でも、誰もが、その歌を聴くと、口づさめるような・・・そんな歌。
そういうのを入れてないんだよね。
どのメーカーも。
全然、だめじゃん。

TVドラマ主題歌でも、年代別に、その当時の印象度を考える。
CM(化粧品など)のタイアップ曲も同様。
当時の認知度と、それを聴いて育った世代が、今、カラオケとして歌いたい
(もしくは、その歌を聴いたら、よい気分になる・・)か。

または、A面よりもインパクトのあるB面のカップリング曲はないか。
あるとしたら、それを聴いた世代に訴求効果があるかどうか。
とかさ。


最後に、それほどヒットはしてなかったけれど、
楽曲として、今でも通用するか。

そして、何より、歌いたくなるような(物理的に歌えるかも含め)歌か。
例えば、もののけ姫の主題歌とかは、
テノールというより、ソプラノの声でなきゃ歌えない!とかね。

通信カラオケだし、サーバーの容量や通信速度の問題とかあるんだろうけど。

もう少し、選曲・・どうにかならんかね~~。
飲み屋に深夜に営業で駆け回るよりも、中身をもっとしっかりせんかい!!

ところで、日本で発売されるのは、シングルとアルバム、どちらが多いと思いますか?
なんとなく、シングルのほうが安いし、たくさん発売されている感じ???

実際は、2000年からの10年間でも、
シングルの3~5倍多くアルバムが発売されているんですよね。
よくいう、「シングルカット」ってあるでしょ。

ようは、アルバムをまず作って、その中で、一番「売れそうだ!」って歌を、
シングルとして発売する。
いつの時代も、その手法は同じようです。
(もちろん、シングルだけ先行発売もあり)

とはいいつつ、シングルとアルバムを合計した年間発売総数は、
ここ10年では、2007年の2万タイトルが最大で、
年々減少し、2011年は、1万3千タイトル。

やはり、この業界も厳しいようです。

たしか、著作権料は、演奏された回数に応じて、
払われるんじゃなかったっけ?

なら、いつか、日本で発売された歌のすべてがリクエスト可能な、
夢のようなカラオケマシンが現れてもいいんじゃないか?!

そうすれば、子供もお母さんもお父さんも、おばあちゃんもおじいちゃんも・・・
誰でも、1曲は歌うのが楽しみな、そんな時代になるのにね!
イヤなことがあってもなくても、好きな歌を思いっきり歌えば、
ストレス発散間違いなし!

さて、そんな時代が来るのだろうか?
技術の進歩はすごいんだから、
なんとかなりそうな気もするが。。。

ま、日本の歌で、「なんだ、あの歌ないんだあ~~、ショック~」って
2、3回落胆したら、
自分なら、すぐに英語の歌にスイッチ(下手だけどね)しちゃうけど。

落胆させない、機械・お店があったら、
間違いなく、毎週いくな。

なんか、今日は、カラオケ一色になっちゃったな。

だって、オタク文化とカラオケは、日本ならではの文化だからね。
もっと、ずっと成長してほしいな。

安倍総理の3本の矢・・・成長戦略か。

スーパーコンピュータのついででいいから、
夢のカラオケマシンにも、予算つけておくれ~~。
















テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

おー、あったか

昨日は、外に泊まってしまい、
時計を無くしてしまった・・・!と、

思っていたら。

帰宅して、ハンガーに背広をかけたら・・あら?
背広の胸の外ポケットにありました。

先日、友人にもほめられた、SEIKOの時計。
当時、オメガより高かったお気に入りの時計だ。

今日、帰りに時計を買ってしまおうか?と思ってたけど、
買わなくてよかった。

時計コレクターではないので、
今、動く時計はひとつだけ。

日常も、海でもスキー場でも、
ひとつだけ。
いつも一緒。

少し、磨いて、きれいにしてやろうかな。

しかし・・探すのを止めたとき~に見つかるってのはあるんだな。

「夢の中へ」 井上陽水か。

かなり古い歌だけど・・・真実を歌ってんじゃないかあ~~。

ともあれ一件落着。




テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

PM2.5

なんだか、昔の稲垣潤一の歌(あれは、246:3amだった)のような
タイトル。
中国から飛来する微小粒子が問題になってる。
PM2.5は大きさの単位で、それ以下の微粒子をさすらしい。

自分が頻繁に中国に仕事で行ってたのは、もう6,7年前。

北京にも、何回か行った。
その当時の北京の第一印象は、ともかく曇り空ばかり。
そのころから、光化学スモッグがすごかった。

スモッグだとはわからないくらい、ともかく空全体がどんよりしてた。
そう、朝からずっと曇り空・・にみえる。


北京のスモッグは昔からだけど、
まさか、今、こんな問題に発展するとは思わなかった。

誰かが、手を打って、スモッグを減らしていくものだと思ってた。

数メートル先の視界がみえずに、クルマの事故が起きてるって?
みな、マスク着用が普通だって?

あんなに、国家権力が強い国で、しかも北京は首都だろ。
そんなに経済発展を優先したいのか?
もう、あの国のトップは気が狂ってるとしかいえない。

もちろん、日本も相当、公害が多かった。
だから、同じように、あの頃の日本のトップは、
やはり頭がおかしかった。
当時の、日本人も大多数が、経済発展優先だっただろう。

いや逆に、中国からしたら、
日本は放射能をまきちらしたでしょ!って思うかもしれない。

領土も問題にしても、なににしても、
国家間の違いは、ずいぶんある。

でも、あの北京のスモッグだけは、いただけない。

中国・・・大連の空も海もきれいだったな。
すてきな場所はたくさんある国だ。
本来はね。

ケンカもいいけど、北京の空を青空にするプロジェクトなんか、
日中で共同でやってもいいと思うな。
感謝もされるでしょ。

ケンカをしているときに、ふと、「今日の昼飯、何食べよっか?」
みたいなことは、あってもいいんじゃないか。

で、また話合えばいい。
ケンカの時間は、長く続くでしょうに。

視点を少しかえて、一緒にできるところは一緒にやってもいい。


って、2.5・・・なんか聞いたことあるなあって思ったら、
えがちゃん!

そう、江頭2:50さんがいたな!

えがちゃんの2:50は、AMなのかPMなのか???
なんてのは、どーでもよいか(笑)



























テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

遠隔操作 逮捕

とうとう、一連のPC遠隔操作事件の容疑者が逮捕されたようです。

まだ彼が真犯人かは、わかりませんが、一個人でなくて、
もっと大きな視点でみると、今の社会の縮図のような気がします。

自分でなくて、他人のPCを使っての犯罪予告もろもろ・・・

背景は深い。

Win95が出て以来、一般の人がPCを持つようになった。
人は、誰かと関わりたいから、すぐにメル友サイトができた。
最初は、文通のPC版みたいなもので、まだピュアだったかも。

次に、掲示板ができた。
日常の不平不満を匿名で書きこみ、なんだかんだとレスをつけ・・・
まあ、欲求不満のはけ口。

メル友サイトは、さらに進化して、
出会い系サイトと名前を変えるようになった。
いろんな犯罪も起きた。

また、掲示板も、違法薬物の販売などの犯罪につながったり。

人は、道具を持つと、その利用価値をどんどん高めていくから、
性や犯罪、それこそ、とめどなく進化するのは当たり前。

じゃ、なんで、ネットがらみの事件が多くなったか。
そりゃ、匿名性があるからに違いない。

六本木の路上で、クスリを売れっていったって、
誰もやらない。
でも、ネットで匿名での販売で儲かると思えば、
やっちゃう、輩はいる。

出会い系だってそう。
最初から、犯罪目的のやつが、匿名で参加できるなら、
犯罪の大部分のリスクはクリアされたようなもんだ。
だから、犯罪をする。

最近は、ミクシイやFACEBOOKでの実名(が多い)での
参加が基本条件のサイトが多くなった。

もちろん、実名での参加だとしたら、
そこでの犯罪発生率は、天地ほどの違いで少ない。

ただね、これは、自分が決定的に思ってることだけど、
書き込みなどをみると、
実名FACEBOOKやミクシイなどの実名サイトでのものより、
2chやニュースサイトのコメントの類のほうが、数段面白い。
匿名だと、本音プラスα(いきがって、強気なコメや、アホなコメ多数。
中にはセンスのいいジョークもあったり)

なんだろうね、人の世間体とかのせいかね。
実名で、アホなことや、本音や、強気なコメをしてもいいじゃない?
なんで、みんな、それをしない?

本音と建前の差が多い社会ほど、ネット犯罪が多くなる。

たとえば、FACEBOOKで・・・
「わたし、今日は、こんなパーティーにいきましたの。
おいしい料理でした」
みたいな、コメ、2chだったら、削除要請がでるくらい、
実はつまらない話だ。
ただ、それが友達のコメなら、イイネボタンを押して、
コメつけたりする。
まあ、現実の世界での話なら、くそつまらないことも、
実名サイト、コミュニティだから、世間体的な対応を皆がする。

方や、2chでは、「バカ、クソ、シネ」とかの匿名コメント多数。

実は、上記の「おいしい料理を・・・」って書いた人が、
2chでは、そうしたコメをしていないとも限らない。
いや、むしろ多いだろう。

今回、逮捕された容疑者、
さっそく、ネットでは、「オタク、キモイ」などのコメが多数。
って、おまえら実名で同じコメント書けるのか?っていいたいね。

かしこまって、「ざま~す」的な、実名サイト。
「ボケ、カス!」的な匿名サイト。

自分は、器用に2者を使いわけるなんてことはできません。
(2chの書き込みはしたことないけど)
っていうか、使い分ける意味がわからん。


あ、そうか。
容疑者逮捕の件だった。

ようは、おまえ、実名で犯罪予告すりゃ、よかったんだよ。
文句あんなら、正々堂々と!
へんなことに、大事なアタマを使うんじゃありません!

ま、なにはともあれ、この種の犯罪は、今後もまた起きるよ。
陰でこそこそいうって、近所のおばちゃん達(たとえばね)の
昼間の井戸端会議。

その文化は、日本人の多くにあるでしょ。
本音と建前。
建前の中で、本音を言おうとしたら、匿名で言うか、
誰かが言ったせいに(今回みたいに他人のPCを使用)するしかない。
弱っちい、大部分の人達はね。

あの犯人が使った、遠隔操作ソフトが、アキバで1000円で売られてたら?
もし、簡単にダウンロードできたら?

道具は進化する。
でも、使う側の人間の精神構造がかわることは、当分ないかな。

だから、ダメなんだって。

今回の事件は、日本社会のある意味縮図、って思うな。



























テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

シーザーサラダ からの~

自分が苦手なのに、このところあたりまえのように出てくるアイツ。

そう、シーザーサラダ。

和風、ゴマ、サウザン、フレンチ。
ほんの数年前までは、おおよそ、ドレッシングは、そんなものだった。
しかも、だいたい、ドレッシングは、選べるか、自分でかけるか。

ところが、最近は、ドレッシングの表示がなかったり、
付け合わせの上に、当たり前のようにかかってる!

なんなんだこれは。

自分の場合、予期せず出てきた時は、可能な限り変えてもらう。
もしくは、ドレッシングなしを持ってきてもらう。
(どうしようもないときは、下だけほじくって食べる)

店員に言って、それでイヤな顔をされたり、交換しないような店は二度といかない。

もちろん、知ってる店なら、事前に言う。

まあね、調理したものであれば、文句は言わない。
サラダって、調理してないでしょ。

ある程度、客のこと考える店なら、最初からなんも言わずに、
シーザーをかけてくることはないだろう。
だから、そんな店の程度はしれたもんだ。

今、飲食店がすぐに潰れんのは、そこらへんが全くわかってない店が多いから。
最近は、店の外にまで、異様な匂いを漂わせてる、とんこつ系のラーメン屋がある。
自分は、その店のラーメンを食べたこともあるし、
まあ、まずいけど、捨てるまではいかない。

でも、あの匂いはないな。
とんこつ系すきだけど、あの臭さは異常。

通行人も避けて通るほどだし。

だから、客はまばら。
もうすぐ、たぶん潰れる。
100%!

なんかね、普通は、換気扇をもっと強力にして、違う方向に排気するとかさ、やれよ。

飲食でも、なんでも、○○一筋!はちまき巻いて今日も頑張ります!って・・さ。
ねじが一本抜けて、ピンとずれてちゃ、おしまいだろ。
あさっての方向に頑張ったって、客はついてこないよ。

今日の、カンブリア宮殿で、ラーメン大学なんて特集をやってたな。
ノウハウは完ぺきに教えるみたい。
1週間で38万。
それで、ラーメン屋を開けるなら、修行代としては安いでしょう。

でも、繰り返すけど、仕事は、なんでも、ピントがずれてちゃだめ。

おそらく、あのラーメン大学は、一番のキモを教えてないな。
だから、きっと、繁盛するのは、そこらへんをわかってるヤツだけ。


マラソンでよーいドン!
いきなり彗星のごとくデビューした新人が、ぶっちぎりのタイム!
すげー!って??

ゴールの反対側に42.195km走ったって、なんもなんないよ。

そういうのは、努力とか一生懸命とは言わない。
もし声をかけるとしたら、「うん?どうした?おまえ大丈夫か?」くらいか。

努力に無駄はないっていうのは、うそだ。
無駄な努力はたくさんある。

失敗はしてもいいと思う。
失敗したってわかれば。
いや、わかるから、失敗だって思うでしょう。

ただ、無駄な努力を無駄だってわからず続けていくと、いつか終わる。
気がつかないままだとね。
うん、それは、努力じゃなく、徒労になっちゃう。

あ、なんでドレッシングの話が、こんなになっちゃう。
そっか、TVでラーメン大学のみて、
会社の前の臭いを思い出して・・・か。

頼むから、みんな、早く気付いておくれ~~~。

































テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

本をあげる

最近、ある人に、本をあげた。

「面白いから読んでみて!」は彼女とか。
「これ、どう思う?」は友人。
「これでも読んでみろよ」は、まあ部下とか。

ま、三つめだったけど。

もちろん、どんな時も、強制はしない。
(業務命令は別にして)

だから、すぐに、ゴミ箱にポイされるかもしれない。
ま、でも、そんなことはどうでもいい。
あげたんだからさ。

あるいは、次に会ったときに、
「あれ、どうだった?」って聞いて、
「うん、読んだよ~」って、読んだ「フリ」で
終わるかもしれない。

それであれば、それまでの関係だったってことだ。

自分は、本をもらったことは、ほとんどない。
でも、あげたことは何度かある。

もちろん、どんな場合でも、基本的に、親しい人にしか、
それをしない。

別に、本じゃなくても、CDやDVDなんてのも、
そんな感じ。
どーでもいいヤツには、そんなことしないでしょ。

これ面白いから、「買えよ」ってのは、
ほんとかどうかわからない。
単なるPR?かって。

おれ読んだから、あげるよ。
よかったら。読んでみて!

そんなんが、まあ、いいんじゃないかなあ。


そういえば、昔、デートで、
福山雅治のドームコンサートに行った。

そのコンサートの前に、彼女に、
「これ、コンサートまでに予習しておいてよ!」
って、福山の歌の入ったMDをもらったっけ。

で、当日、
「ちゃんと、聞いてきたの?」
「うん、ばっちり、聞いたよ」

って、聞いてないのは、ライブが始まれば、
すぐばれちゃう。
だって、ずっと「???」だもの。

そんときは、少し怒られたな。
ま、いい思い出だ。


そうそう、とうとう、ソニーが、MD市場から、
完全に撤退するらしい。
先日、発表があった。

市場価値のないものは、製品でも人でも、
リストラ(製造中止)されてしまう。

厳しい時代だけど、仕方ない。

ただ、最後の、その前に、
ちょっとだけ、いいか?って時間は必要だと思う。
いや、そういう時間は、絶対に作る。
自分は。

























テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

石原 勇一郎

Author:石原 勇一郎
仕事は楽しくパワフルに!お酒はもっと楽しく!歌はすごく楽しく!ビリージョエルとアイスコーヒーが大好きな全力IT社長のブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
11139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
366位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
(株)アスページ IT技術者募集中!お気軽にお問い合わせ下さい。