スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を書くってどうなんだろう?

先日、久々に会って、飲み会をした人の中に、
ある通信社の記者の方がいました。

その人は、今までの取材や、経験、つながりを元に、
ある本を書いているそうです。

何を書いているかは・・出版後のお楽しみですが、
内容からして、結構なボリュームがありそう・・・

ん~ん、大変そうだなあ。

でも、夢があるな~。

で、その人に教えてもらったんだけど、
一般の紙媒体の本ではなく、電子書籍なら、印税は40%以上なんだって!

す、すごいじゃない。

だって、1000円の本のうち、400円は自分に入ってくるんだよ。
いわゆる、超ベストセラー・・・100万部ならいくら?


???????


???????


おっと、計算できない・・・


どっひゃー!!!
4億円でっせ。

ロト6当てて、キリンを買ってる場合じゃないよ。
あれ(ロト)だって、平均期待値2億円だもん。
2匹買えちゃうよ!!!



なんか、そんなチャレンジもいいなあって思った。
ってか、考えてるだけじゃなくて、実行してるからすごいなって。

もちろん、その人が、お金だけを目的に書いてることじゃないのは、
百も承知。
でも、結果として、ベストセラー・・にでもなったらすごいなあ。
いや、完成させて出版するだけでもすごい。

やっぱり、本を出すって、すごいなって思う。
自費出版だろうと、紙媒体だろうと、電子媒体だろうと・・・



「本を出してみませんか?」って言われたら・・・
なんか、少しでも心が揺れませんか?

新しいナンパの手法じゃないけど。
(個人的には、、TVに出ませんか?より、心に響くと思うな、人の内面をつくというか)

なんか、ときめきを感じるんじゃないかな。

本を書くなら、フィクションorノンフィクションのどちらかですよね。
自分が普段読むのって、圧倒的にノンフィクションが多いです。
(まあ、ほんとにそうかは、わからないにしても)

ただ、売れ行きを考えたら、フィクションが有利でしょうね。
書籍販売のベストテンとか、しばらく見てないですが、
やっぱり、長期的に考えたら、小説のようなフィクションの作品なんでしょう。

自分が書くとしたら(はあ、ドキドキ!)どっちだろう?
「実録・○○組~仁義もヘチマもない闘い(末広町IT代理戦争)」なんて本書けないしなあ(笑)
あっ、そんな本でも出せば売れる自信はありますけど。
数百部は売れる。マニアには圧倒的な支持を受けるかも?

まあ、そんとき考えるとしよう。





今までで一番好きな本・・・

司馬遼太郎 「関ヶ原」

3部作ですが、TBSでのドラマも最高でした。
(DVD化してほしい!!!)


最近、読書してないので・・・
まずは、読むことから始めなきゃですけどね~。
秋の夜長ですし!





















































スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

地元で同窓会

なんだか、日本が大変なことになってきました。
政治・外交・経済、どうもイカンですね。
それぞれ、各ポジションで頑張ってもらうしかないですね。
「あっちゃ~」って感じだもんね。


昨日は、久しぶりに地元(中学校)の仲間と会いました。
お世話になった社会の先生を囲んで、3時間(そのあと2時までお茶した)。
なつかしくて、ゆったりした時間を過ごさせてもらいました。
実は、その社会の先生の亡くなられたご主人も、美術の先生で、
その23回忌もあり集まったんですが。
(その美術の先生=すごい絵を描く画家でもありましたの話は、
また今度じっくり)


同窓会とかって、なんか照れくさいもんですね。
自分は、長年勤めた会社をやめて、無職のときでも、
そうした会には、参加してました。
(だって、ヒマですから・笑)

「おまえ、今何やってんの?」「あ~、まあボチボチね・・・」
「うん?なにおまえ、ボチボチって?」「だから、ボチボチだよ」
なんて、会話を昔したなあ。

人それぞれ、いい時もあれば、うまくいかない時もありますね。

まあ、生きてればなんかしらあるもんです。
でも、まあ、いいじゃない。
みんなの元気な顔をみれれば十分。
それ以上でも以下でもないんですよね。

お会いしたなかで、フュージョンのバンドの関係者の方が
いらっしゃいました。
(あとから調べたら・・関係者?・あっ・そういうこと・・だったんですね!)

知っているかたもいるかもしれません。
元カシオペア&元スクエアの人たちのバンド。

TRIX   「Passion」

http://www.youtube.com/watch?v=BqNoIuudKo4&feature=related

きっと、どっかで聴いたことのある曲ですよ!
ちょっくら、こんな曲で元気をもらうのもありか。

























テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

「まあまあ~」と「はっきり!」

まあまあですますのか、すまさないのか?
ひとつは、中国と日本のこと。

ぼくは、捕まっている船長が、一番かわいそうな気がする。
だって、中国の考えてる領海と日本の考えてる領海の線引きが、
ぜんぜん違うんだもん。
「おれ、どうなんのよ~っ?」って、思ってるよ、きっと。


この際、どっちがぶつかったかなんて、ちんけなこと言ってんじゃないよ、って気がする。
そもそも、どっちの領海かわからないようなとこで作業してる、
日本の船も、中国の船も、お気の毒。

ハイレベルな決着って、「まあまあ~」か?
この際、話し合いで、お互い歩み寄って線引きするのもありじゃないか?
はっきりしていいじゃない?・・と思う。
だって、このまま、「まあまあ」でよいわけないよね。


もうひとつは、検事の逮捕。
報道の恐ろしさは、何か?
同じ「ひと」を撮影したニュースでも、字幕で、「ねつ造検事」とでるか「検察のエース」って
でるか(極端に言えば)で、印象が180度違っちゃうってこと。
それほど、先入観ってのはおそろしい。
ねつ造→悪いやつ→太ったデブ→目つきもヘン→ふてぶてしい→悪人(例えばね)。
ていうように、同じ人物を観てるのに、脳の中で、印象が刷り込まれる。
検察のエース→どっしりしてる→頼りがいがある→芯がある→正義の人って、逆もあり。

ちょっと、横道にそれましたが、これも、検察内部で、「まあまあ~」で終わらすのか、
はっきりさせるのか、見どころです。
って、いうか、あの検事だけは、もう精神が腐ってますけどね。
これも、まあまあで終わったら、今後の日本の司法は死にますね。


世の中、仕事でもプライベートでも、社会生活でも、
「まあまあ」ってのは、ある程度は絶対必要。
人間は機械じゃないからね。

ただ、まあまあ・・・で、不利益を被る人がめちゃくちゃ多い場合は、別問題だな。

今の時代って、何が一番たりないか?
裁判なんかもそうだけど、「過去の判例により」・・アウト・・思考停止。
領土問題・・・あのときの日本と米国の・とか、ってより今どうするかだよ。
難しいのは百も承知。って、あと100年ほっとくのか?

思考停止してる人って、以外に多い。

今、どうするか考えられないと、今の時代、生きていけないと思う。
それも、長考しちゃだめ。
将棋の棋士じゃないんだから、「十秒・・二十秒・・・いち、に・・・」なんて
してたら、終わる。
あせって答えをだせってことじゃなくて、冷静に早く判断しなきゃってこと。


そう、「まあまあ~」は大事。
でも、「はっきり!させる」ことも大事。


たぶん、水泳の息つぎと同じ。
すって、はいてのタイミング。
タイミングを間違えると、水を飲んで、最悪は溺れてしまう。




なんか、休み前で、赤ワインを飲みつつなんで、
筆が暴走してますが、たまには、いいでしょう。


そうそう、最近、社員に言われた。
「社長、実名のブログでよく、そこまで書きますね~」って。

あのね~、めちゃくちゃ長文かいて、自主的にボツにした内容が、
いくつあると思ってるんですかあ~?!
(そうね~、書いてる内容の3倍はあるよ)

たぶん、匿名なら、今の100倍面白い(過激な)ことも書けるんだけどネ!




個人的には、中国人の社員もいるし、バングラディシュの社員もいる。
やめて、中国に帰った社員も、日本に来たら、必ず連絡くれる。
仲良くしているんですけどね。
もちろん、お互い「まあまあ」と「はっきり」を緊張感をもって、
お互い尊敬しあって仕事してますよ!


た・と・え・ば・・・



これ読んで、あっ、こいつ酔ってんじゃないの?!


・・・って言われたような時・・・・

まあまあ~、気にしない気にしない!


って、いうように使うんだよね。

「まあまあ」って   (終)


なんか、ととのってないなあ、ま、いっか!









































































テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

残暑

今日は、久しぶりに、お付き合いの長い取引先の方に会ってきました。
(武蔵野線なんか乗って、旅しちゃいました)
しばらく会ってなかったけど、やっぱり出世してました。
今は、取引がないけれど、頑張ってほしいなって思う人の一人です。

そうそう、午後は溜池山王で某有名な通信キャリアにも行きました。

そこの会社には、高校時代のダブルスのパートナーがいるんですよね。

で、久々だったから、電話してみた。
忙しいだろうに、すぐに携帯に出てくれました。
「おれ、いまおまえの会社のビルにいるんだけどさ」って。
そしたら、「今おれ初台勤務なんだよ~、そうそうあいつから手紙きた?
あいつ今度奈良に転勤だってさ」・・と、
高校時代のテニス部の仲間の話。。

悪いから、すぐに話を終わらせたけど、
そんな話ができて、少しうれしい気分だった。

残暑というより、まだ猛暑だけど。
季節の変わり目ってのは、久しぶりに連絡をとるにはいい時期かもしれない。
とくに理由はないけれど、そんな気がする。


今日も暑かったけど、暑い日に、いい汗をかけてよかった。
残暑はあと5日くらい・・・かな。

明日は、冷や汗をかかなくてはいけないかもしれない予感。
頑張らなくちゃ!










































































































テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

空飛ぶタイヤ

連休前に、親しくさせていただいてる社長から、
「これ見てくださいね」と洋画16本入りのDVDセットを貸して
いただきました。
しばらくは、洋画の名作を但能できそうです。
社長、ありがとうございました(見終わったら、西部劇16本セットを貸してくれるらしい!)

でも、その前に、気になっていた、「空飛ぶタイヤ」(2009年WOWWOW放映の経済ドラマ)を
借りたので、じっくり観ました。

三菱自動車のリコール隠し事件(母子死傷事故)を元にしたドラマで、
町の零細運送会社が大企業と闘って、真実を究明するというドラマです。

久々に、面白く感動するドラマでした。
2009年、最優秀ドラマ賞を受賞しただけはあるな。

このドラマは、それぞれの立場の人の葛藤や悩み、夢とかが、
リアルな感じで描かれてます。

中小企業の社長・従業員・大企業の役員・社員・被害者・警察等々・・・
どんな立場の人が見ても、引き込まれる内容です。

「町の運送屋をなめんじゃねって、言ってきてやるよ!」って、
社長役の中村トオルが、事故の証拠を持って、
大企業に乗り込むシーンはもちろん。

社員のセリフひとつ、夫婦の会話ひとつでも、
リアリティがあって、感動するシーンが多いです。

事故を隠蔽しようとして、1億で和解しようと話を持ってくるカスタマー係に
「理屈じゃないんだよ、ココだよ(って、胸を指して断る)」ってシーン。

会社が事故の風評でひっ迫してる時、
「おれ、給料いりません」なんて社員全員が言うシーン。

・・で、最後には、一度は、内部告発を諦めた、カスタマー係が、
クビを覚悟で、警察に極秘資料を渡すシーン。




経営は正義だけじゃできない・・・という論理も一理あるかもしれません。
ただ、何が正義で、何が正義じゃないかは、
人それぞれの立場で、変わるということかもしれません。
当然、利害もからんでくるでしょう。

ただ、何かをやってろうとか、何かに立ち向かっていこうっていう
エネルギーがあって、初めて何かが生まれるだろうね。


そういえば、昔、「タッカー」という映画も好きでした。
巨大なクルマメーカーの中で、一人、クルマ製造会社を立ち上げて、
素晴らしく画期的なクルマを完成させたのに、
最後に大企業や銀行につぶされてまう映画がありました。
敗北しても、制作したクルマ数十台で最後にパレードするのがアメリカらしい。


やっぱり、「小」が「大」に立ち向かうっていうストーリーには、
惹かれてしまいます。


空飛ぶタイヤ・・・戸田菜穂・ミムラ・尾野真千子・・この女優陣もよかったな。
中村トオルもよいけど、大杉漣・田辺誠一・西岡徳馬 ・萩原聖人ほか、
脇役のパートのおばちゃんもいい演技してた。


秋の夜長。
いろんな過ごしかたあるけど、いい作品は感動するね。
さて、この次は、お借りした16本の洋画・・じっくり観させてもらわなきゃ。


























































テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

菅さん続投

今日は、民主党の代表選でした。
結果は・・菅総理の続投。
しかも、大差での勝利でした。


うん、なんか、脱力感を感じました。

なんでかな。

ぼくは、議員票なんてあまり気にならなかったんですが、
党員・サポーター票の大差にびっくりしました。

オールオアナッシング方式の結果とはいえ、
5倍近い差・・・なんなんだこれは・と思った。

確かに、不起訴=潔白ではないことは、十分わかります。
でも起訴されなくても、行政指導などってのは日常茶飯事だし。
管さんに投票された方が、どんだけ道徳人なんですか?って。

小沢氏は、おそらく、過去にもいろんなことをしてたと思う。

ただね・・・
思うんですよね。

なんか、この選挙期間中、ワクワクしてた自分がいたんですよね。
弱い男でなく、どっしりかまえた男が、何かしてくれるかなって。

今の時代、例えば・・・喫煙、食、交通法規、商法、刑法・・・etc
どんどん、細かく、厳しくなっていますよね。

いっそ、無菌室で、みなさん100才まで生きてください!みたいな。

なんかね~、感じるんですよね。
そんなSFにでてきそうな、完全に安全な社会ってのが、本当に幸せなの?って。

平均寿命が100才ですから、定年は80才ですよ!なんて社会・・
どうなんだろう?て、ね。

あっ、ちょっと話がずれましたが、
要は、予定調和みたいな社会に日本が進んでいっちゃってるなって思う。
(結局、地盤沈下しちゃってますが)

確かに、イチローなど日本を飛び出してく人は増えたし、
チャレンジャーも中にはいるけど。

逆に言うと、昨日の続きが、100年続くような日本を飛び出したい人が、
増えてきそうな気がする。

「総理がコロコロ変わるのは、よくないですよね」
このインタビューのシーンを、TVで何回放送したでしょう?
もう、何千回でしょうね(日本全区の放送局で)。
「政治とカネ」・・何をいまさら!
今の時代、インドのガンジーみたいな人に、歩いてついていく人なんて、
誰もいませんよ。


今回の小沢さんは、マスコミに負けたって感じです。
普通の人は、洗脳されちゃうでしょ。


経団連の会長(なんか、どもってたけど・・・大丈夫か?あの人)も、
うれしくない表情だったね。
円も高くなっちゃって。


管さんの挨拶の時に、ずっと小沢さんは目を閉じてたね。
何を考えていたのか。


今回の選挙。
起訴されるかもしれない人が、総理大臣と戦ったって、
歴史に残る戦いではあったね。


起訴ね・・・
もし、拘置所の中から、的確な指示を出し、政策を打ち出し、
日本の景気を上昇させる。
そんなことができたら、きっと世界史を塗り替えたのにね。

保守本流(自民党時代)の中心にいた人が、変革を訴えたけど、
あまりにも保守的になってしまった一般市民の投票行動で
逆に敗北してしまいました。


たぶん・・・
これからの映画、ドラマは面白くなるよ。
スーパーヒーローものや、奇想天外なドラマが生まれるかも。

平均化しちゃう社会なら、きっとそれらが流行るでしょう。
ギャップが激しいほどね。


もっと、ありふれた日常のドラマが流行る社会のほうがいいな。
それは、きっと現実の社会がドラマチックでエネルギッシュに変動していることの
裏返しだと思うから。


山形弁・・・「~ちゅうもんは」
割と好きだったんだけどな。
会合は居酒屋?すてきじゃない!
理屈こねる前に、パワーでしょ。

みたいな政治、たまにはいいかって、思ってたけど。
残念でした。

しばらくは、役人は減らないね。

あっ、コンビニで盗みをした57才の巡査長。
年収は1000万らしい。
どうでもいい話ですが・・・


どうやら、閉そく感を打破するには、
個人個人でやるしかなさそうな時代ですよ。

なら、各自個別に頑張るしかないですね!!!
やるっきゃない!








































































































































テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

Special to Me って思ってもらおう

最近は、出かけることも多く、
昨日も数件打合せして、夕方からは、ある面談に同席。
 
客先常駐の案件の場合、必ず客先面談があります。

昨日の場合は、英語必須の案件なので、
当然英語のできる技術者でした。

が、面談では、いきなりスピーキングとライティングの試験(のようなもの)
が始まり、少々びっくり。
まあ、英語必須なんで、本人を目の前にすれば、試すのは当然かも。

本人も、少々緊張したようですが、
そこは、度胸をすえて、頑張ってました。

全力で面談に臨んでました。



終わってから、

「いきなりだったよな~」

「え~、でも自分なりに精いっぱいがんばりました」

なんて短い会話。


じゃ、メシ食って帰ろう。

で、その後、近くの店で、いろんな話をして盛り上がりました。

初めての店でしたが、

「この近くで、仕事決まったら、おれたち常連になるから、
サービスよろしくね~」って感じで。

「あ、レモンサワー、濃いめね!」
「あ、次さっきより、もっと濃いめね!」っていつものパターン。

(本人はお酒のめないので、ジンジャーエールでしたが)

「お、ジンジャーエールもついでに濃いめでね!」

って、ここまでくると、自分は相当気分のいい時です。
(酔っぱらってるワケじゃないです、念のため)

美人の中国のおねーさん店員2名も感じよかったな。。
当然、カタコトの中国語で話しかけます。

って、お店のの話はどうでもいいんですが。

客先常駐の仕事の場合、お客様ももちろん真剣ですが、
面談を受ける本人も真剣です。

ただ、本人の真剣さが伝わらないうちに、面談が終了しちゃう場合も
多々あるんですよね。

でも、昨日は違った。
同席して、面談が終わったあと、すごく気分がよかった。

それは、本人の一生懸命さが、横にいて、
ズンズンと伝わってきたから。


「今回、あんだけ頑張って面談受けたんだもの、
 万一、落ちても、悔いないよな」

「えー、全力で受けましたから」


久々に、スカッとした面談でした。



仕事がない状況の続く現在です。

管さんも、一に雇用、二に雇用・・・とTVで話してますね。


なら、仕事ができるかもしれないチャンスには、
目いっぱい頑張らないといけません。

もちろん、仕事に就いてから頑張ることは当然ですが、
そこに至るまでのプロセスで、
自分ができること、自分のパーソナリティ、をしっかり
相手に伝えなきゃいけない。

そして、何よりも、「自分」が採用されれば、
きっと、素晴らしい仕事をしますよって、
期待感を持たせなきゃいけない。

「期待」されなきゃ、絶対に「採用」されない。


昨日は、面談時の空気が弾んでた。
そう、よい面談というのは、「空気が弾む」

さて、結果はどうなるかわかりませんが、
全力で面談を受けたんだもの。

きっと、よい結果がでるさ。



お客様にとって、一緒に働く仲間にとって、
相手にとって、自分は「スペシャル」なんだって思ってもらおう。
そんな人が増えれば、きっと不況は吹っ飛ばせる。

その他大勢になるのは・・・やめよう。




ボビー・コールドウェル
「Special to Me」

http://www.youtube.com/watch?v=LgsgFiRGZY4&feature=related






























































テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

石原 勇一郎

Author:石原 勇一郎
仕事は楽しくパワフルに!お酒はもっと楽しく!歌はすごく楽しく!ビリージョエルとアイスコーヒーが大好きな全力IT社長のブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
13991位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
422位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
(株)アスページ IT技術者募集中!お気軽にお問い合わせ下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。