スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年内あと3日

今年もあと3日。
今回の年末年始は、お休みが短いですね。

元旦、二日が土日なんて!
ちょっと長い週末みたいな感じです。

地元で飲んで終わりそう・・・

今年は、1月の韓国社員旅行で始まり、
先日の箱根の忘年会で終わった一年でした。

個人的にも、会社としても、いろんなことがあったけど、
まあ、総じてプラスの出来事が少なかった年でした。
(ただ社員みんなが健康に過ごせたのは、ほんとによかった)


ピンチはチャンスって、簡単に言うけど、
そんなに簡単に逆転はできないでしょう。

ピンチ=チャンスではなく、
ピンチ×A+B=チャンスなんですよね、きっと。

しかも、チャンスはあくまでチャンスであって、
成功するための、一歩目に過ぎないしね。

だから、自分なりに、AとBを見つけなきゃいけない。
TVで評論家は、いとも簡単に、ピンチはチャンスだっていうけど、
ふ~ん、そっかあ。って、思っちゃだめ。

だって、日本語としては「甘いは辛い」みたいなもんだしね(笑)
おそらく、人に対して、ピンチはチャンス、って、
その本質を説明できる人は少ないんじゃないかな。


ただ、もし、このピンチの時代を脱しようと思うなら・・・
あまり、大それたことを考えるよりも、

まずは、昨日の自分(の仕事)、身近な周りのライバルを、
ちょっとづつ追い越すことで、チャンスの芽が出てくるかも。


来年は、うさぎ年。
うさぎのように、ぴょんぴょんと行ければ大ラッキー。
カメのように一歩づつ行くのもありでしょう。

夢は大きく、でも、足元の一歩を慎重に頑張りましょう!


半径10mの中で、感じたり、頑張ったりってのが、
結局は、日本経済や世界経済に影響する。

逆に、世界、日本経済は、必ず自分の半径10mの中に
影響してくる。
なら、まず、半径10mの中で、頑張って結果をだしていこう。


世の中、どんどんグローバルになってきてる。
経済だけでなく、紛争、文化すべての面で。
競争相手も仲間も同じペースで増えていくなら・・・

個人で頑張って、仲間と頑張って、競争相手を打ち負かそう!

日本がだめだ・・って思う前に、
「おれが(おれたちが)やってやる!」って思いで、みんなが新年を迎えられますように。


今日、ブログランキング(FC2)を見てみたら、
社長ブログで53位だって。

あんまり気にもしないけど、
なんか前に見たとき、1000位くらいだったのにな。

とりあえず、年末に900人くらい、打ち負かしたぞ(笑)
オリコンなら事件だな・・・!

来年は、みんな、一歩ずついこう。
あっ、赤丸急上昇!でもOK。

前進あるのみです!













































































スポンサーサイト

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

LINUXのこと

たまに見る番組で、NHKの「ITホワイトボックス」があります。

今回、LINUX(パソコン用のOS)の開発者の方のインビューをしてました。

普通のパソコンは、Windowsが入ってますが、
あれは、PCメーカーがお金をマイクロソフトに払って使用しています。

LINUXというOSは、無料(タダ)なんです。

それに、中身(プログラム)もすべて公開。
誰でも、ネットからダウンロードして、使ったり、変更したり、
自由度がすごく高いんですよね。


開発したのは、まだ彼が学生のとき。
1992年といいますから、まだ20年も経ってない。

最初のころは、数名で利用したのが、
今や、全世界的に利用されています。

PCだけでなく、サーバーや家電や携帯・・・etc
身の回りの電化製品で、制御がからむものの大半に、
LINUXがが入ってきてます。


無料だから、みんなが使う。
中身が公開だから、みんなが改善する。
どんどん改善されていくから、さらに使う人が増える。
で、さらに改善されていく・・・

こうなると、もう、プラスのスパイラル。
ダーウィンの進化論じゃないですが、
とどまるところを知らない進化ですね。


たぶん、LINUXが、最初の段階で、ほんの1ドルでも、
お金をとってたら、こんなに普及しなかったでしょう。
企業が使用するのもタダですが、カスタマイズなどしたしたりして
利用する時には、その中身(設計図・ソース)を公開しなくてはだめ。
だから、他の企業もますます利用していく・・・


開発した方は、10才からプログラミングをしてたようで、
天才なのかもしれません。
ただ、たったひとりのアイデアが、世界を変えるくらいの影響を
与えるんですね。

商業的な考え方も大事だけど、
世の中、多くの人に浸透していくものは、
非商業的な発想から生まれるのかもね。












































テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

飲食店・・で思う

飲食店といっても、いろんなタイプがあります。
洋食?和食?居酒屋?レストラン?などなど。
切り口は色々ですが、
「そこにある」から入るか、「そこに(わざわざ)いく」のかって違いがある。そりゃ、店にとっては、後者のほうが、いいとは思うけど、果たしてどうか?

高いお店での料理で、
大しておいしくなくて残しちゃう経験はあるけれど。また、旅先の旅館などでも、あたり外れあるね。


立ち食いそば屋やカレー屋で、不味くて残した経験はないな。

自分の味覚がへんなのか?
いや、高くても安くても、お客様に最後まで食べきってもらえる料理をだすってのは、あり意味、最低限のあり方だと思う。

飲み屋なら、最後まで楽しく飲める店、かな。

以外と、「そこにいく」と思われる店ほど、そこらへんを勘違いしゃってるかも。

自分が飲食コンサルやるなら、
まず、食べ残しの量のチェックからするだろうな。
ごみ箱に捨てる前に、
何がどんだけあったか。

残飯チェックしてる飲食店って、どんだけあるのかな?
どのメニューのどの具材を、どんな人が、どれだけ残したか。
残飯の5w1hはやんなきゃだめだ。

こんど、行きつけの店に行って、店長に聞いてみよう。

久々にmixi・・・

すごく久々にmixiにログインしてみた。
何人か、足あといただいてましたが・・・ごめんなさい。

やっぱり、あれもこれもはむずかしい。

日記を何種類も書くって、人間の行動として不自然ですしね(毎日更新してないですが)。

個人的には、SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)を利用するときには、
あんまり、肩肘張らずに、自然に使いたいですね。

もちろん、SNSって、すごくビジネスモデル的には魅力ではあります。
さっきも、mixiみてたら、いきなり全面広告になってしまい、あせったよ。
(どっか、さわっちゃったんだね)

でもね、今のSNSの改善点をあげるとすると、まさにそこにあるって思う。

意図したわけではないのに、急に広告がでちゃう。
また、ゲーム系のサイトでも、ボタンの遷移をわざとわかりにくくして、
思ってみないとこをクリックしちゃったりね。
だって、ボタン遷移で色かえないんだもん、みんなトラップにかかっちゃうよね。

これからのSNSは、もっとユーザビリティとかコンテンツとか、センスとかに
こだわって、強制的に広告をクリックさえるようなことはしないほうがよいね。

すごくむずかしいとこなんだと思うけど。商売としてはね。

これは、開発側トップのの意識にかっかってくるんでしょう。
クリック課金というような仕組みがある以上ね。

画像・キャッチコピー、いろいろ考えていかないと。。。自然な感じに。

今は、多くの人がネットに慣れてきてる。
ただ、まだまだ初心者だっている。
少なくとも、PCや携帯に不慣れな人が、あわてちゃうような作りのSNSや
携帯サイトは、やめてほしい。

モノでも店でも人でも・・・
購入者、来店者、知り合いが、自然に!宣伝してくれるような、
そんなふうになれば一番いいだけど。
きっと、それが理想。




そうそう、プロ野球独立リーグの、長崎セインツというチームが、営業的に存続できなくなり、
チームが解散したとのニュースを知りました。
観客動員も少なく、2年前から、苦境だったみたい。
今年のスポンサー収入は200万程度だったとか。。。
幸い、選手たちは、1人以外は、他のチームに移籍できたとのこと。

プロ野球などは、まさに人気が商売。

そういうところこそ、うまくITを使って、
もう少し頑張れなかったのかな、って思った。

一口年会費1万円で、
年に3回くらい、選手と野球教室やるとか、
それを、球団も選手全員もブログでPRするとか。「ボクがバッティング教えてあげますよ!」とか。

ポータルサイトの中で、とか、バナー(広告)でもいいけど、
独自の広告戦略考えて。
IT以外でも、
毎回、観客に、バナナでも1本づつ配るとかね(たとえば)。
他がやってないようなファンサービスなんて、お金かけなくてもできそうだし。


これからは、お見舞ようのくだものバスケットや、
スーパーにある、ミックスおつまみセットみたいな、
なんでもござれみたいな中に、私も参加します!じゃ厳しいでしょうね。
広告宣伝の仕方としては。

いろんな方法で、私が主役です!みたいなことを考えていかないと。
なるべく費用をおさえて、知恵を絞って。


映画(DVD)借りようと、お店にいったら、
伝記のコーナーで、フランソワーズ・サガンの映画があった。

18才のデビュー作で、億万長者になり・・云々。

「悲しみよこんにちは」・・って、自分も中学くらいの時に読みました。
いっさい、記憶に残ってないですが。。。
まあ、人それぞれの好みありますからね。

そう、サガンみたいにラッキーな人なんて、一握りの人。
(サガン・・・ちょっと、面白い考え方もった人ですが)



さあ、知恵をだして頑張らないと、ね。

今夜も、とりとめもない文章でした。。


























































テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

今年の漢字から思う

昨日は、毎年恒例の、同業者の方々数名との忘年会でした。
場所は、湯島と御茶ノ水の間。
うちの会社から歩いて数分の洋食バーのお店でした。

東京洋食パル 「TOMOSHIBI(ともしび)」
http://www.tomoshibi.biz/

で、おいしい料理とお酒で3時間行いました。

今年は、少し多めの9名で。
男ばかりの忘年会もいいものです。

2,3日前から、少し風邪?気味で、
体調よくなかったのですが、
なんとか、今年も無事に、行うことができました。

一応、時間を気にはしてたのですが、
ふと気がつくと、時間オーバー!(マスターありがとうございました)
自分はあっと言う間の3時間でしたが、
みんなも、そんな風に過ごしていただけたかな~。

最初の名刺交換以外は、それぞれバラバラにざわざわと
過ごしてしまいましたが、
会話が途切れることがなかったのは成功かな。


そうそう、久々に、よいニュース。
今年は、映画の興業収入は、史上最高になる見込みみたい。
アバターも貢献したし、邦画も検討したようです。

売上減少の業種がほとんどな中でも、
まずは映画産業は一歩抜き出せましたね。

ただ映画が伸びたってことは、他のなにかしらが、ダウンしたって
ことは容易に想像できます。
ゲーム業界も厳しいようだし。

来年の話をすると、鬼が笑うっていうけれど。

国の予算も、GDPも、横ばいか減少していくのが避けられないなら、
テーマはもう、「シフト」しかないだろうと思う。

クルマをやめて、自転車へ。
ゲームをやめて、映画へ。
ディズニー(来年値上がりするよ)行くのやめて、高尾山へハイキング。
ビールをやめて、ウィスキーか?とか。


ともかく、パイが減少していくなら、
どこに「シフト」するのか、それを読めるか・・・
それも、シフトするのは、消費行動でいったら、同額シフトか、減少シフト。
間違っても、バブルの時代のような、上昇シフトはない。

本当に、難しい時代になってきた。

2010年 今年の漢字・・・「暑」・・そうね~暑かったからね。


でも、2010ネット今年の漢字一位は、なんと・・・「呆」だって!!!
これって、アホウのホウですよ。
そう、あきれるっていう字。

いやですね~、なんじゃこりゃ?って思う。
でも、実際にそんな一年だったって、みんな思ってるんでしょうね。

「まったく、あきれた一年だわ」
「あきれて、ものが言えないよ」
って、思ったことがたくさんだったけど、
裏を返せば、あきれるって思うってことは、そうじゃないっていう、
確固たるものがあるんですか?ってことを問われることでもある。
自分も含めて。
「あきれた」だけで、終わってなかったか?
って、自分自身の反省も必要だなって思う。


仕事も減って、こんな世の中って、あきれちゃうしかないよなあ~、
で、終わったら・・・ほんとにやばい。

世の中、ほんとに、アホウばかりになっちゃう。キケン!

今年の漢字は、もう飽きた。
過ぎたことよりも、来年の漢字でも考えよっか。

僕は、来年は、ホントにあらゆる場面での「シフト」が加速されてく年に
なると思う。

で、期待と覚悟を持って、
来年の漢字は・・・「勇」かな。

勇気を持って、この「シフト」社会に立ち向かっていかないと。

って、自分の名前の字?だろって、言われそうですが。。。

毎年、会社の目の前の、神田明神にはいくんだけど。
それはそれとして・・・

自分で、漢字でテーマをひとつ決めて、
それを心がけて一年突っ走るのも、いいかも。

鬼が笑ってもしょうもない。

みんなが笑える一年にすることが一番大切。



(おまけ)

日本中で、一番多く使われている漢字は、なんでしょう?





答え・・・「人」

「人」を大事にしないといけないね。































































































テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

いいかげんでいこう!

こんなこというと、お叱りを受けるかもしれませんが、まあ、聞いてください。
今日、いつものように、会社の帰りに、ヨドバシで、あれこれ物色。
一杯飲んでこう、ということで、PLONTO(プロント)で一杯。

そこに、あった、お店の雑誌の表紙に、「いいかげんでいこう!」ってあった。
おっ、いいね~、これって思った。
中身は読まなかったけど。

いいかげん、ってよくないことのように思うけど、
ファジー理論とか、ゆらぎ1/2とか、カオス理論とか・・・
いわゆる、あいまいさ、いいかげんさってのは、割と学問になってるんですよね。
最近流行ってないけれど。
あっ、世論調査の無作為抽出・・これはいいかげんじゃないとやばい。


さっきの本の中身がちょっと気になるのだけど、
自分なりに、いいかげんさの大事さってことを考えると。

①まだ、最初の会社にいたころ、後輩と屋台の飲み屋に・・
 20年前くらいだろうか。
 レモンサワーを頼んだら、あっ、レモンないから、
 お茶で割って飲んで!って言われた。
 ???何それ、ちょーいいかげんだなあ、と思いつつ、おいしいと思ったり。
 たぶん、その頃、居酒屋のメニューにお茶割りなんてなかったから衝撃でした。


②学生の頃に買う雑誌といえば、まず、フロムエーやアルバイトニュース。
 電車の中でも、いつも読んでた気がする。
 で、ぱらぱらやってくうちに、最初考えてたのと全然違うページをみて、
 いいじゃん、これやっちゃおう!とか。
 いいかげんだったなあ。
 でも、おかげで、バイトは20職種以上やった。結構多くの「人種」をみた。
 (三日坊主はほとんどないよ)


③これも学生の頃、クルマに乗ってて、ドライブ(安いクルマでしたが)。
 当然、ナビなんてないから、しょっちゅう道に迷ったりしてた。
 鬼のように?怖い女性の先輩を乗せて(たしか得意先の展示会のあと)
 家まで送るつもりが、いつのまにか、狭山湖の近くのホテル街(汗)
 「なんか、変なとこ走っちゃってすみません・・・」て感じ。
 なんとか、送っていけたものの、夜になってしまい、
 (強引に)夕食を勧められ、ご両親にも挨拶(さらに汗)。
 そんなことも楽しい思い出。



今はね、思うんですよね。

例えば、飲み会がある・・・予算・場所・種類とかで、ピピっと検索。
二次会も、移動とか考えて、ピピっと入力。
で、帰りも、検索して、家に帰る時間まで、すべてネットで調べたとおり。
(それで、完了なら、幹事はいりませんね)

例えば、婚活・・・やったことないけど、まず相手への希望を全部あげて、
入力してマッチング、マッチした人を紹介され・・あら、運命の人だわ!って思ってゴールイン。
(もちろん、会った上だけど・・なんかね~~)


まあ、なんでしょう、
すべてにおいて、いいかげんさ、が無くなってきてる。
だから、ちょっとでも、イレギュラーなことが起きたり、
予想外の展開になった時に、応用がきかない人が多くなる。
せっぱ詰まって、声もでなくなっちゃう人もいる。

宴会などで、予約の人数に足りない時、どうする?
参加したみんなで、均等に割る?
まあ、このあたりは、実践で覚えるしかないですけどね。
先輩連中に声かけて相談とかもありだしね。
単純に電卓はじけばいいってもんじゃない場合もある。


なんか、くだけた話ばかりになってしまいましたが、
物事すべてデジタルに判断していくよりも、
ある程度、いきかげんざを持ったほうが、楽しいかもしれない。
少なくとも、オフタイムのときは。



急いでるとき、靴下のペアがどうしてもみつからない・・
どうしよう!
まあ、似たような柄だから、これとこれ、はいちゃえ!
って、時も、ごくまれにあります。
(あまりこれ続けちゃうと、ずっとぺアじゃない靴下はくことになっちゃうんだけど・笑)

そんなどうでもいいことは別にして。


すごくかたくなに、根をつめて、何事もきっちりやんなきゃ気が済まないってのも
ありだとは思いますが・・・
もし、そんなときに疲れちゃったら。

たまには、いいかげん、でいこう!
思ったより楽しい時間が過ごせたり、思いもよらぬ人や店、出来事に遭遇する機会が
あるかもしれない。

いいかげんでいこう・・・・・か。


ひとつ、確実にいえるのは、計ったような正確さで、過ぎた出来事ってのは、
記憶に残らない。
どんなおいしいもの、すてきな景色、心地よいと思った時間でさえ。
そこに、いいかげんさ、があって、初めて記憶に残る。って、思う。




この特集組んだ、編集者。
なかなか、いけてるよ。
その感性は、いいかげんじゃないって証拠だ。































 

 







テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

一秒

一日は24時間あるけれど。
一秒を感じる瞬間は、そう多くないかもしれません。

ただ、たまに、一秒を感じる瞬間もあるものです。

たとえば、通勤電車を降りて、歩き出した時。
ふと、女性専用車に乗っている男性を発見して・・・
(この人は、誰かの介護かな?それとも気付かずに乗ってる?いや、知ってて?)
自分の視界に入ったのは、ほんの一秒なんだけど、
妙に気になったり。

お互いに、携帯に出られなくて、相互にかけ合っちゃうとき・・・
う~ん、一秒まってれば、お互い話中にならないのに~。
(実際には一秒じゃだめだけど、体感的にそんな感じ)

会社によくくるセールスの電話で・・・
おしい!もうちょっと、「間(ま)」(一秒でよし)を持って話してくれたら、
もう少し話を聞いてあげられるんだけど・・・
あなた、呼吸しないくらいの勢いで話しちゃ、切りたくなっちゃうよ~、とか。

そう、野球でいったら、アンパイアが、ボール・ストライクのきわどい判定のとき。
まさに、1~2秒おいてから、判定する瞬間とかね。

一日が、一秒の積み重ねだとしたら、
失敗も成功も、どこかの一秒で決まってくるのかもしれない。

それが、声の抑揚であったり、「間」だったり、視線だったり、しぐさだったりね。

自分が何気なく過ごした一秒で、相手に強烈なインパクトを与えることもある。

それは、たいてい、机に向かって一人で作業しているときには、
大して影響がないかもしれませんが、
相手がある場合だと、特に、気をつけないといけないのかもしれません。

いや、決して24時間、気を抜くななんていってるんじゃありません。
自分もいっぱい気を抜くときは多いから。


ただ、一秒って、短い時間かもしれないけど、
光って、一秒に、地球を7周半しちゃうんだよね。

光はただ突っ走るだけだから、大して偉いとは思いませんが、
人には、一秒で、何かを察する能力があるってことを、意識して過ごすのと、
そうでないのは、大きな違いがあると思うんですよね。

コンピュータの電算能力は、加速度的に進化しているけれど・・・
この、何かを「察する」「感じ取る」能力は、
今後何十年たっても、人間にしか(いや、動物もあるな)できない能力だと思う。


最近、取引先の会社の方から、ロボットコンテストの招待券をいただきました。
いけるかどうかわからないですが。
その会社のロビーには、二足歩行のロボットがありました。
「踊りなさい!」って言ったら、踊ったよ!
29万円らしい・・彼。

すごいなあ~って、わくわくしたけれど。
きっと、ロボットもどんどん進化していくんだろうね。

もしかしたら、そのうち、夜の店でも、
タバコを箱から、とりだしたら・・・ぱっと火をつけるような、
女性型ロボットなんか、できるかもね。

「いやいや、これからタバコを使った手品をやるんだよ」
なんて、火は、ノーサンキュー!よ。とか言ったら、
ロボットにひっぱたかれんだろうか。
「アナタ・ナニシタイノヨ・イミワカンナイヨ」なんて言いながら。

まあ、機械みたいな人間にならないように、
一秒で、何かを感じ取る能力だけは、
日ごろから訓練しておいたほうがいいかも。

仕事の上でも、遊びのときでも、飲みの時でも・・・

11階から逃げ出すことになったのも、
きっと、どこかの「一秒」がもたらしたことかもしれないから。

感じ取る能力は、大切だ。
一秒って・・・こわい。
































































テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

FACE BOOKはどうか?

最近話題の、FACE BOOK。

SNSとツイッターを足したような機能ですが、
ちらっと、僕もみてみました。

「なんだ、これ、どこが新しいの?」
って思う人もいるかもですが。。

今までの類と明らかに違うのは、
ほとんど、本人の顔写真と氏名を載せている点です。

ログインしなくても、その人と、その人のつながりが、
パッとわかってしまう(あくまでWEB上のつながりですが)。

う~ん、シャイな日本人に、どこまで浸透するのでしょうか。


匿名性という点では、2chはその最たるものですが、
Mixi(ミクシイ)にしたって、本名でやっている人は多いですが、
あくまで、クローズドな仕組み(最近オープンになったのかな)ですし、
モバゲー、グリーなどはハンドルネームで遊ぶもの。

今まで、ネットの匿名性が議論されてきましたが、
いよいよ、自分の本名をさらして、
ネットでのつながりの中に、飛び込んでいく人が増えていくのでしょうか?

匿名と氏名を公開することの差は、
歴然としたものがあります。

本音の話と建前みたいなものかな。
ネットに氏名、写真まで公開するのだから、
ある意味当然でしょうが。


氏名、写真載せて、
つぶやいても(ツイートしても)、何日も反応なかったり、
いっぱい、アクセスきてるのに、返答できなかったり。

なんか、心臓によくないなあ、なんて自分は思っちゃうけどね。


そうそう、最近思ったのだけど、
PCや携帯を毎日使ってると、ほんとに漢字を忘れちゃう(読めても書けなくなる)って、
こと多くないですか?

近い将来、昔流行った、ペンタブレットのような商品がきっと必要になるよ。
メールを打つのも、ペンで書いて、間違った漢字を教えてくれるような商品。
普段は、キーボードでもよいけど、
漢字を書くリハビリ用として。
PCや携帯ににパッとつないで、手書き入力。

本読んでも、ネットでニュースみても、書く能力は減少しちゃってる。

うん?なんの話だった?
そうだ、FACE BOOKか。

今や、FACE BOOK社は、GOOGLEの社員の1/3くらいの人数らしい。
(グーグルは世界で2万人らしい・・から、すごい人数だ)

日本では、まだまだこれから?
FACE BOOK社のヒット・エンド・ランは、果たしてして決まるか?!













































































テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

今夜のトップニュースから思う

今日のニュースのTOPは、歌舞伎役者の記者会見でしたね。
事件の真実や、バックの関係や、もろもろ不可解ですが、
まあ、それはさておき。

彼が、死にかけたような状況を味わったのは本当でしょう。

華々しい、新婚の記者会見もあれば、
数カ月後には、こんな記者会見をするなんて。

まさに、天国と地獄がやってきた一年だって思うんだろうね。
本人は。

でも、こんなことは、特別なことではなく、
誰だって起こりえることだって思ったほうがいい。

だって、今の時代、何が起こるかわからないでしょ。

今年は、ある意味で、ほんとに激動の一年だったかもしれない。

日本人ってなに?
国ってなに?
生きてくってなに?
就職ってなに?
仕事ってなに?
正義ってなに?

・・・etc

いろんなことを、みんなが考えなきゃいけない時代になった。
笑って、一年お疲れさま~なんてことじゃ済まないかも。

ボクサーが、華麗なフットワークで、相手のパンチをスウェイで交すように、
ニュースや世の中の動きをかわして生きてきた人たちも、
もう、かわしきれなくなって、
誰もが、パンチのひとつふたつはもらったんじゃないかな。


高齢化、年収ダウン、農業危機、雇用不安・・・


ただ・・・

無期限活動自粛・・・でも、生きていける人はいい。
病院の特別室で過ごせる人はいい。
生き方としては、すごく格好悪いと思うが、とりあえす生きていける。


でもね、多くの人は、無期限活動自粛なんていってらんない。

「活動」しなきゃだめだ。

とにかく、明るく元気に、活動だ。

多少のパンチを受けたって、その倍くらいのパンチを打たなきゃだめだ。



今日は、久々に、「フリーター家を買う」をみれた。

その中のワンシーン。

息子の履歴書(不合格になった返された)を見て、
「字に気合いが入ってない」って、父親が言う。
「字に・・気合いって・・・なんだよ」って息子。
「こんなのは、応募先にゴミを持ち込むのと同じだ!」って怒る父。
・・・で、気合いの入った字を書いた履歴書を父が見て、まあ、よしとする。
一次面談では、息子は自分の気持ちで熱く話を続ける(面接官が止めようとする中で)。
結果、一次面談合格。


今、仕事をするなら、どんな仕事でも、まずは、パンチをもらうことを覚悟する。
でも、せっかく仕事するなら、
クロスカウンターを決めよう。
打たれて倒れるかもしれないど、セコンドで騒いでても(騒ぐくらいの勢いがあればいいけど)、
ファイトマネーは入ってこない。
まず、リングに立とう。


・・・って、ケンカのすすめじゃないです。

ひとつふたつの失敗で、ぐらついてダウンして、やる気なくしちゃいけないってこと。
5階級制覇なんて考えなくていいからさ。

10勝9敗でも、試合を続けなきゃ。

とりあえず・・・ひとつづつ、勝ち越していきましょう!




























































































テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

ハマー買いました

昨日、ハマーを購入しました。
外車よりは、国産を乗り継いできましたが、
たまには、海外モノもよいかと。

今日は、土曜日ですが、ちょっと会社に用事があったので・・

朝の差し込む、まぶしい日差しに目覚め、
濃い目のエスプレッソで頭をすっきりさせ、
シャワーを浴びてから、会社へ。。。

愛車に乗り、出発。
外車のわりには、思ったより静かだな。

うん、やはり、国産とはどこか乗り心地が違うな。

走っているときの街の景色も、
いつもよりゆったりとした感じ。

うん、たまには出勤途中で、モーニングでも食べるかな。


珈琲ショップに駐車し、
しばし、休息。

「おいおい、新車なんだから、誰も傷つけんなよなあ」

などと思いつつ、土曜日の朝の静かな時間を満喫。

おしゃれな音楽のかかる店内で、
ジャーマンドッグを食べ終えてから、
再び出発。


う~ん、外車で出勤も、いいもんだ。

なんか、映画のワンシーンのような出勤風景だな。

会社について、PCを開く。
FMからは、心地よい音楽。

あ、


れ?


なんか運転疲れかな。。。


少し、倦怠感がおそってきたぞ。

この疲れも心地よいんだけど。




円高のおかげで、25万ドルで買ったハマー。
安いもんだ。

うん?

ドルじゃなかった。


円だった。



しかも、2万5千円。。。



って、自転車でした。


と、いうわけで、今日から自転車通勤開始です!

ミニミニのハマーなので、
通勤には、45分から1時間くらいかな。

運動不足解消には、もってこいだ。

これからは、近くの取引先にも、ハマーで行こう。


一日2時間、自転車こいでりゃ、
少しは、健康的になるってもんだ。
冬だから汗もかかないし。

あとは、スーツを会社において。
ズボンプレッサーもおいて。

まあ、とりあえず、ライフスタイルを変えてみよう・・って思う。














































































テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

石原 勇一郎

Author:石原 勇一郎
仕事は楽しくパワフルに!お酒はもっと楽しく!歌はすごく楽しく!ビリージョエルとアイスコーヒーが大好きな全力IT社長のブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
13991位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
422位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
(株)アスページ IT技術者募集中!お気軽にお問い合わせ下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。