久々のデジャブ体験

先日、いつもなら買うことのないジンジャーエールの500mlペットボトルを
スーパーで買いました。

キャンペーンをやってるらしく、ラベルの裏のパスワードを、
指定された携帯サイトにアクセス・・・

なにやら、アメコミ風のアニメが始まり、男女のおしゃれな会話が約1分。
「ふ~ん、洒落たおまけだなあ」と、サイトを見ていた時・・・

久々に感じました。デジャブ・・・
(見たことも来たこともないはずの場所、体験したはずのないことなのに
「自分は以前ここに来た事がある、これを体験したことがある」という不思議な感覚にとらわれること)

男の話しているセリフ・・・どこかで聞いた?いや、この男の会話を、
直接聞いた?いや、この会話の場面に遭遇?
はたまた、こうしてサイトを見てる自分自身を、どこかで見た・・・等々。

デジャブ特有の、なんともいえない、不思議な感覚。

思えば、小学生の時は、よくいわれるような、
初めて行く場所なのに、過去に来た記憶(というか感覚)がある・・・
そういった体験が多かった気がします。

現在もデジャブの研究は行われていますが、脳に原因があるということ
くらいしか、解明が進んでいないようです。
(旅行者には、デジャブ体験者が多いようですが)

デジャブは日本語で「既視感」と訳されているように、おもに視覚での体験が
中心として解説されていることが多いようです。
ただ、視覚・嗅覚・味覚・・・すべてが神経を電気信号として脳に感知されるのであれば、
視覚体験の部分だけをデジャブの対象とすることはおかしいのではないでしょうか。

はじめて食べた味なのに、どこかなつかしい味がする・・・なんて、コメントは、
食べ物の番組でよく聞くセリフです。
でもね、実際にはその人は、そんな味のものを食べたことはないかもしれない・・
デジャブ体験なのかも・・・!?

よく、人間は、潜在能力の30%(だっけ?)くらいの力しか発揮してない・・とか
いいますよね。

ぼくの勝手な推論ですが、デジャブ体験というのは、
そんな、未知の潜在能力(超能力?)を発揮できるんだよ!っていう、
体の中(心からかも)からの信号なのではないかと。
そりゃ、いきなりスプーン曲げちゃったり、テレポーテーション(瞬間移動)とか
させちゃ、本人をびっくりさせちゃうから、
控え目に、違和感のある程度に、潜在的な能力が訴えかける。

ようは、可能性を信じなさいよ!と。

脳神経学的な、統合失調症の初期段階に多い・・etcなんて夢の無い話より、
超能力の一歩手前!って考えれば、楽しいもんだ。

おっと、楽天的な自分は、デジャブもこんな結論にしちゃうよ。。。
まあ、おどろおどろしいまとめよりは、よいでしょ!


























スポンサーサイト

もしもの世界

その昔、まだ自分が小学生だった頃に、
夢中になって読んだ本があります。
学研のまんがシリーズで、「もしもの世界」というシリーズ本です。
内容は、確か、もしも・・・恐竜の時代に生きていたらとか、
もしも、太陽が無くなったらとか・・・etc

要は、科学や歴史の話を仮定の世界での物語として、
子供に説明する本です。
面白かったなあ。

ちょっとニュアンスは変わるけど、
もしもの世界・・・もしもあの時に、こうしていれば・・・
というのは、大人になってもときどき思うものです。

極端な話、AとBの選択肢があるときに、
人は必ずどちらかを選択して生きてるわけです。
ただ、それを選択したときに、ふっとこんなことが脳裏をよぎったりしませんか?

「あっ、これはマズいかな?」「選択ミスしたかな?」って。

ただ、それでも同時に逆のことはできないわけで、
「?」と思ってはみても、どちらかに決断しなきゃならない。

よく、プロ野球の監督の敗戦の弁で、
「あのときの投手交代は、ワシの失敗だった」なんてコメントありますよね。
あれは多分、交代を告げる瞬間に、「?」があったからなんだと思う。
そうじゃなければ、そんなコメントはださないでしょう。
その時にベストと思っての決断なんだから。

ようは、物事を判断するときに、「?」と思った時の直感を忘れずに、
その後の展開(結果)を踏まえて、次にどんな判断を下すかということ
が大事なのかもしれません。
あるいは、「?」と思ったときに、判断ミスをした場合の次善の準備をして
おくということでしょうか。

今の時代、本当に正しいと思う決断ばかりとは限らない。
そもそも、その決断が正しいとリアルタイムで誰が判断できるのか。
できるのは、自分が正しいと思う判断をスピーディにくだすこと。

たとえそれが、よくない事態を招いたとしても、
判断の速さでカバーできることもある。

最近、いろんな面で、仕事の進み方が遅いと感じます。
自分ももちろん反省するところはあるのだけれど、
どうにも、スピード感のない時代になってきたように思う。

混迷の時代・・・の影響?
不景気の中、人が迷うのは仕方ないことかもしれませんが。
判断力の低下?直観力の鈍さ?がスピード感の低下に影響か。



そういえば、政権も新しくなりました。
矢継ぎ早の政策実行を期待したいですね。

マイケルの映画があっという間に、世界同時公開!
なんてしちゃうように、

「THIS IS IT!」

お待ちどうさま、いよいよだぜ!(日本語訳)

ほんとに、いよいよ!景気に元気とスピード感を与えてくれればいいんだけど!





















テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プルとプッシュ・・・情報って?

TVやラジオとパソコン(ウェブ)の違いはなんでしょう。
最近、社員と話をしていて、TVとWEBの違いとか話していたところ・・・

たまたま今日読んだ本に、TV=プッシュ型  PC=プル型
というくだりがありました。

最近のPC、特にインターネットを利用してのWEB閲覧。
お気に入りを利用したり、リンク先に飛んだり、ようは、利用者側が、
自分の興味のある部分を自由に選んで情報を得ていくのが、プル型。

TV、ラジオのように、一度スイッチを入れれば、自分の意思とは無関係に、
情報が流され続けるのが、プッシュ型。
(もちろん、チャンネルを選ぶことはできますが)

自分で情報を引き出していくのか、流され続けるのかの違いを、
「プル」と「プッシュ」で表現しているようです。

確かに、最近は、検索エンジン、お気に入り、リンクなど、
自分の好きなように情報をセレクトできる便利さがあります。

優劣をつけるような話じゃないと思いますが、
この部分を深く研究すると、面白いかもしれません。

自分の意思で得る情報と、意思とは無関係に感じる情報。

人間が生まれたときから、幼少の頃までは、
ほとんどにおいて、プッシュ型の情報で知識を得ていきます。
「言葉」などは、まさにその典型。

じゃ、もう少し大人になって、「一般常識」はどうか?
こうなってくると、親の教育、学校で、TVなどの情報、書籍からの情報、
日常生活での体験として、ネットで調べて、
また、友人や他人の意見として・・・

あなたは、いつ、どのように一般常識を得ましたか?
と聞かれ、単一の答えはできないでしょう。
プッシュもあればプルもある。

最近は、情報が氾濫していて、選ぶのに一苦労・・・
という状況だと思います。

WEBの世界でも、「もう少し検索した情報がしっかりセレクトされ、
整理されたものにしていこう!」
といったような、構造化していくという方向にあるようです。

ただ、思うのは、人は、きっと、いわゆる「垂れ流し」の情報を
どこかできっと求めているのではないかと思います。
「混沌とした情報」と言ってもいいかもしれません。

自分の意図した情報だけを得ることで(それがどんなに高度な検索結果を
伴うとしても)よい結果にはならないんじゃないか?

だから、きっと、TV・ラジオは無くなることはないと思います。

選んでばかりで都合のよい情報ばかりじゃないのが実社会。
突然、なんの脈絡もないことを話すのが、会話(コミュニケーション)だから。

最近、コミュニケーション力が不足している人が多いと感じます。

「自分の興味のある分野の情報しかいらないさ!」
「TV?ラジオ?ぜんぜん利用しないよ。だってネットで情報得られるもん!」
「好きな映画をDVDで借りてみればいいし!」

こんな具合で、もし・・・人との会話も、あまりしたがらないようだと。
ちょっと危険です。

プル型で自分の興味や欲求を満たしたなら、
プッシュ型で、TVでもラジオでも人の多い喫茶店でもいい。
とにかく、雑多で垂れ流しの情報の世界にリラックスして身をおいてみる。
また、いつも同じ人でなく、新たに出会った人と会話してみる。

きっと、行動のヒントや、斬新なアイデアや解決策って、
雑多な情報に身をおいて、五感が刺激される時に、一番生まれると・・・
僕は思っています。
だから、プルもプッシュもバランスが大切。

私は・・・今週は、いろんな方とお会いして、プッシュされまくってます!




















































プロフィール

石原 勇一郎

Author:石原 勇一郎
仕事は楽しくパワフルに!お酒はもっと楽しく!歌はすごく楽しく!ビリージョエルとアイスコーヒーが大好きな全力IT社長のブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
15446位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
484位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
(株)アスページ IT技術者募集中!お気軽にお問い合わせ下さい。