ゴキゲンでいよう!

最近、人の「機嫌をとる」なんてこともご無沙汰。

というか・・・
機嫌をとられなきゃいけないような人とは付き合わないようにしてるってほうが正しいかも。

機嫌をとる・・なんて、無駄なこと。
これは間違いない。
もし、自分が、「誰かの」機嫌をとることに、
一日のうちの数分でも時間をかけているとしたら、
そんなことはやめたほうがいい。

家族でも、恋人でも、会社の人でも。

人間だれでも、機嫌がいいとき、悪い時、
いろいろあるでしょう。

でも、他人のそんなこと、いちいち気にしてたら、
体(頭?)がいくつあっても足りません。

ほう、今日は、ゴキゲンななめなの?
了解、あさって会いましょう、でOK。


もし、誰かに、機嫌をとられてるって感じたら、
その瞬間に、一歩「終わり」に近づいているって思ったほうがいい。

だから、なるべく、いつも、ゴキゲンでいよう。

ゴキゲンな人には、ゴキゲンな人が寄ってくる。
不機嫌な人には、不機嫌な人がよってくる。



そうそう、昨日、新宿の紀伊国屋の店頭で、
「上から目線のひとの思考???」とかって本が
平積みであった。

手にしようとしたら、
カップルの男が、
「これって、どんな人が読むのかな?この本読んでどうするの?」
とかって、彼女に話してる。

って、なんだよ、ちょっと読もうとしたけど、
やめたよ。

ま、手にしたとしても、
買わなかったけどね。


上から目線の思考か・・・
たぶん、大事なのは、「水平目線」なんじゃないかって思う。

どんな相手とも、目線を水平に保てれば。
きっと、毎日がゴキゲンになるって思う。

たとえ、それが、飲み屋であった初対面の人でも。
通りすがりの人だったとしても。

お互いがゴキゲンになれることの第一歩が、それだと思う。

ま、なんというか、今日も週末の戯言ですが。。。


いつも、だいたい、ゴキゲンで。
そんでもって、「水平目線」のヤツって、
仕事もエイヤー!でやっちゃうし、
だいたい、モテるんだろうなあって思う。


さて、今週も、ゴキゲンな日々を過ごせるよう頑張ろう!





































スポンサーサイト

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

ようやく

一週間終わり。わりと余裕の週だったハズが、結構バタバタしてた。

仕事も飲みも。

「ほどほど」という言葉を軽く突き抜けてしまう日が続くと、やはり体によくないんだろうな。


ともかく、久々に、バタンきゅーだ。。

おやすみなさい☆

10年前の6倍・・・たまたまTVで

音量を消して、画面だけ流れてるTV。
今、ふとみたら。

うつ病の労災申請が10年前の6倍だって。
1181人が申請とかやってる。

これ、申請した人だから。
実際には、企業内だけで、その何十倍もいるんでしょうね。
うつ病と(いわれる)人。
申請前に辞めてく人のほうが圧倒的でしょ、きっと。

でも、ほんとは。

うつ病って、ぜいたく病だと思う。
金持ち、貧乏関係なくなるけれど。
生きるか死ぬかの世界に生きてたら、めったにならないでしょ。

ともあれ、自殺の多さ。
日本はそういった意味では、異常な国の最先端だ。


○○ヨットスクールとかに入れなんていわないよ。
だって、悩むことはその人の心の中のことだしね。
ヨットから落ちて溺れて治るとは思わない。



問題は、うつなどの精神病の薬剤の売上の急上昇と比例して、
自殺者の数が急増してるってこと。

結局、個人の悩みが、精神科の医者にかかると、
結局は悪化してしまい、最悪の結果になる可能性があるってこと。

詳細を知りたい人は、数字を調べてみればわかるよ。
(もちろん、全部じゃありません。が、それが実態です)

個人の悩みだから、個人で解決が一番だけど。
もし、それができないなら・・・
ま、誰かとっつかまえて、話を聞いてもらうのが一番かも。

学生なら、同期とか、先輩とか。
いや、後輩でもいい。
社会人でも同様。
家族に相談するのもありかもね。
飲み屋のマスター(ママ)でもいいじゃん。


人は、ひとつのことが気になりだすと、
あれも、これもって、連鎖的に悪いほうに考えてしまう傾向がありますね。

でも、それはそれ、これはこれ。
昨日が悪けりゃ、明日は良くなるって思わないと。



そういえば、自分なんて。
もう、何十年も、悩みを人に相談したことなんてないな。
いや、ほんと。

ずいぶん、ノー天気なヤツだって?
そう、おめでたいヤツかもしれません。



でも・・・

明日晴れるかな、雨かな・・なんて念仏唱えてる暇あったら・・

晴れたらこうしよう!雨ならこうしよう!って思えばいいだけ。

まあ、でも、おめでたくないヤツよりは、
おめでたいやつのほうが好きだな。

しんき臭い顔は、たまにはいいけど。
普段は、何があっても大丈夫!ってなるくらいハートを鍛えよう。


そうそう、子供の頃からの不思議。
お正月にでる、鯛。

元旦って、そんなに偉いのか?って思ってた。
毎年みる鯛に(普段みなかったからね・笑)、
おまえ、何さまだよって思ってた。
年に一回でてきよってからに・・・ってね。

別に、1月10日に鯛食ったっていいんじゃないの?
ま、いつだっていいんだ。そんなもん。
(正直、魚の味もあんまりわかんないから、
祝い箸で、一口程度食べるだけ。たいしてうまい魚とも思わない。
ってか、鯛が大好きなんて人少ないでしょ、きっと・・)
そ、はっきりいって、鯛なんか、大した魚じゃないんだよ。

そう、祝日だから祝うんじゃなくて、
うれしいから祝うってのがほんとでしょ?

暦で祝日だからって、祝うなんてナンセンス!

・・・ってくらい。ま、例えばの話。


総じて、あんまり、常識とかなんかに縛られちゃいすぎちゃうとさ。
悩みが増えちゃうんじゃないかな。

あ~、自分はだめだ~とかいう前に、
お、すげ~、おれここまでできるよ!って思わなきゃ。
やりたいようにやってるんだから、
結果なんて二の次さ~ってね。

みんなが思ってくれればいいんだけどね。




ただ、IT系、特に、うつとか多いんだよね。
業種のせいだとは思いたくないけれど・・・
原因は探らなきゃいけないね。

う~ん、この問題は、なんとかせないかんな~。




関係ないけど、
ブログのランキングで、社長ブログのカテゴリー。
またまたちょっと前に1000位とかだったのに、
20位くらいになっちゃったよ。

なにやら、ブログランキングを「ポチ!」すると、
順位あがるらしい。
(してね!ってブログ多いけど、うざい)

ブログで商売の話とか金儲けの話をしてもね。
チョーつまらないでしょ。
アクセス増えたとかなんとか、読みたい人が読めばいいだけ。
しょせん、ブログなんてそんなもんでしょ。
読んでもらった上に、ボタン押せだなんて、おこがましい。
(ま、ここまで順位が適当なのって、
運営業者の気まぐれで変えてんだろうけどね~)

ま、どうででもいいやね~。




秋の夜長。

こんな歌でも聴いて、なんとなく いー気分で過ごしてもいいかも。

ジョージ・ベンソンの曲の中で、
一番好きな曲。

「Feel like making love」

http://www.youtube.com/watch?v=h9oa1qjLBj0&feature=related


すげー、長文。
失礼しましたー。
























































テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

最近、季節を感じてますか?

最近、思うこと。
気象の変化もはなはだしい(今日も25度だって!)けれど。。。

CMでも、季節感のあるCMとかが無くなってきた気がする。

そう、例年なら、冬のスポーツ用品やら、
鉄道会社の季節感あふれるCMやらが、ない。

これは、おそらく、ここ数年の傾向なのかも。

まあ、ウィンタースポーツ人口も、年々減少。
スケートに関しては、よく放送はしてるけど・・・
実際にやりにいく人は少ないんじゃないかな。

日本人から、季節感というのが無くなりつつあるのかもしれない。

秋なんだもん、ロマンティックに、なんなきゃ!
なんて、昔は思ったものだけど。


なんだろう?この最近の感じ。雰囲気は。

自分は、スポーツでは今でもテニスが一番好きだけど。
冬は、スキーもよくいきました。
(スキー場で流れてる音楽とか、いいんだよね。なんか。)
夏は、ゼッタイ泳ぎに行くし。(今でも年一回は海にいく)

秋は、そうですね。
紅葉した街路樹の落ち葉を、シャキシャキ踏むのもいい感じ。
(冬の霜柱を踏むみたいにね・・あれ、子供は好き?ですよね)


これから、ネットがもっと国際化してきたら・・
そうだね、季節の話題なんかで始まる挨拶はなくなってくるかもね。


国際化かといえば、どうやら、ドイツの人工衛星の落下は、日本にはなかったけれど。
地球の周りには、2万個もの、使用済みの衛星が回っているらしい。
宇宙ゴミとかいってたけど・・・
とりあえず、期間終了したら、自爆装置とか(大気圏で燃え尽きる程度まで機体をくだく)
そんくらいつけとけよ!って思う。
2万個も打ち上げておいて、
今頃、お掃除衛星を考えましたとか、ないでしょ。


ちょっと、話がそれたけど。
季節感もなくなったら、ホントに毎日同じ一日になっちゃうって。
それは、ちょっとさびしいな。


春の歌、夏の歌、秋の歌、冬の歌。
それぞれ、好きな歌(思い出の歌)をあげて!っていわれて・・・

どれも思い浮かばないですう・・

なんて、つまんない人、増えてきそう。

これから、秋・冬。

冬だから風邪を引けとは言わないけれど、
「夏風邪はバカが引く」とかって言葉が、
まだ生きてるような、そんくらいの季節感はあり続けてほしいな。



























テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

ホットな話

昼休み、時間の無いときは、
小○そばという立ち食いで済ませる(持ち帰りが多いけど)
んだけど。

今日は、さっき店で食べた。

やはり、昼時、店員さんも4人もいた。

で、前のお客が、きつねを頼んだのに、たぬきが出てきて、
文句を言った。
「違うよ、きつねだろ、きつね」って。

まだ慣れない店員さんが、
「すみませんでした」って、謝ってる。

ちょっとかわいそう。

で、自分は、冷たいたぬきを頼んだだけど、
暖かいたぬきが出てきた。

「あ、おれ、冷たいの頼んだよね」

さっきの店員さん

「あ、すみません・・・」

って、また謝った。

まわりの店員は、またかよ~って、目でみてる。


でもね、その店員さんは、
注文受けたときに、ちゃんと、冷たいたぬきひとつ、って
オーダーしてた。

自分は、はっきり聞いてたから、ほかの店員に言ってやった。

「あのさ、この店員さんは、ちゃんと、冷たいたぬき、って、
いってたよ!」って。


で、中の男(店長?)が、その新人店員さんに謝ってた。



自分は別に、オーダー間違えたくらいで、怒ったりしません。

でも、ちゃんとしたのに、また間違えたのか!なんて、
目で見られてる店員さんを見過ごすわけにはいきません。

そこは、しっかり、言ってやんなきゃ。


帰りに、店長に、「すみませんでした」って言われた。


ほんの5分くらいの出来事だったけど・・・


言ってやんなきゃいけないときは、言わなきゃね。

誰が間違えたのか、あやふやで、誰かのせいにするなんてのは、
ダメでしょ。

この店の店員さんたち、みないい人ばかりだから。

また、よろしくです!














テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

国で「くくっちゃう」間違い。

今日は、4年ぶりに、中国人の社長に会いました。

実は、彼が、日本でまだフリーランスで技術者をしていた頃、
(10年くらい前)
に、仕事をしてもらってたころからの付き合い。

で、たまたま、先日のITの懇親会で、
その会社の営業の女性と会ったので、
久しぶりに電話をしたら、すぐに会いに来てくれた。
その営業の女性とともに。

で、いろいろ話をしていたら、
今は、日本の会社では役員ではあるけど、
拠点を中国において新会社を設立。

ますます、活躍しているとの事。
中国の会社で、資本金2億円!

なんてこった。

会社のパンフをみたら、どこぞの大企業のような社屋。

やったね!すごいね!
しか、言葉が出ない。

「また、機会があったら、一緒にビジネスしましょう」

って、彼は言ってくれたけど。
こちらこそ、よろしくって感じ。



最近、2chしかり、その他の掲示板しかり、TVの討論番組しかり。

この国とは付き合いたくない!とか、
日本製が一番、日本が一番とかいうやつ多いけどね。

誰かのコピーで、その国の国民がいるわけじゃないしね。

やっぱり、個人個人を国際的にも選別する目、
が必要だって思う。

やっぱり、大事なのは、ハートでしょ。
文化の違いは当たり前。
でも、ハートは、国籍関係なく、
付き合えるヤツとは付き合える。


たとえば、
「私、上海行ったの~。おいしいお食事して、
かわいい服買って、夜景みて、クラブ行ってね~・・etc」

なんて、きれいなとこだけ観光して、
物知り顔で話す日本人をみると、終わったなって感じ。

上海の裏通りを歩いて、汚いアパートから、洗濯物の水がポタポタ落ちて、
その通路の脇には、鮮度の悪そうな魚が、地面に並べられてたり、
そんな、影の部分も知って、いや、知ろうとしなくちゃいけない。

空港で、親切にかばんを持ってくれる職員もどきに、
はいはい、ありがとうなんて、持たせちゃダメ。
しっかり、最後に料金請求されてるし。
(一緒に中国いったときの同行した中国初心者の話)
やめとけって言ったんだけどね。
持たせちゃったらしょうがない。


どの国だって、汚い部分はあるし、悪いヤツはいる。
でも、それは部分的にの話。

きれいなとこだけみてもだめだし、
汚いとこだけみてもだめ。
見ようとしないのは、もっとだめ。


ワールドワイドに付き合えるだけの語学はないとしても、
ハートはワールドワイドでいきたいね。

日本、日本人は好きだけど、
「お前はだめ」って、外国人に言われないように。

「お前となら!」って思われたいし、
思いたい。


・・・・って、16時のアポのやつ、
とうとう来ないよ。

「お前、だめ!」って、言われちゃうぞ!(笑)






































テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

やるっきゃない!

その昔、自分が電機業界にいたころ。
そう、入社1年目の朝の営業会議は、こんな感じでした。。。


課長「で、どうなんだ?みんな。どうやって数字(売上数字)を作るのさ?」

一同・・・しばし沈黙。

(だって、そうだよね~。もう締めの間近になって、いいアイデアなんか
浮かばないものだよね)

と、そこに、一人発言。

コマ○さん「そりゃね、もう、やるっきゃないでしょ。やるっきゃ。」

セキ○さん 「そうそう、やるっきゃないでしょ、そうだよ、やるっきゃない。」

(おい、おい、なんだよ、この会議。へんな具合になってきたぞ・・)

課長「コセ○。君はどう思うんだ?」

コセ○先輩「え~と、ですね。。それは、やっぱり、やるっきゃないと思います。」

(どひゃー、オウムかよ、おいおい)

課長「ミサ○くんは、どう思うんだ?」

(おい、まさか、やめてくれよ・・・あのセリフ)

ミサ○先輩「はい、やるっきゃないです。やるっきゃ。」

(なんだよ、これ会議か???ありえへん展開)

で、しばしまた沈黙。
なかには、ふんふんって、自分でうなずきながら、妙に感心しちゃってる人も。。

で、

課長「そうだな、で、そういうことで、やるっきゃないってことだ。」

って、会議終了しちゃったよ。

(ぎょ~~~!会議終わりかよ!なんなんだこの人たち!!!マジで~~)


自分は、入りたてだったので、まだ自分の営業数字をもっていませんでした。
なので、会議での発言もなにもなかったけれど。

最初の営業会議がそれでした。
なんか、すごく不思議な感じの会議でした。

で、あとから。。ミサ○先輩に・・・

自分「ミサ○先輩、今朝の会議って、あれ、なんか面白い会議でしたね~。
 あれ、会議じゃないですよね~、笑っちゃいましたよ~」

すると、自分の頭をパコ~んとはたいて、
ミサ○先輩「ばかやろ、俺だって可笑しかったよ。でも、あの流れじゃ、
      やるっきゃないって言うしかないだろ、あはは」って。


今思えばね。
なんか、とてもほのぼのしてた時代だったなあ~って思う。

でも、なんだかんだいって、みんな仲良かった。
やる時はやるぞ~!って、飲む時も飲むぞ~って。

で、何年たっても、記憶から消えないような、
そんな可笑しな会議やらいろいろが今でも大切な思い出。


で、思うんだけど。

やるっきゃない!  って言葉。

けっこう、いい言葉なんじゃないかと。

ともかく、やんなきゃいけない!って時には、
その言葉が一番合うかも。

そう、そんな言葉を使う時は、
一生に一度?一年に一度?月に一度?

それとも、今がその時?

だとしたら、

やっぱり、

やるっきゃない!でしょ。



(補足) 会議の話はフィクションではありません。
     登場人物の氏名も○以外はその名前です。








































テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

500分の1ってあり?

先週のITの交流会。
渋谷でやったんだけれど、
MAX500名集まるとかいってて・・・
で、実際も、そんくらいいたかも。

会場に入ってからも、もみくちゃ。
おいおい、いい加減にせーよ、って思いつつ、
ようやく、居場所をキープ。

もちろん、立食なのだけれど、
そのとき、ふいに、横から声をかけられた。
「石原さん?ですよね・・」
ん?って思って、そちらを見ると・・・
数秒間、記憶を遡り・・・
「あっ、○○さんじゃないですか!」

と、昔、仕事を請け負ってもらった技術者がそこに。

「あのさー、今日って、社長とかばかりなんだけどさ、
なんでここに来てんの~?(ちょっとフィクション)」

「今、社長やってんですよ」(と、名刺を渡された)

あれ?ほんとだ。

「すっごいね~!自分で会社やってんだ~!」って。


実は彼、技術者で現場に出てた頃は、
物静かな男で、(ちょっと、おとなしすぎんじゃないの~??)って、
感じだった。

そんな彼が、自分で会社作ったってのにまず、驚いた。
でもって、500人もいるのに、最初に着いた場所で、横にいたことにさらにびっくり。

こんな自分が社長やってんだから、
やる気になれば、誰だって社長なんてできるって思っています。ほんとに。

でもね、やっぱり、昔の仲間で、
しかも、比較的おとなしめな技術者が社長やってるだなんて・・・
自分のことより、彼のことがうれしかったです。


今や、ITにかかわらず、企業は、いや社会が戦国時代。
上場企業でも年間10件。
企業全体では一万件の会社が倒産する時代。

上場企業って、従業員の数が半端ないから、
実際の従業員規模では、相当数になると思う。

また、倒産の前に、吸収合併だの、
子会社化だの、
そんなもんいれたら、いくつの会社が無くなってるか・・・
それこそ、生き残るのは至難の業。


だからこそ、そんな「自分でやる」ってのを選択した、
「彼」と、奇跡的に再会できたことがうれしくて仕方ない。

会社を興すのは、やらざるを得なくてやる場合と、
狙ってやる場合がある。

自分の場合は、どちらかというと前者。

彼は、どっちだったんだろう?
ふと、そんなことが脳裏をよぎった。。。

でも、ね。

そんなことは、エブリシングOK。
どっちでもいいことさ。

彼のHPをみたら、まだ設立間もない。

ってことは、可能性は120%以上ある。

近々、来社してくれるらしい。
そんときには、いろんな話をしたいな。


会社で力を発揮するのもよし。
個人事業でやるのもよし。
エイヤー!で会社作っちゃうのもよし。
基本的に全部OKさ。

自分に正直に生きるのなら、自然とどれかにあてはまる。

そこが、ほんとのスタートラインでしょう。きっと。



自分の場合、途中でだいぶ道草を食ってしまったんだけれど。
その、道草食ってるときも、一生懸命やったつもり。
だから、今、生きてられる。


最近、こんなことを思った。
人は、生まれたときと、死ぬときだけだったら、
フィフティ・フィフティ。イーブンだ。

でも、死ぬときに、「おれの人生は、大幅にマイナスだったなあ」ってのは、
ごめんこうむりたい。
他人が何と言おうと、「けっこう、プラスの人生だったんじゃないかな」
って、思いたいと。

それは、金儲けしたとか、おいしいもん食べたとか、子だくさんでうれしいとか、
世界中を旅行して楽しんだとかでなくて。

やりたいようにやった期間が、どんだけあったかってことだと思う。

ま、能書きはこのへんで。。。

やりたいことをやるってのは、
人との、いい出会いが重要なポイント。

「彼」との久々の話が楽しみです。















































テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

Rock with you

今週も、交流会とかいろいろ、
いろんな人に会いました。

飲みすぎも多々。反省。

で、久々に土曜の深夜に、
なつかしい マイケル・ジャクソンのDVDなんかみたりしてる。

「THIS IS IT」ではなく
「ONES」のほう。

そう、全盛期のビデオクリップ集。

そんな中で、やっぱり、一番好きな
「Rock With You」

歌詞はすごくシンプルなんだけど。

なんか、この曲、たまに聴きたくなる。
リピートで聴きたくなる。
でもって、歌いたくなるし、歌う。
(今週も、歌ってしまった・・・)

この頃までのマイケルのダンスなら、
田原の俊ちゃんも、追いつけたんだけどね~。

この歌を出した後のマイケルのダンスは、
尋常じゃなかったですからね。


でも、整形もしてなく、
美白(以上か?)で、別人のようになってしまったマイケルより、
このころのほうが、魅力あった気がするな。


人は、年を経ると変わるけれど。
あの頃、その頃がよかったって、
そんな時があるよね。

マイケルのような有名人でなくとも。

普通の人だって、他人にはそう思われることが多いと思う。

あの頃はね、あの人よかったんだけどね、って感じに。


でもね、これはたぶん、年齢とかじゃなくて、
その人と、その時に、どんな関わり方をしたかで決まってくることだと思う。

その時が最高だと思ったなら、きっとその時が最高。
今が最高だと思えば、今が最高。

人との関わり方は難しいですね。


でも、この曲でマイケルが歌ってるのは・・・


 君とRockしたいんだ (一晩中)
 君と一日Danceしたい (日の光の下で)
 君とRockしたいんだよ (一晩中)
 夜通しRockし続けよう

 この楽しいひと時が消え去ったとしても
 わかるだろう? 愛は残るんだ
 僕らはずっとRockしつづける



そう、今が最高!朝まで踊るぞ!ってだけじゃなく。
それが終わったとしても、
まだ「何か」が残ってる。
そのあとも、続くんだぜ!
って、ことが大事なのかも。


そろそろ、DVDのリピートも10回を越えました(笑)。


誰と、Rock With You するかは別にして。

こんな、グルーヴ感のあるような、
そんな感じで生きたいな。


あっ、ここで、ダイエットの中間報告。
とりあえず、1カ月半で、4キロ落としました。
人間、やればできる!ってか。




・・・さて、あと10回は、踊りながら聴くとしよう。


でも・・・あんなふうに・・・足・・あがんないんだよね~。。。



















































スティーブ・ジョブズ

今日は、小沢一郎の初公判もあったけれど、
スティーブ・ジョブズ氏の死去のニュースも印象深かった。

個人的には、アップル社の製品で買ったのは、
i-podだけでした。

それも、あまり使わなかったので、友人にあげてしまった。
それは、おそらく、毎日音楽を聴きたい世代からは、
だいぶ離れた年齢のなってしまったからかもしれない。

あとは、i-tuneという、PCとの連携がちょいと面倒だったてのもある。

とはいえ、一応アップルのユーザーにいっときでもなったわけだ。

なんで、このニュースが印象深かったのか?
なんとなく、考えてみた。

別に、i-mac,i-phoneなどが、優れた製品で、
世界中に爆発的にヒットしたってことが理由ではない気がする。

もちろん、才能のある立派な人だっては思うけどね。

やっぱり、スタートが、自宅のガレージで始めたってとこ。
そこが、魅力だ。

ネットワーク機器で、世界的なシェアを誇る、Cisco社も、
元々は、ガレージから始まった。

もっと言えば、楽天の三木谷社長も、最初はアパート(マンション?)の一室から。

彼らが、アラブの大富豪の息子から出発したのなら、
そんなに気にもしなかったんじゃないか。

おそらく、同様なチャレンジをした人は、世界中にたくさんいる。
彼らは、その中の、ほんの一握りの才能と運に恵まれた人かもしれない。


世界中の人々の、「ライフスタイルを変える」なんてことは、
それこそ、100年に一人成し遂げられるかどうかのことかもしれません。

ただ、なんか、情熱というか、熱いものだけは持っていたいな。
飛びぬけた才能がないにしたって、
少なくとも、自分の周りの「温度」をあげることくらいはしたい。
そうすれば、きっと、どこかで「沸騰」して、
もしかしたら、もっと大きなことができるかもしれない。


若くして亡くなった彼から学ぶとしたら、
「空想」でもいい。
それさえ、考えなくなったら、未来はないよ、ということかもしれない。
「空想」と「情熱」は持てるかな。

「才能」の部分は、神のみぞ知る。


なんてこと、思った。









































プロフィール

石原 勇一郎

Author:石原 勇一郎
仕事は楽しくパワフルに!お酒はもっと楽しく!歌はすごく楽しく!ビリージョエルとアイスコーヒーが大好きな全力IT社長のブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
15446位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
484位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
(株)アスページ IT技術者募集中!お気軽にお問い合わせ下さい。