スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の大雪

今日の東京は朝から雪・・・
夕方まで降り続くらしい。

窓からみる限り、今のところ、山手線・中央線・新幹線は順調のようだ。

2月29日か。

こんな大雪でもなければ、
うるう年なんてのも気付かないで過ぎていたかもしれないな。

早目の昼食もとったし、
午後からは、新規案件2つの打ち合わせだ。

一日多い2月を、ラッキーだって思えるように、
ばっちり仕事しなきゃな。


みなさんも、帰りはお気をつけください。



スポンサーサイト

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

富士山の日

昨日は、2度目の沼津でのWEBの打ち合わせ。
例のごとく、夕方客先を訪問し、一通りヒアリングしました。

なんでもそうだけど、何がやりたいかがクリアになってくれば、
半分は進んだのと一緒。
だいぶ、方向性が固まったので、
あとは、制作をしっかりしていこう(自分はディレクションだけだけど)。

で・・いつもように、お寿司屋さんでごちそうになってしまった。
前回来てくれた、友達も参加(ってか、先に店にいた)してくれて、
またまた楽しい一夜になってしまいました。

若いけど、腕のいい、店長(お寿司おいしかったです)。
居合わせた、生保のお二人、美容院の先生・・
お騒がせしました。

一軒目はごちそうになったけど、
二軒目は、出させていただきました。

でも、、、

社長・・・二次会は、ほとんど寝ちゃってたし、
店出ても階段で寝ちゃうし。。。

今朝、その友達からメールもらってけど、
社長、二次会のことは覚えてないらしい!!

寿司屋で、ひとりでボトル一本半も空けちゃうからですよ~。

かくいう自分も、深夜1時くらいにホテルにチェックイン。
店から歩いて1分のホテルでなかったら、
自分もどっかで寝ちゃってたかもしれない・・(汗)


ホテルのベッドで、ふと頭をよぎった歌。
電気グルーブの「Shangri-La」・・・はて、店でかかっていたのか?


シャングリラ・・・

理想郷の意味らしい。。

お客様も自分も、仕事もうまくいって、アフターも楽しく・・
たぶん、今の自分の理想郷(ユートピア)は、そんなとこにあるのかもしれません。
きっと、昨日は、理想郷の雰囲気を感じたからなんだろうな。


あ、でも、このシャングリラって言葉。
イギリスの作家が書いた小説の中で使った言葉らしい。

その小説のタイトル・・・「失われた地平線」だって!!

地平線なくなっちゃうなんて、やばいじゃん・・・!

ま、でも、ほんとに仕事もうまくいって、また楽しい夜を過ごすことが
できたとしたら。

地平線のひとつやふたつ、無くなってもいいかもね。

いや、無くっしゃいましょう!



15年前に流行ったこの歌。
たまに頭をよぎるのは・・好きだから・・かな。

電気グルーヴ「Shangri-La」

http://www.youtube.com/watch?v=bGq_sLGs_Gg&feature=related



タイトルの富士山の日

2月23日、つまり、「フ・ジ・サン」は、
静岡では、学校は休みらしい。

そんな他愛ないことだけど、人と会わなきゃ、
昨日行かなかったら知らなかったことだ。





























テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

書かなきゃいけないな

NHK以外のTVでは、ほとんど報道されてないけれど、
ワタミの社員の自殺に労災認定がおりました。

新入社員で、入社2月目のことだったようです。
月の残業は140時間。
通常勤務と合わせれば、おそらく月間300時間くらいか。

ネットでみればわかるけど、ノートに書いた、悲痛な叫びは、
なんともいたたまれない気分にさせられます。

ついでにいうと、そこの社長、渡邊さんの、ずいぶんなツイートぶり、
会社のHPにある、報道に関してのコメント。
なんとも、ぶざまとしかいえない内容です。
嫌悪感を覚えずにはいられない。

仕事は、どんな業界でも、突発的に忙しいときはあるさ、でも。。。

夢に日付けをなんて、かっこいいこと言う前に、
その、どうしようもない感覚を直したほうがいい。
感性、文章力含め・・・たぶん、彼には無理だと思うけど。
(彼の信者の方も、目を覚ましたほうがいい)

亡くなった方のパーソナルな部分は誰にもわからないけれど、
遺書をみれば、過大な残業が原因であるのは、ほぼ間違いないと
思われます。
だから認定された。

普通は謝罪でしょ。まず。

この社長のことは、高杉良の小説「青年社長」を読んで、
会社を立ち上げて、大きくするまでは立派だなって思ってました。
ただ、そういうやり方もあるんだな、って程度でした。

クルマで死亡事故を起こしてしまった社員が、刑務所から出てきたら、
また再雇用してあげた・・・なんて美談も書いてあった。

おそらく、昔は、もっと情にあつい、いい男だったんだろう。
祭り上げられてか、金の亡者でか、どっかでネジが数本飛んでしまったようだ。

自分は、もうワタミにはいけないわ。悪いけど。
(ワタミだけじゃないのは、百も承知の上。ってか、大手チェーン居酒屋には、
もう行きたくない)

まあ、居酒屋の話はこのくらいで。


自分がこのニュースを聞いて、一番悲しかったのは、
亡くなった方が、新人(社会人1年目)だったってことです。

やはり、どの業種でも、自分に合うと思う仕事なら、かなりの時間働けると思う。
自分に合ってないな・・って思ったら、残業なんてできないでしょ。
でも、新人一年目。頑張りすぎたのか・・頑張らさせられたのか。

ともかくかわいそうだ。

ふと、自分の新人時代を思い出す。

初日から、どうにもこうにも、生理的に合わない上司がいて、
ほんとに、最初は、となりにいるだけで気分が悪くなるくらいだった。

だから、入って一週間くらいたったら、
終業のチャイムがなると数分後には、「お先に失礼します」と言って帰った。
だって、電話鳴ってないし、新人で仕事ないし、いてもしゃーないし。
ベルなったら、帰っていんでしょ?違うの?って思った。

「うん?もう帰るのか?早いな」なんていうから、言ってやったよ。
「何か仕事があるならやりますが、無いなら帰ります」って。

たしか、イヤミの一言二言あったと思うけど、そんなの関係ない。
帰った。


・・・その後は、担当持って、外周りして、残業もけっこうやったな。
でも、やる日とやらない日、サボる日をちゃんとメリハリつけてた。
一杯いくって日は、ソッコウ上がった(ま、営業だったてのもあるけど)。

あ、もちろん、その上司とはそのあと仲良くなったけどね。うんすごく!

新人のくせに生意気だったって思う。



自殺者の数は、無職の人(大人)が1万6千人。
被雇用者(会社員)が8千人。

日本の失業率がだいたい5%。

いかに無職の人の自殺が多いかわかる。

だからといって、会社員の自殺が少ないからいいなんて言えない。

IT業界も、労働集約型の産業だ。
外食産業とその点は似たりよったりかもしれない。

ただ、人間の労働時間には限度があるよ。
たとえ、その仕事が好きでも。

で、やっぱり、流す(ゆるくする)ところは流さなきゃ。
適当にサボるのも大事(もちろん、やるときはやった上で)。

そこらへん、うまくやらないと、心か体のどちらかを壊すよ。きっと。


たとえば、夫婦でやってるような個人の店だったらさ、
生ビールが出てくんの遅かったり、
注文間違えてたり、忙しけりゃ、そんなこともあるさ。

客が、どんぶりをカウンターにあげてあげたりするラーメン屋もそう。

忙しい時は、店も客も、お互いギブ&テイクでいいじゃない。

これからの日本経済は縮小していくのは間違いない。
人口減って、老人大国になれば当然のこと。

で、あれば、自分の範疇でない仕事は、お客さんや知り合いに紹介する。
それで、何かこちらの仕事があれば、まわしてもらう。
そんな、関係を築いていけないと、きっと生き残るのは難しい。

コストさげて、競争して、社員使いすてにして、
会社の利益を求めて、それがなんになる?

マニュアル通りの回答しかできない店員を育ててどうなる?
体調わるそうなことも、一緒にいて気付けない人間ばかりでどうする?

フツーの脳みそある店員(飲食業)なら、
「今日は、3人しか店いなくて、少し注文とるの遅くなりますが、
ナスの一本付けでもサービスしますから、かんべんしてくださいね!」
なんて、気の利いたセリフの一つくらい言えないと。




今日は、なんか熱くなってしまった。

過去に飲食の仕事もした(バイトだけどね)。
大手チェーンレストランで。

忙しい時に、プロパーの店員に、「おめー皿洗いばかりしてんじゃねーよ、
ホールで食器下げろと」と、キックされそうになったことも、
(実際にはキックされなかった、真似だけ)。
皿洗いも回ってなかったんだけど、忙しい時は、人間そんなもんさ。

一緒にいた後輩、「あいつぶんなぐっちゃいましょうか!」なんてね。
でも、様子を知った店長、帰り際に、アイスケースから、
無造作にアイスを2本取り出し、
「今日は悪かったな、これ食ってけよ!」って、ポンと自分たちに渡してくれた。
そんな気遣いで、丸く収まることもある。



うん、最近は何かがおかしいな。

ほんとのハートを持った人が減ってきた・・・気がする。

こんな時代だからこそ、熱く本音で(上っ面だけ、りっぱにみえるヤツじゃなく)語れる仲間が
いるなら、絶対にその仲間は大事にしていくべきだ。


あ、このブログは本音です。


















































































テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

洗脳されちゃだめ

こんなタイトルのブログは書きたくなかったですが・・・
最近話題の某っていうか、中島さん。

芸能ネタなんか書いてもなあ~って思ってましたが、
なんでも、このネタをワイドショーで流すと、
視聴率が3~4%アップするとかしないとか。

まあ、なんというか、
自分は、基本的に、AをやったらBになる(必ず)とか、
Aを信じればBになる(必ず)ってのは、全く信じてません。
Aが何かをやるからそうなるんであって、BやCが同じことしても、
同じ結果になるなんて思っちゃだめ。

そう、5秒前まで、やってくれるって思ってた人が、
5秒後には、やっぱりやりません!なんてのは、
普通にいつでも起こりえることだって思っています。

病気で言えば、昨日まで元気だった人が、
次の日に心臓発作でポックリ。
なってのは、よくある話。
(ま、たとえ違うけどね)

で、何が言いたいかというと、
あんまり、人の言うことを聞きすぎるなってこと。

ゴルフでよく言われることは・・・
スコアが100の人に教えられた人は、
決して100を切れないって話。

なら、スコアがアンダーパー(72以下)の人に教えてもらったら・・
そうね、そのスコアより下になるかもしれないですね。
(いろんな条件がそろえばですが、ま、揃わんでしょ)

人と全く同じことを同じ考え方で成功する確率はかなり低い。
そんなことなら、世の中、もっとうまくいってるはずだ。

じゃ、一番いいことは何か・・・

ある人の一点(一番優れてる、もしくは、すごいって思う)を、
いろんな人から吸収することだと思う。

ある一人の言葉を(セミナーとかね)すべてそのまま鵜呑みにすることは、
おそらく一番危険な選択だ。

うん、だいたい、人の言うことは、30%くらい参考にすればいい。
70%くらいは、自分で考えていけば上等。

あんな風になれたらいいな・・・とか。
今、不安だから、これにすがればいい・・・とか。
みんなが勧めるから、これを信じよう・・・とか。

うんなもん、気休めしかない。

一日中、ミントを食えばいいことあるって??アホか。
でも、最後は、そんなことまでしちゃうようになるよ、きっと。

自分は、他人のちょっとした気遣いとかからでも、
学ぶことも多い。
その人を全面的になんて心酔してるなんてないよ。
その一瞬から、学ぶことが多いってことです。
(上司・部下、会社、通りがかりの人、年齢関係なく、誰からも学べるってのが一番大事なことでしょう)


1人から100学ぶよりも、
100人から1づつ学ぶほうがいいって。

自分はそう思うな。



オセロ・・・か。
あれ、著作権のせいなんだろうね。

模造品、飛行機の機内のゲーム、携帯・PCのゲーム、
全部「リバーシ」になってるね。


もし、中島さんが復活したら・・・
きっと、「リバーシ」って名前で復活するかもね~~。

そんなんもありでしょ。

うん、復活してほしいね。

(漫才面白いとは思わないけど)



有史の中で、一神教対一神教、一神教対多神教の国家間の
大規模な戦争は多くあるけれど、
多神教対多神教のそれは無いらしい。

なるほどなって思う。











































テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

先週はSOUL NIGHT

先週は、事務所の引っ越しもあったのですが、
週末はソウルに行ってきました。

ちょうど2年前の社員旅行で行って以来。

まあ、ほぼ同じ時期でしたが、やはり寒かった。
夜は、マイナス10℃でした。

明洞(ミョンドン)を歩いても、
寒さはスキー場並み。

実質、32時間の滞在だったので、
準備も軽装。
ポーチみたいなのに下着つめて、
そのまま向かいました。

帰りの税関(日本)で、職員が、「あなた、荷物これだけ??」
なんて聞くから、「え、そうですが」
職員、怪訝な顔。

一応、開けて、パンツとTシャツ見せてあげました。
あまりにも、軽装なのも、不審がられるようですね。
見たくもない、オトコもののそれを見せてしまいごめんなさい。



ともあれ、現地では、散歩程度しかしなかったですが、
食事はよい店に行けてよかったです。

チャミソル(ジンロ)の一気大会に始まり、
ホテルでも朝6時まで飲んだので、
まあ、1週間分は飲んだ感じ。


唯一、失敗だあな~って思ったのは、
韓国語を何にもわからないまま、行ってしまったこと。

カトコトでも現地の人と話すことを、旅のオキテにしてきたのに、
今回はできませんでした。
おかげで、2日目の夜。タクシーの運ちゃんに、とんでもない場所まで連れていかれた。
最後は、ハリーアップ!ユーアンダースタンド?!ストップ!ジエンド!!
なんて、和製英語で、運ちゃんの肩たたいてやっと止めた(笑)

訳わかんない(ハングル読めないので)ところで降り、
帰りは、ほとんど疑いの眼で、違うタクシーの運ちゃんをにらみつつ、
なんとかホテルに帰還。

はあ~、最初にタクシー拾った場所から、歩いて5分のホテルに行くのに、
1時間以上もかかってしまった。

やっぱり、現地の言葉は、多少でもかじってないとだめですね。


中国なら、ウォーアイ二―。
韓国なら、サランヘヨ。

だけ知ってれば大丈夫ぜよ!

なんて、威勢のいいお兄さん、お気をつけくだはれ。



あれ?日本語がへんになってきたぞ。
そっか、2日目の朝に乗ったタクシーの運ちゃん(女)が、
ミョーな関西弁(京都・大阪・広島入りまじり)で、
ずっと話しかけてきたせいだ。。。

いわく・・・お兄さんたち、「飲む・打つ・買う」せなんだら、
男やないやろ。だって!
(だれや、このおばさんにそんな日本語教えたの!笑)

う~ん、楽しいおばさんのせいで、
こちらの日本語もおかしくなってきてしまったか。。。


ただ、そのおばちゃんに教えてもらって行った、
サムゲタン(鳥料理)の店は正解だった。おいしかった。


う~ん、ソウルを制覇するには、まだまだだ。

でも、楽しかったから、よしとしよう!































テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

歌姫の思い出

ホイットニー・ヒューストンの突然の訃報。
まだ48才。
若すぎる死です。
ご冥福をお祈りします。


自分は、この人の歌の中では、
ダントツに、「saving all my love for you」が好きです、

そう、1985年のデビューアルバム「ホイットニー・ヒューストン」
の中の代表曲。

学生時代、大学の近くの喫茶店で、アルバイトしてました。
すごくきれいな奥さんとマスターの二人の店。

マスターは物静かな感じで、でもたまにふらっとサボりにいっちゃう、
よくパチンコとかに出かけちゃって、
すてきなマスターだった。

その間、その奥さんが、紙ナプキンを、
このアルバムを聴きながら三角に折ってた。
エプロンつけて、店の端っこでね。

その時、この「saving all my love for you」がよく流れてた。
きっと、この歌が一番好きだったんだろうって。

バイトで入ってはみたものの・・・

店は暇なときが続いて。。。

2カ月目に入ろうとした、ある日、
その奥さんから、「あのね、石原くんね・・ちょっとお話があるの・・」

って、言われなくたってわかってますって!

「はい、いえ、大丈夫です。バイト、他にもやってますし。
今まで、ありがとうございました!」

って、自分から言ったよ。
うん、すぐに辞めた。

池袋の西口。大学のすぐ近くの「茶房留(さぼーる)」って喫茶店だった。
おそらく、同じ名前の店では、神保町の店が有名ですが。


自分がその店のバイトを辞めて、卒業、就職して、
数年たったある日行ったら、もう無かった。

そんなに人気のある店でもなかったから、
友人に聞いても、その後のことは、なしのつぶて。

結構、そのあともネットで調べたりしたんだけどね。

でもね、なんでもネットで調べて出てくるよりも、
そのときの記憶のままで、
他になにもわからない・・・

ってのが、ひとつやふたつあってもいいかなって思う。

で、TVでニュースとともに、この曲がかかる。

そんなとき、また思いだしたりしてね。



あの頃の、あんな喫茶店の雰囲気も好きだった。
ホイットニー・ニューストンも、デビューした頃の、
この頃が好きだった。

さて、今日は、事務所の移転はまず完了。
一日遅れちゃったけど、明日は電話工事ほかもろもろ。

感傷に浸っている場合じゃないな。

心機一転、デビューの気持ちで頑張るか。









































テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

事務所移転

来週は、事務所の移転です。
最初に始めた会社のあった、古巣の神田に戻ります。

今より、少し広くなり、また、駅からも徒歩1分という好立地。

パーテーション設置、看板、備品の購入も一通り終わり、
いよいよあとは引っ越しです。

目の前の線路は、新幹線の高架があり、
その下は在来線の線路。
結構、新しめな電車も走り、目を楽しませてくれそうです。


電話、FAX、社内LAN・・・
まあ、きっと大変だろうなあ(笑)

4年ぶりの神田だ。

バレンタインの日の引っ越しを過ぎたら、
おニューの事務所で、快進撃の続きをしなくちゃな。

弾みをつけて、ド~ン!といくよ!凱旋だ。











テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

デフレ不況

デフレ不況・・・と言われて久しいです。

いつからなのか?

バブル崩壊の頃?
だとしたら、90年代初頭か。

自分が社会人になったのは、1988年。
バブル真っただ中だったのでしょう。
就職活動もロクにしない、ボンクラ学生に、
段ボール3箱分のDMならぬ会社案内の分厚い「本」が
たくさん送られてきたものです。

なんだか、見ず知らずの人(いや会社)に訳もわからぬ勧誘を
受けてるみたいで、ほとんど目を通さなかった。
で、小さな広告会社を多少回ったり・・・
で、結局は卒業間近まで就職を決めず、先輩からの誘いで、
ある会社に入社。
そこに10年いた。

たしかに、学生時代といえば、
新歓ドライブに始まり、マハラジャのパーティ券を「買わされ(笑)」、
友達と行ったり、
クリスマスパーティも、ディスコ貸切か、ホテルの立食。
(決してスポンサーがいた訳じゃないよ。全部自分らで払ってた)
そう、学生時代は、めちゃくちゃ金使って、その分めちゃくちゃバイトした。
で、なんとか、まわりの遊びについていった。
(ブルジュアの友人もたくさんいたから、それはそれで大変だった)



社会人になっても、バブルだったのでしょう。。
最初の年の、営業表彰式では、万札が乱れ飛んだ。
なんだかんだと理由をつけては、みな表彰されていき、
1万、2万、3万・・10万と、賞金をもらったもんでした。

そう、数年間はそんなのが続いた。
社員旅行も、数年は海外とかあった。

で・・・

いつのまにか、そんなのはなくなり、
あれ?今年は表彰式ないんだあ・・・って感じ。
社員旅行も・・いつの間にか無し??なの??って感じ。


ただね、毎朝、立ち食いそば食って、
夜は、安い居酒屋で飲んで、
たまに、女の子のいるとこで飲んで(たまにじゃなかったな)。
そんな生活の自分には、バブルなんて関係なかったんだよね。
今から思えば。


当時、不動産や株なんかに興味もなく、
そんなに、バブル崩壊って騒いでた印象はなかったな。
確かに、営業成績は、みな一様に下がった記憶はあるけれど。

今年の電機業界の決算。
かなり大変な状態になるみたい。

大手でも、T社とM社は黒字・・みたいでよかった。
(M社関連の会社にいたからさ)


最近は、クルマは売れない。
飲みにもいかない。
スキーもスノボも、流行ってないし、CMすらない。
海外旅行も・・ま、行く人はいくけどって感じだろうか。
雀荘・・・減ったね・・最近。
弁当を自分で作って持ってく男子もいるとかいないとか。
(若い頃は、ラーメン&チャーハンくらい、ドンと食わなきゃって思うけどね)


なんかね、イチローの活躍や、テニスの錦織くんの奮闘や、
バレーで頑張った女子高生のニュースがTOPニュースになってる状況。
ちょっと違和感を感じてしまうんだよね。

日本の経済もなにもかも、停滞してて、元気ないから、
そんなニュースがTOPに来ちゃう異常さ。
(彼らを否定しているわけじゃありません)





昨日、新宿(歌舞伎町)で、2年前に偶然入ったスナックの
ママから、もうすぐ閉店の連絡があった。
いろいろ事情はあると思うけど・・

デフレ不況の中で、自分で店を始めてチャレンジした。
すごくかっこよく感じたから、よく行かせてもらった。

すごくいい店だったから残念の一言。
またいつか再会できればうれしいのだけど。


財産や経験や人脈が万端整ってから、何かを始めるなんて、
なかなかできる人はいない。

有名人が副業でやってる店なんて、たぶん一生行かない。

自分で事業や商売を始める人でも、
会社の中で、チャレンジ精神あふれてやってく人でも、
魅力のある人との出会いがこれからもあればいいって思う。

一度や二度の失敗なんてなんのその。

「やってやる!」って気持ちは、そんなに簡単になくならないでしょ。
でも、その気持ちが無い人は、一生それで終わる。
それは、人それぞれ。
でもね、やっぱり、やれるヤツはやんなきゃだめだよね。

モノが売れない、デフレ不況。

いつか、ぶち壊さなきゃね、みんなで!


スティーブジョブスの名スピーチ。
「今日が最後の日なら、本当に君はそれをするのか」ってなの
聞いて、???って感じるよりも。。。

いずみたくシンガーズの「帰らざる日のために」の

「生きてることってなにさ、走ってゆくのはどこさ」
のほうが、ジンときてしまう・・今日はそんな気分だ。

子供の頃に聴いた歌。
でも、今、こんな歌、もう一度あってもいいと思う。


http://www.youtube.com/watch?v=xlxIbZ5h7W4&feature=related

「青春とはある期間ではなく、心の持ち方をいう」って、
ある人の言葉。

心の持ち方は、大事だ。






















































































テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

石原 勇一郎

Author:石原 勇一郎
仕事は楽しくパワフルに!お酒はもっと楽しく!歌はすごく楽しく!ビリージョエルとアイスコーヒーが大好きな全力IT社長のブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
13991位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
422位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
(株)アスページ IT技術者募集中!お気軽にお問い合わせ下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。