ベリーダンスみてきました

昨日の土曜日は、知り合いのお誘いで、
原宿で飲み会に参加してきました。

仕事つながりで、前にうちで、仕事していただいた方と、
そのまた友人関係。
職業も雑多な15人くらいの飲み会でした。
(女子が圧倒的に多かった)

ちょくちょく誘ってもらってたんですが、
みんなに会うのは久しぶり。
年もわりと近いし、穏やかで、居心地のよい仲間です。

で、今回は、ベリーダンスのショーもあるよ~、
と言われていたんですが、
自分の中では、すっかり勘違い。

う~ん、あの、火のついた棒を、腰を曲げて通っていくやつかあ、
中華居酒屋で、そんなのできんのかな??
たぶん、客席の人の参加もあるだろうから、
誘われたら、いっちょ、あの棒をくぐってみるか!


って、アホですね、

それ、リンボーダンスでした(汗)。
あ~勘違い。


ショータイムでは、なにやらシルクロード風な衣装を着た美女2名が、
交互にセクシー?なダンスをしてくれました。


ショーのあとは、その店で、ほかのお客さんに交じって、
その美女も食事してました。

帰り際に、挨拶する時間があったので、
ご挨拶。

「またこの店で、ショーやるときは、120%きますから!」

はあ、また調子のいいことを言ってしまった。


結局、19時から23時30分くらいまでいました。

技術者の仲間とは、仕事の話や近況報告、
あとは、いろんなおしゃべり。


なんだかんだ、みんなたくましく生きてるなあ、って思った。
というか、女性のほうが、たくましいって、
またまた思わされました。


まだ、数回しか行ったことはないのですが、
原宿の竹下通りを進んで、一本左の裏通り。

「上海ダイニング 茶々苑 原宿本店」というお店。

店員さんも感じいいです。

ああいう店を選ぶのも、幹事のセンスなんだろうなあ。

原宿なんて、ふだん行かないけど、
「そのために」年に何回かいく・・・
ってお店があるのも、楽しいものですね。



























スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

ちょっとしたことで

ラグビーでいえば、ノックオン?
サッカーなら、オウンゴール?
なんのことかといえば、ツイッター。

女性大臣、タレント、俳優、よくも次から次に、炎上だぁ、なんだかんだと話題になるものです。

右よりのことを言えば、左よりの反論くるの当たり前。
発信側は実名、叩く側は匿名かつ大量。

まぁ、発信側が負けちゃうのは、明らかです。

ツイッターなんて、近所のおばさん(おじさん)の井戸端会議くらいに思えないのかね、みんな。

つぶやきの反論に、大きな代償を払うなんて、アホらしい。
世の中、殺伐としちゃうよなぁ。

でも、これは日本だけの現象じゃないよね、きっと。

言い出しっぺが得する社会にならないと、世の中明るくなりません。きっと。

ちょっとした一言、気をつけなきゃっ、もあるけれど。

バッシングにエネルギー使う烏合の衆よりは、発言力あるやつのほうが好きだな。

中身は別にしてね!

ぴあ 最終号か・・

タウン・レジャー情報誌の雄。
ぴあが、本日最終号のようです。

自分が中学、高校のころ、
担任の先生が、ぴあやシティーロード(一時期のライバル誌)を
小脇にかかえているのをみて、
妙に格好いいなあ、って思ったものです。

当然、自分もよく買いました。ぴあ。

実際には、ぴあをみて、映画やコンサートに行く機会というのは、
それほど多くなかったけれど。

最新の映画情報、その批評を読むのも楽しかったし、
当時テニス部だったんで、プロの試合予定をチェックしたり。
社会人になったら、コンサート情報みて、出かけたり。
また、ぴあを買ってもどこもいかない時期もありましたが、
それはそれで楽しかった。
そう、行った気分になる・・というか、ちょっとしたワクワク感があった。
いまでは、旅行雑誌を買ってそう思ってしまうように。


大人になってからは、ぴあが学生起業のはしりってことも、
気になってました。
学生同士で作ったミニコミ誌から、あんなふうにデカくなっちゃうんだ。。
と、感心したりもしてた。
同じ学生起業でも、リクルートよりは、
ちょっとした、遊び心がそのまま会社になっちゃったみたいな感じも
好きだった。

今のようなネット社会でないので、
情報源としては、とても貴重でした。

文芸映画からロマンポルノ。
書籍からコンサート、スポーツまで。
とにかく、ぎっしり情報がつまってた。

今、ネットで、検索してピンポイントで、
情報を探すのとは、対極かもしれない。
だって、ちょっとページをめくれば、雑多な情報が、
いやでも目に飛び込んできちゃうから。

自分に興味のあるものを探すには、
ネットは大変便利なのだけど、
こと、情報に関しては、雑食性も必要じゃないかって思います。

新聞や雑誌、ネットのニュースサイトなどで、つまみ食いもいいけれど、
はじからはじまで、ざざっと目を通すのも、
知識の幅を広げるには、大事かも。
興味のあるニュースは、複数調べて比較することも。

なんて、偉そうに書いてますが、
なんにも興味がわかないってよりは、
なんにでも興味があるって人の方が、
楽しい生き方ができるような気がする。


ぴあの廃刊。
いわゆる本家の情報誌としては、
もう役割を終えたということなのか。

紙面構成、情報量、どれをとっても、
○○ウォーカーのような、最近の情報誌とは
格が違っていただけに、
とても残念です。


最近は、電車でマンガや週刊誌を読む人も、めっきり見なくなった。
みんな、どこで読んでんだろう?
雑誌なんて、移動中とかに読むものと思ってましたが。。。


デジタル化の波が、やっぱりね。
携帯、スマホ、電子ブックの台頭で、
出版業界、書店は、ますます大変だ。



なんか、読みたいけど、時間つぶしたいけど、
文庫本買うってのはなあ・・・
ってときの、一冊。
そんなときの、ぴあだったけれど。

きっと、あとから、その存在感の再評価がされることでしょう。


































テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

Fly me to the moon(in other words)

「Fly me to the moon」という有名な曲、元々は「in other words」
とうタイトルだったようです。

1950年代にアメリカで生まれた曲ですが、
60年近くたつ今でも、色あせない名曲ですね。

ジャズ、ボサノバ、いろんなアレンジがあり、
いろんな人が歌っています。

in other words・・・

教科書的な翻訳なら、「言い換えると」という訳でしょうが。。。

そこはそれ。
ニュアンスがあって、日本語の歌詞だって、「言・い・か・え・ると」
なんて、歌詞は使いませんよね。

曲を聞いてもらえばわかりますが、
女性が男性に歌う歌のようです。

ロマンティックなタイトル、シンプルだけどおしゃれな歌詞、
そしてやっぱりこのメロディラインは、
忘れられない。




月まで、飛んで連れてってね。
星の間で遊びたいわ

木星と金星の春をみせてね

「わかるでしょ(わからない?)」

手をつないでってことよ

「もっと言えばね」

キスしてほしいってことなの



私の心を歌でいっぱいにしてね
欲しいのはあなただけ

「だからね」

誠実でいてね

「つまりね」

あなたが好きなの


※ 「  」の部分が、 in other words の訳です



連休の夜に、何を書いてるのかって?
まあ、この歌を聞いて、ふと思ったので。


この、「Fly me to the moon」という曲も
大好きだからですが、

in other words という言葉も、大事じゃないかなって思いました。


言い換えると・・・

だからね

つまりね

もっと言えばね

わかるでしょ?


いろんな言い方はあるけれど、
難しいことを言ってしまって、相手がわからないとき(逆もあり)。
これって、仕事の時に多いと思います。
専門家の話って、難しいでしょ。
ほんとに、デキる専門家は、きっと、この、
in other words をうまく使ってると思う。

営業同士なら、「簡単にいいますと・・」ってフレーズに近いかな?

そうそう、今、伝票入力の業務も行ってますけど、
読みのわからない、難しい漢字を変換するときには、
その漢字の入った熟語をどれだけ知ってるかで、
入力スピードが違ってくるんですよね。
漢字単体だと変換に時間かかるけど、
熟語ならほぼ数秒で探せる。
国語力(漢字力?)が、試されちゃうんですよね。余談ですけど。


オリジナルをフランク・シナトラがカバー(ボサノバ調で)して
発表したのが、1960年代。
歌がヒットした背景には、
そのころ始まった、アポロ計画などがあったようです

この「私を月に連れてって」という歌は、当時の人たちの
あこがれや期待がこめられてたのかもしれないですね。



アポロから、もう50年。
自分や周りの友人で、残念ながらまだ月にいった人はいません。

そのうちに、実現するんでしょうか。。。
ヨーロッパ旅行並の金額でいけるようになったりしたら・・・

男性諸君は、大変だあ。

だって、女の子に、「私を月に連れてって」なんて、
言われたら、連れてかなきゃなんなくなっちゃう!?(笑)



月面旅行が一般に実現した時代に、
この名曲を、人々はどんな風に思うのかな。

なんとなく、ロマンチックさが無くなってしまいそうで、
自分はちょっとさびしいな。


グラス片手に、想いをはせるような、
そんな歌で、あり続けてほしいな。。。

ってか、多分、その月面旅行会社のCMで、
毎日流されることは間違いないな。

ま、それはそれで、アリか。
きっと、何回聴いてもあきることはないでしょうから。



いろんな歌手のバージョンがあるけれど、
一番、リラックスして、心地よいのは、
実は、エヴァンゲリオンのエンディングバージョンかも(オタクじゃないよ)。

興味のある方は、
お時間あるときに、聴き比べてみてはどうでしょう。。。

































  
















IT事件簿 創世編 その3(暑い夏に寒い話)

毎日、ほんとに暑い日が続いてます。
少しは、ひんやりするような話をということで、
IT事件簿 その3です。


IT業界に転職して、2年ちょっと。
順調に社員も増えてましたし、
まだまだITは好況の波の中にいました。

でも、なぜか、当時の会社は、業績もよくなく、
長期スランプの状況になりました。

当時の上司は、社長の元直属の部下だったようですが、
うまくいかない状態の会社に見切りをつけ、
会社を去っていきました。

残った営業は、自分ほか2名。

スポーツ新聞しか読まない社長と、
お茶一杯飲むのに、1時間くらいかかりそうな、
これまた、昔の社長の部下のおじいさん。
そうそう、いつの間にか社長の弟まで、入社してきた。
あいつ、何やってたかな?営業じゃなくて事務?忘れた。

もう、会社が回らないといった状況の中で、
営業3名、自主的に給与引き下げを社長に提案し、
実施しました(もちろん社長も)。

もちろん、営業2名は、いやな顔。

でも、仕方ない。
頑張って取り返そう!

とか、いろいろ、カンフル剤も打ちましたが、
結果はついてきませんでした。

ほんと、それこそ、いろいろやった。

そのうちね、
なんか、社長と、営業の一人。
まあ、そいつは、社長の息子だったんですけどね。

二人で、悪だくみ始めちゃいました。

簡単に言うと、自分を追い出す算段と、
あと、辞めさせる技術者のリストなんか作り始めてね。
(おまえ、そういうことにExcel使うんじゃねーよ)

まあ、自分はいいんです。
当時の営業では、一番上(数カ月でしたけどね)でしたし。

ただね、息子が、辞めさせるリストを作って、
ニヤニヤしながら自分に見せたときは、さすがに、
大声で、どなりましたね。

おまえ、何考えてんだ!って。

やることやんないで、そんなもん作る暇あったら、
営業してこい!ってね。

その頃になったら、もう、どうしようもなかったですね。
ある日、出社したら、おれの席に、見知らぬ女が座ってる。

「あ、そこ、おれの席だけど、誰?あなた?」

その息子の嫁さんが、会社来てるんだよね。
経費もないのに、、なぜかバイトで雇うだと。

「いいから、そこどけ」って、やさしく?言ったけど。

資金繰りで、社長と、いろんなとこを回ったりして、
最後に走りまわってたとき、まさにその最中に・・・

時間あるか?って、喫茶店。

「今週で、辞めてもらえるか?」

「あ?何言ってんのあんた?」

もう、そこはため口ですね。完全に。

「今週って、、あんた、常識もないのか?ふざけんなっ」てね。
結局、数週間後(退職のあいさつ回りをして)辞めました。

こちらも、動きはわかってたんで、
自分で、会社起こすしかないなあって、多少準備はしてました。


ただ、最終的には、最後の社長の言葉で、決めようと思ってました。

一緒に頑張ろう!って言葉なら、会社設立せず、もう一度頑張ろうかって。

今週でクビだから、って言葉で、完全に終わりましたね。

まあ、マンガのセリフなら、
「おまえはすでに死んでいる」ってとこでしょう。
あっ、こちらでなく、相手がですよ。

そんなんじゃ、生きてけないよ、あんた、この先って思った。


まあ、なんだかんだありました。



武士の情け。
自分が辞めるに至った経緯などについては、
仲のよかった経理の女性(入社時お茶いれてくれた、一日だけ先輩のコ)にも、
詳細は話しませんでした。

おかげで、そのコには、しばらく無視されましたね。

私だけ置いて、辞めちゃうの?って。
(あとで、仲直りしましたけど)

飛ぶ鳥あとを濁さず・・・で、いいかと。
全部話ちゃったら、あとでまた会社混乱しちゃうって思ったしね。




で、結局、その会社を退職後、
会社を設立しました。
(前の会社からの執拗ないやがらせもありました・・しつけーヤツらだなあ)


ともあれ、初めての転職では、
非常に貴重な体験をさせてもらいました。

実際には、そこからがまた大変でしたけど。

解雇無しの会社というのが、自分が会社設立当時からのスタンスで、
それだけは、今でも続けています。

反面教師に払った代償は、結局自分のクビでした。


って、ちょっとはひんやりしたかしら?

みなさんは、経験しちゃいけませんよ!
こんな話は、聞くだけで十分なんだから、ほんとはね。



・・・IT事件簿 創世編 完


































夏を制するものは

よく言われるけど、
「夏を制するものは」ってありますね。

個人的には、どこか南の島で、
あまり、人のいない砂浜で、
泳いで、日光浴の繰り返しでもしたいけどね~。

誰が言い出したのか。
受験産業?か。


暑くてぐったり、
食欲も落ちてしまうよりは。

暑さサイコー!
太陽光パネルのように、
元気にいきましょう!


そういえば、嵐の番組で、
夏のバーの楽しみ方って、やってたな。

なんでも、夏にオススメのカクテルは、
「モヒート」らしい。
たしかに、ミントの葉がたっぷりの、
さわやかなカクテルです。
もともと、海賊が考案したカクテルなんだってね。
なんだ、ジャックスパロウじゃないか。


たぶん、夏をさわやかに仕事できるやつって、
格好良く見えると思う。
「制しなく」てもいいけど、
生き生きとはしていたいものです。


今度、行きつけのバーに、
仕事帰り、寄ってみようかな。

「モヒート」でも飲みながら、
ヘミングウェイを読んで、
ハードボイルドを気取ってみるか。


きっと、言われるだろうな・・・

「お客さん、暑さで、少しおかしく
なっちゃいましたか・・・?」って。

「うん、おれは海賊だからね。夏は、
モヒートに限るだろ」

「あらら、やっぱり、おかしくなっちゃいましたネ」

なんて、会話をしてみるのもありか!?

きっと、昔行ったマイアミの島を思い出して、
気分のいい時間を過ごせるだろうな。。

BGMは、キューバ音楽でなくて、
ワムのClub Toropicanaあたりがいいな。



梅雨明けして、本格的な夏がきました。

楽しく、自分なりに、夏を制していきましょう!


















テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

だめだこりゃ

久々の更新になってしまいました。
最近は、真夏のような天気が続いていますね。

自分のまわりでも、体調を崩す人がちらほら。
体調管理には、十分気をつけたいものです。

先日、久々に実家に帰ったとき、
ふと、部屋の隅にあった本。

いかりや長介の「だめだこりゃ。」

ドリフターズのコントは知ってても、
長さんのこの本を読んだことある人は少ないかも。

内容は・・グループ結成までのメンバー集めや、脱退したメンバー、
そのあとの栄光の時期や、ブームの終わりまで・・・

そう、なんだか、会社に似てますね。
どんな会社にも、波はあるものですしね。


で、実家から帰るときに、
久々に読んでみようかなあ・・
なんて思いつつ、そのまま置いてきちゃいましたが。。


なんで、「だめだこりゃ。」の話題かって?

今日辞めちゃいましたけど、
復興担当大臣。

あの映像みた瞬間に、
長さんの顔。。いや、だめだこりゃ、って言葉が、
脳裏に走ってしまったのです。

「いました、すごい人。」
なんて、昔の某カードのCMなんてもんじゃないですね。

まさに、だめだこりゃ。

あの人は、日本に数%はいる、
珍しい人種ではあるのでしょうけど。

ちょうど、ウィンブルドンの決勝で、
近年にないようなすばらしい試合をみた直後でしたので、
余計に、がっくりでした。


あの、ドリフのコントはね。

必ず、こうなるんですよ。


だめだこりゃ・・・


次いってみよう!って。


へこんだままじゃなくて、
次行くぞ!って、ポジティブなところがいいんですよね。
(まあ、次のコントに移るってやつですが)


世の中、コントで済む話と、
そうでない話があります。

また、深刻な事態を打開するために、
ときには、コントっぽい話をしたりもあるでしょう。

でも、やっぱり、今回の一件は、
だれがみても、だめだこりゃ、の一言で、終わりでした。

総理も、即座にクビを発表すれば、
まだよかったのにね。


だめだこりゃと、次いってみようの間に、
時間を置いてはいけないんですね。
即座に判断しないと。

このあたりの判断のスピードによって、
物事のその後の展開は、大きく違ってくると思います。

判断のスピードは、時には、その正誤をも上回るものです。


一番いけないことは、判断しないこと。
(相手が辞表を持ってくるのを待つんじゃなくてね)

それは、いつでもどこでも、
国際標準であることに間違いありません。









テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

石原 勇一郎

Author:石原 勇一郎
仕事は楽しくパワフルに!お酒はもっと楽しく!歌はすごく楽しく!ビリージョエルとアイスコーヒーが大好きな全力IT社長のブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
11139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
366位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
(株)アスページ IT技術者募集中!お気軽にお問い合わせ下さい。