スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイデンティティって

先日、「ハゲタカ」を映画館で観てから、
また映画をちょくちょく観るようになりました。
おもにDVDレンタルですが。

そこで、久しぶりに面白く、考えさせられた映画を紹介します。
マット・デイモン演じる、ジェイソン・ボーンが主役の3部作。
「ボーン・アイデンティティ」「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」です。

CIAの極秘プロジェクトが生んだ、最強の殺し屋(ジェイソン・ボーン)が、
記憶喪失となり、一度は組織を抜けたものの、
CIAや組織と戦いながら、失われた記憶(過去)を取り戻すという話です。

正直、シリーズものでは、今まで観た中では、
ゴッドファーザーより面白かった。

監督(演出)・役者・シナリオが一流だと、
こんなに映画は面白くなるんだ!と感動。
もちろん、アクション・スピード感・スリル・シュールな映像も◎

でも、この映画の本当の魅力は、面白さだけではありません。
この映画を観ていて、ハッとさせられたことがあります。

自分が、3年以上前の記憶を無くしてしまったらどうするか?
そしてなにより、自分は何者なんだ?ということです。

3年前に同僚としたあの仕事のこと。
5年前の部下に言われた、あの一言、等々。
友人や家族や職場の仲間といった人たちとのできごと、会話は、
記憶に残っているでしょうか?

そしてなにより、アイデンティティを持って生きているでしょうか?

※アイデンティティ・・・自己同一性(「自分が自分である」という明確な意識を
持っている状態を云います)
・他者や社会によって承認され、認識される自己の同一性(すなわち身元)

身元という点でみれば、運転免許証や社員証、学生証なんかも、一種のアイデンティティですね。

でも、自分が自分であるという意識を持つということは、人格やプライドを含め、
たまに立ち止まって意識しなければ、どこかにいってしまいそうな怖さがあると思いました。

昔の友人に会ったときに、「お前、かわったな」なんて言われたり、
まわりの人たちが、「あいつ、かわっちゃったね」なんて思ったり。

人の評価は、関係ないさ・・・
なんて思う自分自身が、アイデンティティを大事にしていないことに通じるかも・・・
どんなときでも、自分らしさは大切にしたいものです。

あっ、この映画でもうひとつ惹かれたところ。
それは、コードネームのように、もうひとつの名前を持つところ!
(ジェイソン・ボーンは、CIAで作った仮の名前で本名は別にあり・映画ご覧ください)

生まれ変わりは嫌ですが、007のように、コードネームを持つのには、
憧れちゃいます。
あだなじゃなくて、別名をね。

もちろん、アイデンティティは、変わらず持った上での話ですが。
































スポンサーサイト

何がベストか

仕事をしていく上で、何がベストなのか?
ビジネス書や小説でも、諸説ありますが・・・
結果がすべて!いや、プロセスが大事・・etc

ただし、おおむね決まっているフレーズとして、
「経営者は結果責任」(政治家も結果責任?)というものです。

ただ、ひとくくりに経営者といっても、
個人で事業をしている経営者もいれば、
数名の従業員のいる経営者、はたまた従業員が何百・何千といった経営者もいる。

僕が思うに、決定的に違うことがひとつ。
それは、個人でやっているか、一人でも従業員がいるかの違いです。

ほんの数年前まで、倒産なんて、どこか遠い世界のことに
思えていました。
ところが、最近は、身近なところで、相次いでます。

それじゃ、つぶれた会社の経営者は無能だったのか?
ここで、(倒産したという)結果責任=その経営者が無能だった、
と、はたして言えるかどうか。

なくなってしまった会社の経営者で、愚直に仕事にまい進し、
業界をよく知り、一生懸命に頑張っていた方もいます。
(今日、その会社に行ったら、ポストに郵便物の山・・・)

能力とがんばりは違う?・・・いやいや、余裕かましていて、
がんばることなんてしないよ、という経営者は、少なくとも伸びてはいきません。
がんばらないと、やっぱり駄目です。
基本ですが。

今のIT業界、たとえて言えば、
ビーチフラッグ(数名で、海岸の旗を一斉にとりにいくヤツ)を、
数十人でしているといった状況でしょうか。
もともと3本の旗に、一斉にみんなで群がっていく・・・
これじゃ、能力云々ではなく、たまたま旗への直線距離が近い
数名しか仕事にありつけない、になって当たり前。

それでも、個人で参加している人はいいです。
「やってられんわ、こんなレースはいち抜~けた」
といって、プイっとレースを辞退しちゃえばいい。

でもね、普通の経営者は、団体戦(従業員がいる)です。
まして、基本的にビーチフラッグの選手だけの会社だったら!どうします?!!

ほかの人より脚力・体力をつける?(目の前のレースには、とうてい間に合いません)
マジックハンドみたいなもんを使ってズル?しちゃう?(マジックハンド購入しに行ってる暇なし)
ほかのみんながへとへとになるまで、レースを続ける(まさに体力のある会社の戦略か)

うん、結論は・・・自分で旗を立てるしかない。
それも、自分にとってもっとも有利で、近い旗を立てちゃう。

派遣常駐がメインのIT業界。
もう、人の用意した旗だけに頼っては、厳しいです。

一人親方でない以上、どこに、どんな旗を立てるかで、
状況は変わってくるでしょう。
今までのレースをメインに戦ってくれるメンバー、
違う旗を狙ってもらうメンバー。
バランスは大事だとは思いますが。

天地人じゃ~ないけれど、
今のビジネスは、戦国時代に似てる気がします。
なんとか生きぬかなくちゃ!

お、そうだ、何がベストか?だった。
それは、自分がベストだと思ったものがベストなんですよね。

宇宙はどこにある?・・・それは、人の心の中にある。
これは、非科学的に思えますが、
実は、とても神秘的で、奥の深い理屈(哲学?)なんだそうですよ。

あらら、今日もこんなに書いちゃった。
哲学の話は、またこんど!






































異業種交流会って難易度高い!

異業種交流会に参加したことはありますか?
自分は、全くの異業種交流会には、数回だけ
参加しました。
最初に参加したのは4年前くらいでしょうか。
残念ながら、その当時の方々とのお付き合いは、
現在はありません。

なんで、異業種交流会が、その場限りの出会いで
終わってしまうのか?

以下、4年前の自分の反省(一般的・・・か?)

・ほとんど一期一会での交流会では、よほど強烈な親近感や
その人との付き合いでかなりのメリットがあると思わないと相手を忘れる!
 (名前と職業を話し、景気どうでっか?ぼちぼちでんなあ。。。
 業種は違っても、型にはまった会話なので、あれ?この人と
 何を話したかな~?と、完全に健忘症モード!)

・名刺交換しただけで、自己満足にひたってしまい、交流した。。
 こんな人に出会えた。。と喜んで終わってしまう!
 (当然お互いに、3日もすれば顔も忘れる・ザンネン)

・顔見知りの人を、交流会で見つけると、その人の横にぴったり。
 ほぼ、行動をともにし、数人と名刺交換して終了。
 (その後、仲間と、あ~疲れたね~。。で終了。結果収穫ゼロ。)


異業種交流会に出るにあたっては、やっぱり、自分の武器(相手に伝えたいこと)
を1つに絞って、挨拶を交わすのが一番なんでしょうね。

「私の会社は、○○と○○と○○が主な業務でして・・その中でも■■と■■が
得意でして・・・最近は・・・。。。」
と言われたら、100%翌日には記憶から消えるでしょう。

それより、「私は床屋ですが、5歳は若く見えるカットが得意です」
とか、「ぼくはカメラマンで、食品撮影では、右に出るものはいませんよ」
とか、「私の会社は、印刷会社です。ぜったいに3日以上捨てられないちらしを
作成しております」とかね。

相手に、強烈なインパクトを一撃でPRできるような、自己紹介がいいのかも。

とはいえ、職人さんでも無い限り、一言で強烈なPRは難しいですね。

やはり、あらかじめ武器は3つくらい用意して、相手に応じて(相手が欲しそうな
サービスを予測して)技をかける!?のがベストかな。

最初にハートをぐっとつかみ、真剣に話を聞いてもらうモードに持ってく・・・

まだまだ、修行中ですが、ハッとしてGOOD!(古っ!)みたいな、
交流会達人を目指さなければ・・・!

さて、今度はいつ参戦しようかなあ・・・
武器をしっかり磨いておいて、ズバッと・・・せめるか。
















セカンドライフ衰退の理由

最近、ふっと思ったことがあります。
そういえば、あのセカンドライフ(PC上の仮想世界ということで有名になったヤツ)って、
まだあんのかな?と。

早速、ネットで調べてみると。。。

どうやら、もう終わりかけているような雰囲気(総合的に記事を読むと)。
日本人ユーザー数も激減しているようです。
(数字を出したいのですが、あまりにも情報が錯綜しており、正確な数字は
載せられません)

3年前に世にでた当初、日本でも大々的に話題になったものです。
なんせ、セカンドライフ内には、大手自動車メーカー、日本1位の広告代理店、
旅行会社等々、出店ラッシュが相次ぎました。
仮想世界とはいっても、その中の一等地には、何百万(何千万?)の値段が
ついたものです。

だがしかし。
今や、知ってる人さえ探すのに一苦労。
完全に終わってますね。
(だって、本家セカンドライフのオフィシャルサイト以外は、検索上位の記事は、2007年までの
ものばかり・・・これはないな)

では、なぜ、セカンドライフは失敗したか?
ネットで検索しても、大したことは書いてません。

モバゲーのユーザー数が1000万人。かたやセカンドライフは推定数万人(日本)。
この差は何か?

どちらも、同じように、アバター(似顔絵のようなもので、利用者の分身)を利用。
セカンドライフでは、リンデンドルという仮想通貨、モバゲーでもポイント制の仮想通貨が
あります。

敗因は、スピードとセンスとユーザビリティでしょう。

スピード・・・携帯とPCの決定的な違い~いつでもどこでもの操作性の違いもありますが・・・
       楽天、ヤフー、Amazonなどのショッピングサイトのように、短い登録で、
      すぐに使えるといった、スピード感もなし。
センス・・・携帯ならまだしも、PCの仮想世界で、自分自身のアバターは必要なかった。
      店員や相手はアバターでいてもよいけれど、現実世界をリアルに再現するなら、
      自分自身は現実と同じ目線(景色は見るけど、自分自身は鏡でもなきゃ見れない
      のと同じように)であるべきだった。
      つまり、モバゲーのように遊びの範疇を超えて、現実の商売をしようというのなら、
      アバターを操作するということで、すでに現実感が出せない状態であるということ。
      セカンドライフの制作者は、あくまで仮想を表現したかったのか、
      現実に近い仮想を表現したかったのか、疑問が残る点です。
ユーザビリティ・・・セカンドライフには、その説明サイトが存在するくらい、実際の使用までの
      手続きが面倒。
      アプリケーションでもWEBサイトでも、ユーザーに手間をとらせるもの、時間のかかる
      ものは、絶対だめですね。
      (Oracleなどのデータベースも、裏で動くもので、ユーザーが直接触れるものではない) 


もし、自分がセカンドライフ(もどき)を作る(企画する)なら、ゲームセンターのレースマシンのような、
リアルで、人の目線にあったものを作りたいな。
だって、ゲーセンで自分のアバターが運転しているような、レースゲーム・・・誰がやりますか??? 
お店で買ったら、ちゃんと、おつりも手で渡してくれるとこまで再現しないと。
開発するつもりも・・・今のところないですが。

以上、個人的な感想です。


   
       

       










テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

CDいただきました!

最近、WEB案件で、エンドユーザーさまと直接話をする機会が多くあります。
仕事の話が当然メインなのですが、
それはそれ。
たまには、わきみちに逸れた話題もちらほら。

今日、来社してもっらた方は、長くお付き合いさせていただいている
同業者の方ですが、バンドを組んでるなんて!知りませんでした。
しかも、結構好きな、JAZZっぽい演奏。いいね~~♪
趣味(元はプロ!)でも、いまだにバンドを続けてるっていいなあ。
CDたくさん、もらっちゃいました。

身近な人のCDを聞くのは、2回目。
一回目は、学生時代の先輩のCD(女性デュオ)。
これは、買わされた(笑)!!!(のちに、インディーズでそこそこいったらしい・・)

今では、YOUE TUBEなどで、誰でも動画をアップロード
できるし、仲間内ならSNSサービスで画像も自由自在。

ただ、CDのようにモノでもらう(買う)のと、ダウンロードとは、
聞く・観るの目的は同じでも、だいぶ意味あいが違う気が
します。
ほんの1mmほどの円盤(CD・DVD)ですが、自分の身近で空間を占有してる
っていうか、手にとって確認できる状態にあるってのは、
安心感?かな。

そうそう、誰でも、一度くらいは、自分の歌をCD化したい!って思ったことが
あるのでは、ないでしょうか。
自分がビジュアル系ならば、プロモーションビデオも・・とかね!?

でも、やるなら、やっぱりバンドが楽しいだろな。
そんな、妄想?は尽きることを知りません・・















テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

石原 勇一郎

Author:石原 勇一郎
仕事は楽しくパワフルに!お酒はもっと楽しく!歌はすごく楽しく!ビリージョエルとアイスコーヒーが大好きな全力IT社長のブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
13991位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
422位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
(株)アスページ IT技術者募集中!お気軽にお問い合わせ下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。