スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダルマ

ダルマ・・・って、あのだるまさんじゃないよ。

かなり昔、ダルマといえば、サントリーOLD(オールド)という、
ウィスキーのことでした。

自分は、その言い方がなんとなく古臭くて、
言うのもやだったけど。

思えば、学生時代の、塾の講師時代に、
毎晩のように、院長先生に連れまわされ、
どの店に行っても、ダルマを飲まされた(いえ、ご馳走になった)。

当然、社会人になってからも、
まだ、スナック全盛時代。

ボトルキープが主流でした。

店に入ると、棚には、オールドとリザーブ(ちょっと高級)が
ずらっと並んでいるのが定番でした。

上司に連れられ、「おい、いくぞ」と言われれば、
仕事途中でも、即終了。
「はい、了解しました」

みたいな感じで、
当時ペーペーの自分は、
上司に、ささやかれたあと、
先輩たちに、
「課長、飲みに行くっていってます、仕事切り上げてもらえませんか」
なんて、よく耳打ちしてたっけ。

で、みんなで、スナックに行って、
飲んで歌い。

たまには、上司抜きで行こうって時も、
当然のように、上司のボトルを飲んじゃう。

で、ほんの少しだけ残しておく。

次に上司ときたときに、
「あれ?こんなちょっとしか残ってなかったっけ?」って、
上司がママに言う。

「そうよ」って、ママが一言いって、こちらにウィンク。

で、また上司がボトルを入れて、
楽しく盛り上がる。

で、また上司のボトルを飲みに行っちゃう。


もう、かなり前の話だし、
今は、ボトルキープなんてあまり聞かないけどね。

ただ、なんとなく、そんな飲み方もいいんじゃないかなあ、って思う。


上司も部下も、お互いある程度、キャパシティを持って付き合う。
相手がどんなことやってるか、だいたいわかるんだけれど、
あえてツッコミもせずに、自然な感じで、時間を過ごす。

もちろん、仕事の時は、厳しいんだけれど、
怒られたあとに、「どうだ、付き合えよ」なんて、
飲みに連れてかれる。
熱く語られるのを、たんたんと聞きながら、
で、なんとなく、フォローされたりもする。


いまさら、昔風の飲み方や付き合いをしろなんて思わないけど、
そんな付き合い方も、いいんじゃないかなって思う。

仕事中は厳しく接するのは当たり前だけど、
どこかで、優しさを感じるような。


無論、強制はよくないけれど、
人の付き合いって、最初は少しは強制されるところから
始まるのかもしれない。

親近感も反発もね。

だから面白いんじゃないかな。


オールド・・・か。


もう、何年も飲んでないな。


今度、買ってみようかな。


あの、懐かしいCMを見ながらなら、
おいしく飲めるかも。


ほんとは、店で飲みたいけど。
置いてないんだよね、最近。


今度、店にいく機会があったら、
リクエストしてみよう。




































スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

夏だ!夏~~!

いや~、今日は暑かったですね。
夏、夏、夏の天気でした。

自分が一年で一番好きな季節です。

営業で歩いてるとき、
交差点で信号待ちのとき、
ゼッタイ、太陽を見上げてしまう。

道を歩いてるときも、
気がつくと、日陰でなく、陽のあたるほうを歩いてしまう。

なんかね、思うんですよね。

空気や水って、誰でも、一年中、手に入るものだけど、
変化がないでしょ。

でも、陽の光は、違う。
昨日の何倍もの眩しさで、陽が照ってると、
それだけで、なんか満たされた感じになる。
キタ、キター!ってわくわく感がある。
それは、誰にも平等で、外にでれば感じれる幸せ!
(苦手な人も多いけど)
だから、夏、特に初夏は、大好きな季節です。


今月は、仕事で少しもたついてましたが、
ある程度メドがついて、余計に気分が晴れたからか。


暑い中、なんですが・・・

「再生可能エネルギー法」

いや、まいった。
どんなものでも、ググるのは、とても得意の自分が、
この法案の内容(概要)をみつけるのに、
10分もかかってしまった。。。

で、法案のキモは・・・発電源ごとに、その事業者が自由な価格をつけて、
それがどんなに非効率で、法外な価格だとしても、
経済産業大臣の命令があれば、その発電した「全量」を
電力会社は買いとらなくてはいけない。


理想からみれば、自然エネルギー促進の追い風。
でも、それをやるには、東電はじめ、電力会社が叩かれて、
瀕死の状態(特に東電)の今が最大のチャンス。

で、おそらくこの法案で、事業化ができるのは、
一つの企業体で、よほど大きな投資をできる企業(Sバンクなど)。
もしくは、地方自治体との連携による第3セクター的なところ。
さらには、大学の研究機関とパイプを持つ、ベンチャー+投資ファンド。

おそらく、上記のパターンで、
新規電力供給会社ができていくでしょう。

経済産業大臣の認可のみ、ということで、
またまた胡散臭い匂いもプンプンですが・・・

その匂い・・・おそらくクサいでしょう。
とてもじゃないが、ジャスミンの香りとかじゃないでしょう。


さて、この先、どうなるのでしょうか。

自然(たぶんだろうな)エネルギーで、クリーンなエネルギー供給が
増えていくことはいいと思います。
それを誰がやるか、多少のクサさは、あったとしても。


ただ、最大の問題は、「公共性」でしょう。

窓口が、一般の企業(現在の電力会社は、さまざまな法律で守られてますから、
一般の企業とは言い難い)の場合。

料金未納の場合、一カ月したら、
すぐ停止。
とか、普通におきる可能性が大でしょう。
携帯はなくても生きられるけど、電気も同じような感覚でやられたら、
まいっちゃうって人(場面)は絶対おきる。


また、倒産したエンロン(アメリカ・テキサスの総合エネルギー商社)のような
場合もありえます。
直接の窓口かどうかは別にして、
たとえば、100万世帯に供給する企業が急に倒産したら・・・など、ね。

総理は、急いで決めたがっているようですが、
法案の基本的な中身、運用面、起こりえる問題点。
全部、ちゃんと吟味してるんだろうか。

そこらへん、全部オープンに、
一般人にわかりやすく、説明してくんないとダメなんじゃないの?

辞める、辞めない、誰がどうだこうだとかくだらんことは、いらんから、
ちゃんと中身を、10分くらい記者会見で話しなさいよ。
進退かけるくらいのモノなら、そんぐらいしろ。

でなきゃ、誰も是非を決めらんないでしょ。
少なくてても、TVを見てる側の人(私たち)。


単なる延命でなく、ほんとにこの法案を通したい(通すまでやりたい)なら、
それは、とても簡単なことだ。
TVカメラ、マスコミ全部呼んで、30台くらいのTVカメラの前で、
全国一斉生中継しなよ。

国民へのメッセージとして、カンニングペーパーなしで、
10分でいから、その理念を訴えればいい。
細かい数字は、あとで訂正で構わない、
今、なぜ、これが必要なのか、真剣に国民に語れば、一発ですよ。
ちゃんとできれば、多分任期満了できる可能性だってある。
とりまき連中とこそこそ、あーだこーだやるより、よっぽどいい。

で、その結果、国民がNOなら、潔く、ね。

本人だめでも、秘書官、執行部、選挙(政治)戦略コーディネータ、
誰か一人くらい、脳みそあるやついないのかな・・・
応援してる人たち(国民)もいるだろうに、ね。

9対0で負けてるのに、延長戦いいですかって、アホか。
9回裏に10点とんなきゃ、いけないんじゃないの???
で、1点足んない時が延長なんだよ。(9点入れてね)
一打逆転が必至なときだと思うんだが。。。
ま、このへんで。

そうそう、この法案、2020年をメドに、
いったん廃止とかいう条項もあるらしい。

おそらく、問題点がでるのがわかってるんでしょう。

たまには語ろう

今日は、まだTVニュースをみてないけれど。。
TOPニュースのひとつは、あの人の出頭か?

モヒカン、あんまり似会ってないと思うけど。
とりまきがいて、ダサすぎでしょ。



最近、社員と、ちょっと前のNHKドラマ「ハゲタカ」の話題になった。
自分は、とても面白いと思ったドラマだったので、
リアルタイムで観た社員が多かったのは、ちょっとうれしかったなあ。
外国籍社員も観てたみたい。


映画版は、制作期間のタイミングがちょうどリーマンショックと重なり、
いろいろと詰め込み過ぎた感がありましたが。
ドラマのほうは、ともかく秀逸でした。


なんのために働くのか?
何をどこまでやったら、満足なのか?
お金を稼ぐことだ一番大事なことなのか?


そうそう、
このハゲタカというドラマでの重要なキーワードが、

「(おまえには・あなたには)まだ、何もみえていない」

というフレーズです。

おそらく、全6話のそれぞれ、どこかに、
このフレーズがある。
それぞれ、違う人が違う相手に言ってる。


言った方が、正しいのか。
言われたほうが正しいのかは、わかりません。

何をみて、何をみないかは、それぞれ違うから。
ただ、目をつむるよりは、見てから判断するのがいいのかもしれない。



テーマ曲は、こんな内容です。


富なんて問題じゃない
恋だって、考えただけで吹き出したくなる
名誉?そんなことも昔、夢みたこともあったかな

でも、もし祈るとしたら、
そっとしておいておくれ、
ただ、自由をあたえておくれ・・・


心に響く主題歌を歌っているのは、
Tomo The Tomo(日本人) さんという歌手です。
作詞は外国の方みたい。
いい詩を書きますね。


自由という言葉ほど、説明するのに難しい言葉はないかもしれません。

もしかしたら、たくさんの会社を運営して、
人のしがらみの中で、忙しく過ごすよりも、
社会との関わりのない、塀の中で、自由を感じる人も
いるかもしれない。


あ~、今頃、なんでまたハゲタカをブログに書いてるんだろう。

そっか、先週アキバで、DVDBOX買っちゃったからか。
(決してブログに書くためではないですよ)

で、今日のホリエモンのニュース。
こりゃ、書かないわけにはいかんわな~。




会社でも、友達とでも、
たとえば、「自由って、どう思う?」
なんて話で、いっときでも、語り合える時間が、
ほんとうは、生きてく中で、すごく重要な時間だったり
するような気がする。

哲学者になれってわけじゃなくて、
仕事のしがらみや上下関係など関係なく、
お互いに勝手に語れるテーマを語ることが大切だ。

メールやチャットじゃなくて、
面と向かってね。


そんな時間を、
「たまに」過ごすと、
もしかしたら、見えてなかったものが、見えるかもしれない。

それをどう感じるかも、「自由」だけど。

新鮮な感覚を感じることはできると思う。



tomo the tomo - Road to Rebirth

http://www.youtube.com/watch?v=HFCGqZ3TXDY

作詞:エミリ・ブロンテ(女性)
「嵐が丘」の作者。この詩は、彼女が23才(1847)のときの詩です。

元の詩の題は
「富は問題にならぬ」

150年以上の前の詩に、現代の人が、曲をつけ、
素晴らしいボーカリストが歌う。


すごいな。













































ボスナー砲

日曜の夜は、だいたいスポーツニュースをだらだらと見てしまう。


ベイスターズのニュース(負け)には、もう慣れっこだけど。

サッカー。

清水エスパルスの、ボスナーという選手が、二発のすごいシュートを決めた。

なんか、今日は、ぼんやりと色んなことを考えてたんだけど。

深夜に、目を覚ましてくれるようなゴール(フリーキック)でした。

早速、調べたら、「ボスナー砲」って言われるくらいの、すごい選手だったんだ。

DFの選手なのにね。

あれだけ、「格の違う」シュートみたら、参っちゃうね。シビレた。

ファンでもないし、サッカーに詳しいワケでもない。


でも、ときどき、ドキッとしたシーン、人、言葉に出くわすことがありますね。

モヤモヤな梅雨のような気分を晴らしてくれるようなシーンでした。


感性によって違うけど、
問答無用で、「すごい」って感じる瞬間って、
たまには必要かなって。

どんなジャンルでも、、

今週は、ずっと雨らしい。
でも、あんなフリーキックみちゃったら、
こっちだって、気合いの一週間にしなきゃなぁ!

ストレスはよくないよ

最近、ストレスが大変~!てな相談(文句?)を受けることがあります。

ストレス??かあ、そんな言葉あったっけ?てなくらい、
自分は感じることがなかったし、
多分年に1回、発することがあるかという言葉。


・・・いや


正確にいうと、ストレスは、なるべく、瞬間的にサバくようにしてる。

早い話、主に仕事している時のストレスというのは、
対人関係での場合が多い。
もちろん、数字(売上)でのストレスもあるし、
仕事の進捗度合いでのストレスもあるでしょう。
家庭、病気、仕事、原因は雑多。

ただ、たいがいそこには人がからむ。

人にストレスを感じるというのは・・どういう場合か?

たとえば、電車の中。
普通に座って(または立って)いる場合、
何もなければ、隣の人にストレスを感じることはありません。

そこで、もし、満員電車の中で、
新聞を広げて、自分だけ場所を使った顔をしてる人が、
目の前にいたりすると、ストレスを感じる。

または、足を踏んじゃって、ごめんなさいを言っても、
チッ、と睨みつけられたりすると、この野郎~って、
これもまた、ストレスになる。


つまり、相手の態度・言動が原因によるものと、
なにはともあれ、自分自身が原因の場合の2つある。
(上のたとえは、ちょっと違ってるかもだけどね)


ストレスを防ぐためには・・・

そう、図太く生きることです。

仕事でもなんでも、生きてりゃ、やられたり、やったりの繰り返し。
それを、いちいち気にしてたら、
どうしようもなくなっちゃう。


「あんた、そう思うの?」
「あ、そう、わたしは、こう思いますよ」

以上、終了。

シンプルに思うことが大事。


人を敬うな、とか、言ってるんじゃなくて、
いちいち気にするなって、こと。


極端なことを言えば、
1分前に、ケンカした(迷惑かけた、かけられた)って相手でも、
違う話になれば、瞬時に仲良くなれるくらいじゃないといけない。

相手が根に持つなんて、思わなくていい。

もし、そうした態度に出る相手なら、
以後、無視してもいいし、
関わらなきゃいい。

今までの経験上、そうした強気?(普通だと思うけど)な姿勢で、
日々過ごしていけば、だいたい相手が折れる。


一番いけないのは、必要以上に相手を気にしてしまって、
ストレスで悩む時間が長くなってしまうこと(その時間、はっきりいって無駄な時間です)


ストレスで悩むなら、長くて5分。
それ以上は、悩む必要なんてありません。

その悩んでる時間っていうのも、
打開策を生産的に考える時間に使うのであって、
あの人がどうだとか、自分はだめだとか考える時間には、
1分たりとも使う必要無し。

ひとつ、言っておきたいのは、
どんな会社でも、誰かが体調不良で休んだり、早退したりしても、
潰れることはありません。
ほんとにやばかったら、その瞬間に仕事やめちゃいな。


たまに、人から、悩みなんてないでしょう?って言われる時があります。
お、俺だって悩むときあるよ!って、5秒くらい思う。

けどね。


悩みって、病気の一種だって思うようにしてる。
だから、かかっちゃいけないワケです。

悩むかわりに、超高速で、頭の中を回転させて!
瞬時に気持ちを切り替えなきゃ。


目の前で、新聞広げたおやじがいたら。

・・・お~、タダで3面記事読めるじゃん!

ウォークマンで、音漏れの人がいたら。

・・・ちょい、耳触りだけど、最近はこんな歌流行ってんのか!


足踏んで、にらまれたら。

・・・その真剣な目つき、ほかで活かせよ、おまえ。って、応援しちゃう!(しねーけど・笑)

まあ、ちょっとフィクション気味ですが、そんな感じで。



社会に出たら、自分より仕事できるけど、尊敬できない人いるし。
仕事できないくせに、細かい人いるし。
昨日言ったことが、今日は違っちゃう人たくさんいるし。
偉そうにしてるやつらなんて、吐いて捨てるほどいる。

もちろん、自分に自信が持てないときだってあるし。

みな、それぞれ、理由があるかもしれないし、
いろんな人がいるもんです。

そんなもん、いちいち気にしてどうする?



ストレス・・・もし、感じたら。


ひたすら悩むんではなくて。


「次の一手」を考えることに全力を注ごう。



だって、おれ、聞いたことないもん。


悩みすぎて、歩き方忘れちゃったっていうやつ。
右足から先か、左から先か、わからなくなっちゃいました・・ってやつ。

歩けるんなら、頭使えんだろ、って思う。



ノンストレスの社会の実現ってのも、
こらからの日本の社会で、大切になっていくと思うな。

胃が痛くて・・ガス○ー10飲まなきゃ・・・
なんて人のいない社会の実現は大事です。
(昔、毎日飲んでる上司いたな)



ノー天気に生きるんじゃなくて。
悩むんじゃなくて、考えるってほうがいい。
考えることは必要だから。



先日、久々に、小田急線がとまったらしい。

人身事故。

これ、って、飛び込み自殺って、日本語が正しい。
(状況的に、あきらかな場合には)

もし、自殺の原因・・・ストレスが原因だとしたら。
そんなもんは、なくさなきゃいかん。

年間3万人が自殺する社会。
「人身事故」って言葉に、慣れ切ってしまっている、日本人の異常さ。

「えー、先ほど、○○駅で、電車に飛び込んだ人がいて、
ただいま、肉片の収集中です。
ご本人は、すでに、亡くなっており、頭の部分が見つかってません」


て、アナウンス聞いたら、どう思う?

でも、実際は、そうした状況なんだよね。
少しは、ガツンと、そうしたアナウンスでもすりゃいいのにって思う。
涼しい顔して、本なんて読んでられないくらい。



そう、ストレス社会ってのは、自殺大国と同義語。

だから、感じちゃいけないよ。
ストレスは。

ストレス相談、いつでも、だれでも受け付けます(社内・社外問わず~)!


ってか、その前に、か・ん・じ・る・なよ!











































































































テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

次世代エネルギー

原発の事故もあり、今後加速するであろう、次世代エネルギー議論。

いろいろなニュースその他から感じるに・・・

大きく二つの流れがあります。


一つは、太陽光・風力・地熱・もちろん水力(いわゆるダム使うやつ)といった、
自然エネルギーを電力に応用するタイプ。
エコ・・・ですね。



もう一方は、原子力(核分裂を利用する現行タイプでなく、核融合といった安全なものもある)や、
そして、最近ニュースになった、反物質も研究が進んでいるようです。

反物質・・・自然界にはほとんど存在しないようですが、
頭のよい研究者たちは、人工的にそれを作っているんですね。

世の中にある物質と反対の性質を持つもののようです。
電子はマイナスの電荷を持つのに対して、反電子はプラスの電荷を持つらしい。
反陽子や反中性子も発見されていて、今や、反物質を人工的に作り出すことが可能のようです。
(1960年代には、一瞬で消えたものの、すでに製造されたらしい)

ただ、それらの反物質は、物質に会うと消滅してしまうので、実用化は難しい・・・

とされていたのに、ある研究機関が、そのその物質を10分間も閉じこめることに成功したと・・

今のところ、その反物質が持つエネルギーよりも、
その反物質を作りだす際のエネルギーのほうが大きいので、
実用化はされない・・・ようですが。

もし、実用化されたら・・・

単純な比較はできないですが、
日本に投下された際の、原爆は、核物質1kgを使用したそうです。
それが、反物質なら、1gで同等のエネルギーに相当するらしい。

難しい理論はわかりませんが、
もし、実用化されるようなら、とてつもなく危険な感じがします。

たとえ、重さのほとんどないほどの、微粒子程度の反物質にせよ、
10分間、その存在を維持できるまでに、
今の技術力が進歩したってのは、まさに画期的なことなんでしょう。


地球の人口は増えていて、
エネルギーは、なくてはならないものだから、
究極の効率化を目指すというのは、ある意味自然なことなのかもしれないけど。


自動車、薄型TV、その他もろもろ。。

最初の製品の値段と、今の値段を比べてみれば、
製造コストというのは、どんなものでも、
時が経つと、下がってくるということは明白。


であるなら、反物質の製造コストも、
いづれ、採算ラインにまでいきつくのではないでしょうか。


携帯電話や壁掛けTVだって、
昔は、SFの世界のものだったしね。
それが今や当たり前の時代になった。




ただ・・・


前にも、書いたけど、
すべての産業が、究極のローコストになったときに、
人間は、どんな仕事をするのかって思う。

仮に、(怖いけど)反物質が実用化されて、
世界中の人が、タダ同然で、無尽蔵にエネルギーを使えるように
なったら、そこにあった雇用の100%近くは無くなるでしょう。

おそらく、その時代になったら、
モノの生産、サービス、あらゆるものがオートメーション、
無人化されていくでしょうね。
農業もしかり。

働くってこと自体が、無くなるかもしれない。

果たして、それを夢の楽園の到来と思うかどうか?

そんなのよくない、ありっこない!って思っても、
いつの時代も、人はその時代に生きるもの。

どこを見渡しても、ちょんまげ結って、刀もった人が歩いていないように。

マクロな視点でみれば、
その時代には、その時代の人しか生きていない。





管総理のブログ。
退陣表明後、初めて更新されたようです。

何を書いたかと言うと、

風力発電に関して・・(以前から、風力発電の推進論者だったって内容)みたいです。

もう少し、早く、強烈に政策として、打ち出していたらね。
きっと、今の立場も違ってたかもしれないのにね。


ドイツは原子力を全面凍結。

日本はどうする?

エネルギー。

とても大切なものだけど、

トイレにシャンデリアやエアコンはいらないなあ。
電動自転車も好きじゃないし。

エネルギーでもなんでも、
過剰な効率化の先にあるのは、案外、ハッピーなことばかりじゃないようだ。

次の総理には、その辺、真剣に考えてほしいと、マジで思ってます。


















































同級生の

先日、中学の同級生のお父様が亡くなられました。
自分は、父親を亡くしたのは、最初の会社を立ち上げて、まだ2年そこそこの頃でした。

それまでも、身近な人を亡くしたことはありました。
小学生のときからの友人とか。

でも、親を亡くすなんて、その時になって初めて気づくんですよね。
人(自分)って、バカだから、
その瞬間を迎えるまで、そんなこと考えもしないんですよね。
明日も、あさっても、みんなずっと元気だって錯覚しちゃう。


年に一回会うかどうかの間柄ではありますが、
同じく父親を亡くした自分としては、
そう・・少しの間は気持ちの整理の時間にあててほしいです。
忙しい彼女のことだから、そうはいかないかもしれないけど。
できれば・・ね。




ある記事をみたのですが、
2010年は、企業の倒産件数が減ったようです。
理由は、国の緊急雇用助成金などの各種助成金のおかげで、
本来は、アウトの会社が延命したからのようです。

かくいう、当社も、助成金をもらいました。

ただ、それも、今期からはもらいません。

(雇用助成金は、前年より売上ダウンなどの、マイナスの要素が
ないともらえません)

ずっと、助成金もらって、会社をやってたって・・なんかね。
やってる意味ないって思うし。

助成金も国の補助金=税金。

今のこんな時代、孫さんみたいな多額の援助はもちろんできないですが、
せめて、まずは、いっさい助成金をもらわないで、
会社を運営していくのも、節約になるって思う。


ピンチの時期もありましたが、
どうやら、これからは、経済活動で挽回できそうです。


ミスチルの歌じゃないですが、

「人生をフルコースで味わうための、いくつものスパイスが
誰にも用意されていて。。
時には、苦かったり、渋く思うこともあるだろう。。」


人生、いろいろありますね。

「HERO」(ヒーロー)

http://www.youtube.com/watch?v=IL6Id24r134&feature=related


全国区でなくたって、有名でなくても、
どっかで、HEROになりたいものです。
自分だけが納得してるとしても・・いや、それが一番大事なことかも。
相手や、周りに思われないとしても。


スパイス・・・

そういえば、最近、会社で、激辛ソースが話題になってるな。
泣きたいときは、辛いソースのせいにするのもいいかもしれないよ。
(そういうときに限って、周りにわかっちゃうけど!)


いろいろあるけど、頑張んなきゃね!





























































テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

どっちらけ

内閣不信任案否決。
結末に唖然。

猿芝居を猿以下が演じてるようなもの。

メドってなによ。

久々にニュースみて、無駄な時間だと思った、、



ま、小沢一派も、カラオケ店で集まったら、歌を歌いなさい!

総理も幹事長も、宇宙人もだめですね。
マスコミも。。


とにかく、久々にどっちらけた日だね。

賛成した、松木氏。
かわいそうに。。
「やってられねーよ!」って、思うわな、普通。


頭も性根もない議員ばかりで、どうしようもないね。

みんな、辞めちゃえば!

クールビズ

昨日から、クールビズにしたとたん、50年ぶりの気温(低い)だってさ。
どおりで、おなかがスースーして、おなか壊しちゃうワケだ。。

今年は、震災の影響の節電もあって、
企業も大胆な変化をみせてますね。

始業時間を早めたり、平日を休日にしちゃうとか。

ぶっちゃけ、客商売でない会社なら、
なんでもできるでしょうね。
メーカーとか。

昔から、サービス業(びホテル、飲食、デパートなど)、医療関係、理美容関係、レジャー関係は、
土日が休みなんて決まってなかったですし。

なぜか、多くの会社が、土日休みにしてるだけで、
週に2日休める(一日のとこもあり)なら、
平日でもいいと思うんだけどね。

こうした流れは、今後広がっていくのかな。


「おまえ、いつ休み?」

「あ、おれ、水・木」

「じゃ、おれ土日だから、遊びにいけないね~」

なんて、会話が普通になるのかな。


思うに、「休み」って、誰が決めた???
法定休日・・日曜日?・・・
うん、このへんも、だんだん怪しい時代になるかもね。

体力、精神力、モチベーション、気分・・・等々。
人によって違うのだから、本来、休みなんて、バラバラでもいいのかもしれない。
疲れたの?じゃ、休んで!
疲れてないの?なら、もう少しがんばって!って。

ただ、組織として仕事をするから、それじゃ、都合悪い!
みんなで、休みは統一しましょ。
だから、手っ取り早く、土日ね!
そんな感じのルールでしかないし、それ以上でもない。



あれ?何を書いてんだろ。

クールビズだったな。

最近は、ウルトラクールビズとか、スーパークールビズとかもでてきたな。

ウルトラ・・・って、あんた、
究極のウルトラは・・・


海パン一丁でないの?・・とか思うけど!


夏は、みな江頭ルックで!なんてなったら!・・いや・・なんないか。


昔、サラリーマン時代に、Tシャツ&Gパンで出社した時がありました。
客先にもその格好で行った。

(ったく、スーツなんて暑くて着てらんねーよ、って思って)

でも・・・


「あれ、なんで、Gパンなの?」と上司&客先。

「あ、いや、その、搬入があるんで、汚れるんで・・・」て自分。

なんて、言っちゃったよ。弱っちーね~~。


スーツはね・・男でも女でも、それなりに格好よく見えるんですよね。じっさい。
そう、制服が格好良く見えるのと同じで。

あと、自分と同じ格好をみて安心しちゃう、情けないけどそうした感覚。
それがあるから、皆スーツなんだよね。
(ファッションセンスって、大して必要ないしね)

スーツなら毎日同じ服でも違和感ないけど、
私服で毎日同じなら違和感あるってのもあるね。

日本人は、これまたとくに・・異端を嫌う民族だしね。




自分、昔は、紫のスーツとか着てたし、
シャツは全部カラーだった時もあったなあ。

最近は、おとなしい格好だ。。。



今年、ほんとに猛暑の連続で、
でも節電しなきゃ!ってなったら・・・

せめて、社内にいるときだけでも、超スーパーウルトラ・クールビズになっちゃおうかな。

まさに、平成の無法地帯。

社員に通報されないことを祈りつつ・・・

どっかの局が取材に来たらどうしよう!??


「もしもし、こちら、○○TVの○○ですが!」

なんて、電話来たら・・・


「○△×・・×○・・私・・何々族あるよ」

なんて、答えるのか・・・

はあ、これも弱っちーな。




・・・・みたいなこと、考える人多いんじゃないかな~。
(え!いない??)

まあ、なにわともあれ、
クールビズ。
面倒な定義は無しにして。

涼しいなら、どんな格好でもOKじゃん!
って、思います。
個人的には・・・ね。




















































テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

石原 勇一郎

Author:石原 勇一郎
仕事は楽しくパワフルに!お酒はもっと楽しく!歌はすごく楽しく!ビリージョエルとアイスコーヒーが大好きな全力IT社長のブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
16101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
490位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
(株)アスページ IT技術者募集中!お気軽にお問い合わせ下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。